アスタキサンチンという成分を、聞いたことがありますか?
これは、鮭、エビなどに含まれる、赤い色素の名前です。

このアスタキサンチンが、今、美容成分として注目されています。
特に、アンチエイジングに対する効果はとても高く、
サプリメントや化粧品などに利用されることが多くなってきました。

今回は、このアスタキサンチンとアンチエイジングについて、ご説明します。

アスタキサンチンとはどんな成分?

2015-06-24b

アスタキサンチンは、βカロテントマトリコピンなどと同じ、
カロテノイドの一種です。

カロテノイドは、元々抗酸化作用がある成分として知られていますが、
その中でもアスタキサンチンは、
抜きんでた高い抗酸化作用があることが発見されました。

この成分は、鮭やエビに含まれる成分ということはお話ししましたが、
アスタキサンチンは、実は植物から作られる色素で、
動物の体内で作られるものではないのです。

アスタキサンチンは、植物、
主に赤い色を呈するヘマトコッカスという藻から作られます。

それを、オキアミなどの小さな海洋生物が食べ、
それを鮭やエビが食べ……と、食物連鎖が進んでいった結果、
大きな魚や甲殻類の体内に取り込まれ、蓄積されて行くのです。

特に、鮭は、川を遡上するのにかなりの体力を要するので、
その筋肉を回復するために、アスタキサンチンを蓄える性質があると考えられています。

また、産卵されたイクラも、赤い色をしていますよね。
これも、浅いところに産みつけられた卵が紫外線の影響を受けないように
メスの体内からアスタキサンチンを移しているためです。

人間の身体に老化が起こるしくみ

アスタキサンチンの話はひとまずお休みして、
人体に老化が起こるしくみを軽くおさらいしましょう。

人間は、身体や脳を動かすために、絶えず酸素を燃やし、消費しています。
ここで、酸素がうまく燃えずに、
活性酸素という、燃えカスのようなものができてしまうことがあるのですが、
これが人体にとってはとても厄介なものなのです。

この活性酸素は、ストレスや紫外線などの外的要因によって作られることもあり
これが蓄積されると、体内の正常な細胞を攻撃し、
老化や発がん性などを引き起こすのです。

このように、活性酸素があると悪影響が多すぎるので、
それを除去することが、美容や健康の維持に重要となるのです。

活性酸素を除去するにあたり、
有効とされているのが、抗酸化作用のある栄養素で、
ビタミンEビタミンCカロテノイドに属する色素類が挙げられます。

ここに、件のアスタキサンチンも含まれます。
アスタキサンチンは、ビタミンEの1000倍もの抗酸化作用があると言われています。

アスタキサンチンを摂るために良い食材

このように、アスタキサンチンは、
どんどん摂取していきたい栄養素ということがわかっています。
では、どのようにして取り入れていけば良いでしょうか。

人間も例にもれず、食物連鎖の一環で、
鮭を食べたらそのアスタキサンチンが体内に取り込まれ、
抗酸化作用、つまりアンチエイジングの効果を受けることができます。

これを食物でとるなら、鮭やいくら、筋子を食べると効率が良いです。
塩分過多にならないように気を付ければ、
毎日の食生活にも組み込みやすいですね。

エビやカニでとるなら、アスタキサンチンは殻に多く含まれるものですから、
殻ごと食べられる桜海老や、他の海老でも、素揚げなどにして食べると良いですね。

食品から食べることが難しい場合は、
サプリメントを利用するという方法もあります。

この場合は、薬ではないとはいえ、
一日の摂取基準量を大幅に上回ることが無いように気を付けると良いでしょう。

まとめ

2015-06-24c

このように、アスタキサンチンは、
アンチエイジングを求める人に、積極的に摂って頂きたい栄養素なのです。

しかも、特殊な食材や高価な食材、
そのままでは美味しくない食材からでないと摂れない栄養素とは違い、
普段から食べる機会が多く、しかも美味しい食材に含まれているという、
大変手軽な栄養素です。

これなら、意識して普段の食事に取り入れるのも、簡単ですよね。

最近では、食品から体内に取り入れるだけでなく、
化粧品として身体の表面から皮膚に入れることで、
アンチエイジングするという商品も数多く出ています。

それでも効果があるのですから、
アスタキサンチンの万能ぶりには驚かされます。

こんなに身近で、効果の高いアスタキサンチン。
それぞれ、自分の目的に合わせて、摂り方を選んでいくと良いですね。