臭い、息苦しい、頭が痛い……と、
良いこと無しの蓄膿症
この蓄膿症改善には病院にかかるのが手っ取り早いですが、自宅でできる
ケア方法として「マクロビオティック」があります。

今回は、マクロビ的観点からの蓄膿症に良い食べ物、悪い食べ物についてお話しします。

そもそも、蓄膿症はマクロビで改善できるのか

2016-08-21b

玄米を主食とし、肉や魚を摂らず、
精製された砂糖や化学調味料を使わないようにする。
その土地で採れたものを、なるべく葉から皮まで捨てるところなく食べる。

以上のルールが基本のマクロビオティックですが、本当に蓄膿症に効くと言えるのでしょうか。

マクロビオティックの大まかなメリットとしては、
消化時に身体に負担をかけにくい食事を摂ることで健康的な体質を手に入れられること、
旬の作物をふんだんに取り入れることでバランスの良い栄養摂取が期待できるということが挙げられます。

また、免疫力の向上生活習慣病の予防など、
現代人が晒されている病気のリスクを軽減できるとも言われます。

蓄膿症は、副鼻腔の細菌感染
アレルギー性鼻炎が悪化して起こる副鼻腔炎が慢性化したものですから、
免疫力を向上させることで炎症を鎮め、治す方に向けられると考えられています。

ただ、マクロビオティックをしなければ蓄膿症が絶対に良くならないというわけではなく、
あくまで、治療の手助けという範囲で行うのが良いでしょう。

マクロビ的に見た蓄膿症に良い食べ物、悪い食べ物

マクロビオティックの思想の中では、
食材は陰、中庸、陽に分けられていて、
陰のものを食べ過ぎても、陽のものを食べ過ぎても良くないとされています。

なぜなら、偏ったものを食べると、その方向性に基づいた体調不良が出るため。
陰に傾くと、だるさやめまい、冷え性や低血圧になりやすく、
陽に傾くと、身体がほてる、イライラする、高血圧などの傾向が出ます。


蓄膿症(慢性副鼻腔炎)は、
陰性の症状だと言われていて、陽性の食事を摂るようにすると良いそうです。
ただ、極端に陽性のものばかりでは、
それもまたバランスが崩れて体調不良の原因となります。

中庸~陽性寄りの食品と言えば、人参、ごぼう、れんこんなどの根菜類、
調味料なら塩やみそなどの塩分の強いものが挙げられます。

逆に考えると、陰性の食品は蓄膿症を悪化させると考えられます。
例えば、精製されたお米や小麦、
ナスやトマト、ピーマンなどの夏野菜、果物やナッツ類が陰性食品に分類されます。

マクロビオティック的な観点から蓄膿症を改善させたいのなら、
中庸~陽性の食品を中心に食べ、陰性食品を摂り過ぎないようにした方が良いですね。

お餅は蓄膿症を悪化させる?

白いもち米を搗いたおが蓄膿症に良くないという説がありますが、
マクロビオティックの考え方に基づくと、これは信ぴょう性に薄いです。

マクロビ的にはお餅は中庸の食品に分類されるため、
このせいで陰性に傾くとは言い難いからです。
ただ、マクロビとは別に、
もち米はアトピーやアレルギーを悪化させるそうなので、
そのせいで蓄膿症が悪くなることは考えられますね。

ただ、どうせならお餅も精製していないものが良いという人には、
玄米餅をおすすめします。

自然食材店や通販などで、比較的簡単に手に入りますよ。

また、陽性の食品、大根をお餅にした大根餅も美味しいですよ。

焼き油を控えれば、もち米100%のお餅よりもカロリーが低くなりそうですね!

まとめ

2016-08-21c

いかがでしたでしょうか。
マクロビオティック的な観点からの蓄膿症対策についてご紹介しました。

マクロビオティックは健康法の一つであり、思想の一つでもあるため、
絶対にこの通りにしなければいけないというほどのものではありません。
ストイックに一生玄米食だけを続ける人もいれば
調子が悪い時だけマクロビ的な食生活を取り入れる人もいます。

ですから、蓄膿症に関しても、「最近鼻の調子が悪いな……」と思った時だけ、
玄米を食べたり、根菜類をふんだんに使った食事を摂るようにしてはいかがでしょうか。

蓄膿症改善のカギを握る免疫力は、ストレスによっても下がりやすくなります。
ストレスが溜まらない程度に、健康的な食生活を心がけるのが大切だと言えますね。