みなさんは、「カンピロバクター」という感染症について聞いたことがありますか?

カンピロバクターは、日本の中で起こっている食中毒の中で
発生件数が最も多いと言われています。

食中毒は、私たちの最も身近にある「食」から感染するということで
普段の生活の中で気を付けなければならないことです。

どんな食べ物がカンピロバクターの感染源になってしまうのか
食事の上で気を付けるべきことなどをまとめてみました。

感染すると恐ろしい「カンピロバクター」について

まず、「カンピロバクター」そのものについて知っておきましょう!

人気お笑い芸人が経営する焼肉店で
カンピロバクターの食中毒が発生した時のニュースです。
ここでは生肉を食べたことで感染したと出ています。

カンピロバクターの菌自体は、ニワトリ、ウシ等の家畜をはじめとし、
ペット、野生動物など、あらゆる動物が保有している菌です。

感染するとまず潜伏期間が2〜5日と、通常の食中毒よりも長めなのが特徴です。

症状としては下痢や腹痛、発熱、嘔吐、頭痛、倦怠感など
通常の食中毒と類似した症状があらわれます。

発症後から約1週間で完治し、死亡例などは稀ですが、
若齢者や高齢者など抵抗力が弱い人は重症になりやすいと言われているので注意が必要なんです。

カンピロバクターの感染源になってしまう食べ物って…?

先ほどは、生肉を食べてしまたことで
カンピロバクターに感染してしまったというニュースを紹介しましたが、
実際は何を食べたら感染しやすくなるのでしょう。

カンピロバクターは、動物の排泄物によって
汚染された食品や水を人間が飲んだり食べたりすることで感染してしまいます。

感染源となる食べ物についてですが、
1番大きな原因として鶏肉(鶏レバー、刺身、タタキ、鶏わさなどの半生製品など)
そして牛生レバーだと言われています。

特に鶏肉は、調理過程中の加熱不足や取扱いの不備によって
二次汚染を起こしてしまうケースも珍しくはありません。

なので「レバ刺し」はあまりおすすめできる食べ物ではありません。
レバ刺しは、中心部を75℃以上で1分間以上加熱するという処理を行えば
菌が死滅しますが、実際に飲食店での事件が起こっているので
全てのレバーが安心して口にできるものではないからです。


実際に症例もありますしね…。

一方焼き鳥は、十分加熱されていることが前提です。
加熱されていれば安心して食べられますが、
体調不良の時などに口にするのはあまりおすすめできません。
特に小さなお子さんや高齢者の方は注意が必要です。

カンピロバクターへの感染を防ごう!食事の時に気を付けることリスト

カンピロバクターに感染してしまうと、
下痢や嘔吐などの症状のほかに、これまでの事例では死亡事故も起こってしまっています。

カンピロバクターへの感染を防ぐために、
家庭内でできることをリストにまとめてみました。
大切な家族を守るため、あなたも今日からぜひ実践してみてください。

  • 生や過熱が十分でない鶏肉や内臓肉を食べない!
    いくら「生食用」と書いてあっても100%信頼できるものではないですよね。
    食べなければ感染することもありません!
  • 調理器具は熱湯消毒
    カンピロバクターは熱や乾燥に弱いと言われています。
    調理器具は使用した後によく洗浄し、熱湯消毒の後十分な乾燥が重要です。
  • 生肉を扱った調理器具と、調理後の料理を扱う器具は分ける
  • 生肉を触った手はよく洗う、手をよく洗った後は消毒もすると良いでしょう。
    消毒と言うと敷居が高そうですが
    このような手の消毒薬が今はドラッグストアで気軽に買えるので
    生肉を触る前にも消毒をするのが好ましいです。

    手についていた雑菌がお肉の上で繁殖してしまうなんてことも
    ありえなくはなさそうなので、念には念を。

  • 肉を冷蔵庫で保存するときは、他の食品との接触を避ける
  • とくに鶏肉は、完全に火が通ったか確認する

挙げだすとたくさん出てきますね。
どれも大切なことなので、生肉の扱いは注意しすぎるくらいで丁度良いのかもしれませんね。

まとめ


いかがでしたか?
カンピロバクターは、ニュースなどでも取り上げられることが多い非常に感染力の強い食中毒です。

衛生面に厳しいはずの飲食店が感染を起こしてしまっているわけですから
家庭内でも起こる可能性は十分にあります。

基本的には生肉や過熱が不十分な肉を口にすることで感染するので
肉を加熱する際は十分な注意が必要です。

また、食肉からサラダなどへのいわゆる「二次感染」も問題になっています。
調理器具を清潔にしておくこともカンピロバクター予防の大きなカギとなってきます。

もし感染してしまったら、
症状が軽い場合は自宅で安静にしていれば治りますが、
念のため病院に行くことをおすすめしています。

きちんと予防して、大切な人の命を守りましょうね。