あなたは朝食にシリアルを食べることはありますか。
このシリアルは用意も簡単なので、忙しい朝にもおすすめできる食品であります。

そのシリアルの中でもオールブランはダイエットするのにも良いと聞きますが
オールブランを使うダイエットをする際には炭水化物、特に糖質に注意する必要があります。

この糖質は不足しても、取り過ぎてもダメなのです。

そこで今回、オールブランでのダイエットをする際に
注意するべき点である炭水化物の摂取について、
ご説明していきたいと思います。

オールブランの炭水化物量に注意

2015-05-28b

オールブランとは、小麦の表皮で作られているシリアルのことです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

このオールブランは食物繊維が豊富に含まれており、
腸を整えたり、便秘の解消や満腹感を与えるなどの効果がある食品として
知られていますが、血糖値も上がりにくい食品でもあります。

この食物繊維というのは、ダイエットにも効果的である栄養素です。
つまり、食物繊維を含むオールブランはダイエットに効果がある食品だと言えるでしょう。

このオールブランには意外にも多くの炭水化物が含まれています。
炭水化物の成分としては食物繊維と糖質の二つですが
注意すべきなのは食物繊維ではなく糖質です。

糖質は取り過ぎてしまうと、血糖値が高くなったり、
そして、糖尿病を引き起こしたり、と様々な弊害があります。

また、糖質が不足すると、体が疲れやすくなったり、
脳の栄養が不足したりするので、
糖質(炭水化物)を一切摂取しないということは避けないといけません。

オールブランのお求めはこちら

オールブラン・ダイエット

それではオールブランを使ったダイエットを行う際、
炭水化物、特に糖質の摂取をどのように気をつけると良いのでしょうか。

オールブランを毎日の朝食に組み込む場合は
そのあとの昼食、夕食で炭水化物を取り過ぎないことです。

特に糖質の多く含む食品はできるだけ避けるか、
量を減らすなどをしないとダイエットの効果は現れないですし、
糖質の過度な摂取は体に悪影響を与えてしまうことにもなります。

糖質の量が多い食品はご飯やパン、ラーメン、うどんなどの麺類や
お好み焼きなどの粉物があります。

これらは主食になる食品なので、
全く食べないということは難しいかもしれませんが、
一日の摂取量を計算し、調整したうえで食べるようにすると良いかもしれません。

また、糖質の量が少ない食品は肉や魚、レタス、キャベツ、
ほうれん草、小松菜などの葉物野菜です。

先ほど挙げましたご飯、パンなどは控えるようにして、肉や魚、
野菜から糖質を摂取することで糖質の量を抑えることができるでしょう。

これまでご説明してきたオールブランでのダイエットもそうですが、
他のダイエットでも食事量の調整が一番難しいと思います。

ついつい間食してしまうなどないように、して下さいね。

おわりに

2015-05-28c

オールブランは食物繊維の豊富な食品として、
ダイエットにも向いているとは思いますが、多くの炭水化物も含まれており、
ダイエットをする際には、炭水化物の量を計算したうえで摂取する必要があるのです。

しかしながら、オールブランでのダイエットは
炭水化物の量を減らすだけではなく、当然ながら適度な運動も必要となってきます。

仮に食事だけのダイエットを行い、
痩せることができたとしても、一番恐いのはリバウンドです。

リバウンドをしないようにするには、食事だけに頼らないことです。
運動も一緒に行うことで、新陳代謝も良くなり、
太りにくい体を手に入れることもできるでしょう。

また、このオールブランには牛乳ではなく、
ヨーグルトをかけて食べるのもおすすめです。

オールブランに含まれる食物繊維は
ヨーグルトに含まれる乳酸菌をエサとしているので、
両方を一緒に摂取することで、食物繊維の持つ効果をより発揮することができるでしょう。

より良い効果を期待するのなら、
オールブランとヨーグルトを一緒に摂取するようにして下さいね。