アスタキサンチンでアトピー性皮膚炎のかゆみを抑えられるのをご存知ですか!?
アスタキサンチンは、抗酸化作用のほかに抗炎症作用でも優れた効果を示し
かゆみを抑えられるといわれています。

では、アスタキサンチンとは何か!?
アスタキサンチンをどうやって日々の生活で取り入れるのがベストか!?
アスタキサンチンでアトピーは治るのか!?など

アトピーのかゆみやアレルギーに悩む方に原因や対策など調べてみると様々な理由がわかってきました。
それは・・

アトピー性皮膚炎の症状と原因

Reflection of woman in mirror
症状としてアトピー性皮膚炎はかゆみ湿疹と分布繰り返しという3つがあげられます。
かゆみを伴う湿疹をくり返すという状態です。

アトピー性皮膚炎の症状についてはまだ解明されていないこともありますが、
原因として幾つかの背景が考えられるようです。

まず、アレルゲンを原因とするアレルギー反応の要素として
ダニやハウスダスト、牛乳や大豆、卵黄などがあります。
花粉症のアレルゲンとしてはブタクサカヤスギヒノキヨモギなどの花粉があります。
乾燥も原因としてあげられています。

増え続けている化学物質や戦後の学校給食から始まる牛乳なども
妊娠中に母親が飲むと子供にアトピーが出やすくなるという見解を発表されている方もいます。

しかし、要因は様々で原因は解明されていないというのが現状のようです。

アスタキサンチンとは!?

2015-02-12c
アスタキサンチンは、緑黄色野菜であるトマトや人参に含まれるのが
カロテノイドと呼ばれる天然色素でアスタキサンチンカロテノイドの仲間です。
海のものでは、エビカニなど甲殻類サケマスの身タイの表皮などに含まれる赤い色素を言います。
このアスタキサンチンは、抗酸化作用のほかに抗炎症作用でも優れた効果を示します。
アスタキサンチンそのものは植物由来の成分なのです。

研究結果が得られている6mg以上のアスタキサンチンを食品から摂るのは
結構大変で鮭6匹程度とイクラどんぶり2杯程度、たらこ6腹程度となります。

そのため毎日続けるには、一般的にサプリメントで摂るのが良いかもしれません。
アトピーの原因としてあげられるアレルゲンなどのアレルギー反応。このアレルギーをアスタキサンチンは抑えるので、アトピーのかゆみを防止すると言われています。

アトピー性皮膚炎の根本対策

アトピー性皮膚炎の根本対策として3つの気をつける生活スタイルがあります。
丈夫な皮膚を創るため解毒能力を高めると良いようです。
胃腸の消化吸収作用を改善するため良い大便が出るように心がけましょう。

2つめに、睡眠を正しくとり特に成長ホルモンが出る
午後22時~午前2時の間に寝るように心がけましょう。
8時間程度の睡眠をとり1兆個の細胞が創り変えられる時間帯に良い血液を創るようにしましょう。

最後に、温かい和食などを中心に食生活を改善されるとよいでしょう。

また、アトピー性皮膚炎の様々な原因の中から
大気汚染、ハウスダスト、シックハウス、花粉など避けられる部分は
掃除や空気洗浄機、花粉のある川沿いや草木に近寄らないなど、
なるべく避る対策すると良いでしょう。

アトピーの対処法

対処法としての1つに保湿剤(白色ワセリンやヘパリン類似物質外用薬)
などを入浴後に塗り、皮膚炎にはステロイド薬を塗ります。

痒みや赤みの原因が過酸化脂質であるということは科学的にも証明されております。

体には過酸化脂質を除去するシステムが備わっており、
皮膚にある痒みなどを起こす悪い成分をやっつけるのがミトコンドリアという細胞です。
アトピー性皮膚炎の肌はミトコンドリアの動きが低下しているケースが殆どです。

なのでミトコンドリアを元気にする必要性があり、
対処法としてやきつめの有酸素運動寒中水泳
週末のプチ断食など生活習慣でも改善できます。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

また、アスタキサンチンでアトピー対処するには、
アトピーの痒みを抑える簡単な方法としてアスタキサンチンのサプリメントがあります。
アメリカでは医療現場に栄養学がガッチリ組み込まれており、
治療と同時に必要となる体質改善で摂るべきサプリメントの指導もしています。

トッピング的にサプリメントを使用しています。
アスタキサンチン サプリのお求めはこちら

まとめ

様々な原因や対策方法、皮膚の状態生活パターンなど言われていますが
コレという決定的な原因が解明されていないというのがアトピー性皮膚炎の現状のようです。

アスタキサンチンがアトピーに効果があると考えられているのは、
アトピーを発症する原因のひとつにサイトカインエイコサノイドヒスタミンなどが
脂肪細胞やマクロファージなどから放出されることで引き起こされ、
アスタキサンチンはサイトカインを抑える作用があるからです。

こういう経緯から、アスタキサンチンはアトピー性皮膚炎の症状を軽減させる作用が期待されています。
アスタキサンチンでアトピーのかゆみを防止する際、
毎日の摂取の方法としてアスタキサンチンのサプリメントを飲むと良いかもしれません。