唐辛子は、和洋中様々な料理のポイントとして使われることが多いですよね。

ぴりっとした辛みが料理のアクセントになりますが、
なんとなく唐辛子を食べていたらもったいない。

なぜなら、唐辛子には様々な効果があるからです。
さらに、防寒としても効果的?

唐辛子について詳しくご紹介していきます。

唐辛子は古い歴史がある食べ物

2016-01-03b

唐辛子はよく料理に使われるものですよね。
入れすぎればもちろんかなり辛くなってしまいますが、
適量であれば辛みが料理のおいしいポイントになることもあります。

そんな唐辛子の歴史は実は古く、
紀元前4000年にはすでに栽培されていたという歴史も残っているほど。

唐辛子はメキシコ中東部が原産の食べ物ですが、
唐辛子が食べられるようになってから8000年ほどが経っているので、
特にメキシコ料理には欠かせないスパイスのひとつともなっています。

元々メキシコ周辺で食べられていた唐辛子ですが、
大航海時代にメキシコからスペインへ
コロンブスが運んだことが世界に広まるきっかけとなりました。

ちなみに日本へ唐辛子がやってきたのは諸説ありますが、
ひとつは16世紀にポルトガルの宣教師によってというのと、
17世紀の文禄慶長の役で朝鮮から豊臣秀吉軍が持って帰ってきたというものがあります。

日本の一部の地域では、唐辛子を「南蛮」と呼ぶこともあり
ポルトガルの宣教師によってという説が有力ではあります。

唐辛子に含まれる成分は?

では、唐辛子には、どんな成分が含まれているのでしょうか?
唐辛子の代表成分とされているのが、カプサイシンですね。

カプサイシンはまさに唐辛子の辛さにあたる成分で、
この成分によって発汗作用が促されたり強心作用が促進されたりします。

また、ビタミンCやカロテン、ビタミンEなどの豊富に含まれています。
辛いだけだと思われがちですが、意外に栄養豊富な食べ物なんですね。

食べるだけじゃない?靴下に入れて防寒にも

唐辛子=食べる
では、ありますが、実はそれ以外にも使い方があります。
それが防寒としての使い方です。

唐辛子を食べて、体を温めるという方法もありますが、
唐辛子そのものを使って防寒することができます。

防寒方法は簡単。
唐辛子をガーゼなどに包み、靴下の中または靴の中にいれます。
ホッカイロのようにすぐに温まるわけではないですが、
次第にぽかぽかと温かくなってきます。

ただし注意もあって、唐辛子を直接肌につけてしまうと
刺激されてしまう可能性があるので、肌に直につけるのはNGです。

唐辛子の持つ効果とは?

唐辛子の成分や、防寒効果などはわかっていただけたでしょうか?
いつも脇役になってしまう唐辛子ですが、実は様々な効果がある食べ物なんです。

唐辛子のもつ効果について詳しくご紹介していきます。

唐辛子の効果1 ダイエット
唐辛子がダイエットに効果的、というのは有名な話かもしれません。

カプサイシンのサプリメントがあるほどですからね。

カプサイシンはすでにご紹介した通り、発汗などを促す効果があります。
これは、カプサイシンがアドレナリンなどを
分泌させることで起きる効果なのです。
アドレナリンは、脂肪を燃焼させ体の代謝が高めてくれるので、
そのアドレナリンの分泌が増えるということは、
ダイエットにつながるということなのです。

唐辛子の効果2 生活習慣病予防
唐辛子はダイエットだけではなく生活習慣病の予防につながります。
というのも、唐辛子はコレステロールの上昇を
抑制してくれる働きがありますし、
血行が良くなるので老廃物が体の外に出やすくなるのです。
また、唐辛子は料理に入れると旨みがアップします。
そのため、無駄な調味料や油などを加えずに済むんですよ。

唐辛子の効果3 食欲アップ
辛い物を食べると食欲が増すことありませんか?
これは、唐辛子が胃腸を刺激することで胃腸の働きが高まるからです。
唾液が胃液がいつもより分泌されるので、食欲が高まるんですね。
さらに、胃腸の働きが活発になることから
便秘解消につながるともされています。

唐辛子の効果4 アンチエイジング
唐辛子にはビタミンEがたくさん含まれていますが、
このビタミンEには抗酸化作用があります。
抗酸化作用というのは、体内の活性酸素を除去して
細胞を老けないようにしてくれるために
アンチエイジング効果が期待できるのです。
食べ過ぎはよくないですが、
意識して摂るようにすると高い美容効果も期待できるかもしれません。

まとめ

2016-01-03c

唐辛子はただ辛いだけではなく、防寒や美容、ダイエット、
健康にとって実は効果が高い食べ物なんですね。

特に冬場は体内に入れるだけで体がぽかぽかとしてくれるので、
上手に料理に取り入れるのがおすすめですよ。

ただし、唐辛子は食べ過ぎてしまうと
逆に胃腸を刺激しすぎてしまう原因になってしまうため、
一度に大量に食べるというよりは食事に少しずつ
取り入れるということを意識してみてくださいね。