鼻の奥に粘り気のある緑色の膿が溜まってしまう症状が出る蓄膿症
普通の鼻水は、水気が多いので自然に鼻の外に流れ出てきますが、
蓄膿症の膿は、粘り気が強いから、鼻の奥の副鼻腔と呼ばれる空洞に溜まっていってしまいます。

この膿を外に出す方法に、塩水が効果的なのです。
ここでは、どうして塩水が有効なのか、塩水を使った鼻うがいのやり方や、

蓄膿症の改善方法などをお伝えしていきます。

蓄膿症ってどんなもの?

蓄膿症とは、鼻の奥にある副鼻腔と呼ばれる空洞に、
ネバネバした緑色の膿が溜まってしまう病気です。

副鼻腔は、普段は空洞ですが、
ここに細菌が入り込んで炎症を起こすと副鼻腔炎という病気になってしまいます。
副鼻腔炎になると、副鼻腔に膿が溜まってしまいます。

これが蓄膿症です。

鼻の奥に膿が溜まってしまうと、悪臭のある鼻水が出たり、
頭痛や発熱したり、料理の味がわからなくなることもあります。

慢性化してしまうと治療に時間がかかってしまう、やっかいな病気でもあります。
蓄膿症は、風邪が長引いたり、奥歯の虫歯を放置したりすることで発症します。

蓄膿症に塩水が有効なのはなぜ?

そんな蓄膿症に塩水が、なぜ有効なのでしょうか?

一言で塩水といっても、その濃さはいろいろありますが、
蓄膿症に有効なのは、生理食塩水といわれる塩水です。

生理食塩水は、濃度が0.9%くらいの塩水のことです。
濃度0.9%の塩水の濃さは、人間の体液に近い濃度なのです。

この塩水を鼻から通して口から出す、鼻うがいが蓄膿症の症状を和らげるのにぴったりなのです。

こちらの記事もご参考に♪

鼻うがいって何?

鼻うがいとは、具体的にどうやるのでしょうか?
詳しくみていってみましょう。

【鼻うがいのやり方】

  1. 一度沸騰させたお湯を冷まして、体温より少し温かいお湯を用意する。

    精製水を使っても良いですが、水道水を使う方が手軽にできるので、
    ここでは冷ましたお湯を使うことにしますね。

  2. そのお湯の量に対して、濃度が0.9%くらいになる量の塩を溶かす。

    ただのお湯を鼻に通すと、ツーンとした痛みがありますが、
    濃度0.9%くらいの塩水だと、痛みがなく鼻に通すことができます。

  3. 太めのストローを使って、片方の鼻の穴を指で押さえてふさぎながら
    もう片方の鼻の穴で塩水をすこし吸い込む。

    吸い込み過ぎるとむせてしまうので、最初は本当に少しの塩水から始めるのが良いでしょう。

  4. 吸い込んだ塩水が鼻の奥に入ったら、少し上を向いて塩水を口の方へ流す。

    流れてきた塩水は、そのまま口から吐き出します。

これで鼻うがいが成功です。
この鼻うがいを、左右の鼻の穴それぞれ3~5回くらい繰り返します。

鼻うがいについてのtwitterのつぶやきもありました。


コツをつかむのが難しいようですね。
でも、鼻がすっきりしているなら、鼻うがいがきちんとできているのかもしれません。


日課になるくらい上手に鼻うがいができるようになったら、
それはもう鼻うがいマスターですね。


鼻うがいのときは、とにかく耳に塩水がいかないように気をつけて下さい。
中耳炎になる恐れがありますよ。

鼻うがいをするときに気をつけることは?

鼻うがいをするときに気をつけなければいけないことがいくつかあります。

まず鼻うがいをした後、強く鼻をかんではいけません
鼻の奥に残った水が耳に流れて、中耳炎になってしまうことがあるので注意して下さい。

また、鼻うがいをしているときに、塩水を飲み込まないように気をつけて下さい
途中で塩水を飲み込んでしまうと、塩水が耳に流れて、これも中耳炎になってしまう危険があります。

鼻血が出た直後に鼻うがいをすることは避けて下さい
鼻血は、鼻の粘膜が傷ついて出血することが原因の場合が多いのです。
粘膜が傷ついていると、そこから細菌などが入り込みやすくなっているので止めておきましょう。

鼻うがい以外の蓄膿症の改善方法

鼻うがいは、蓄膿症の症状の改善に効果的ですが、
鼻うがい以外にも、蓄膿症の改善方法をいくつかご紹介しますね。

まず、部屋の空気をこまめに入れ替えたり、
空気清浄機を使ったりして綺麗にしておくことが、蓄膿症の改善につながります。

栄養バランスが悪いと、体の抵抗力が低下して、蓄膿症の悪化の原因になります。
バランスのとれた食事をすることも、蓄膿症の改善になります。

蓄膿症に効果のあるツボを刺激することも、蓄膿症の改善になります。
蓄膿症に効果のあるツボはいくつかあります。

まず、手の親指と人差し指の間の付け根の部分にある「合谷(ごうこく)」というツボがあります。
このツボを、反対の手の親指を使って、少し強めに刺激します。
このツボは、蓄膿症によるだるさや疲労感を和らげる効果がありますよ。

蓄膿症の一番の辛さでもある鼻づまりに効くツボもあります。
上星(じょうせい)」と呼ばれるツボで、
髪の毛の生え際の中央から横指2本くらい上に上がったところにあります。
このツボを、人差し指と中指の腹を使って、ゆっくりグッと押します。
鼻づまりからくる頭痛にも効果があるとされています。

両眉毛の真ん中、鼻の真上にある「印堂(いんどう)」というツボも鼻づまりに効くツボです。
人差し指で押すと、押しやすいですよ。

ツボ押しは、簡単にできる蓄膿症の改善方法ですが、ひんぱんに押したり、
強く押しすぎたりするとよくないので、押すときは時間を空けるように注意して下さいね。

蓄膿症に効果的な市販薬はあるの?

病院に行く時間がない人などのための、蓄膿症に効果的な市販薬もあります。
いくつかご紹介しますね。

チクナイン錠

9つの生薬の働きで、炎症を鎮めたり膿を抑えてくれる薬です。
錠剤の他に、顆粒タイプもあります。5歳未満の子供には使用できません。

辛夷清肺湯エキス錠

中国で、蓄膿症用の漢方薬として使われてきた辛夷清肺湯を錠剤にしたものです。
7歳未満の子供には使えないので、注意して下さい。

ベルエムピL錠

荊芥連翹湯という薬方の効果で、蓄膿症や慢性鼻炎に効果のある薬です。
5歳未満の子供には使用できません。

どれもお子様には使用しないようにしてくださいね。

まとめ

蓄膿症の症状に効果的な鼻うがいのやり方と、
蓄膿症の症状改善方法市販薬などをご紹介してきました。

つらい症状が改善されるよう、是非試してみて下さい。
蓄膿症を予防するために、風邪鼻炎になったら、すぐに病院を受診して早めに治すことも大切ですよ。