第二の脳って呼ばれている腸の中には、免疫力を高めて、
健康な身体にする腸内細菌がいっぱいです。

でも中には悪玉菌も・・・。
腸内フローラを改善して健康な身体を手に入れるには、
食べ物を変えるだけOK!

腸内フローラを改善する食べ物を紹介していきますので、
健康な生活を送る為に役立ててください。

腸内フローラって何でしょう?

2015-03-31b

腸内フローラって知ってますか?
当たり前ですが、腸の中に花が咲く訳ではありません(^^;)

腸の中にはたくさんの腸内細菌がいます。
その数ざっと100兆以上!凄いですよね。種類も数百種類。

この腸の中にいる細菌の生態系の事で、
花畑のようにいろんな菌がいろんな所で生息しているって感じなんです。

この腸内フローラが、今注目の的です。
それは、糖尿病肥満アレルギーなど、
いろんな病気に腸内フローラが関係しているという事がわかったからです。

つまり腸内フローラを改善するだけで、病気が治ってしまうかもしれないんです。

腸内フローラは人によって違い、
持っている細菌の種類も、悪玉菌善玉菌の割合なども違います。

怖い事に、腸内細菌には癌を引き起こすものや、
肥満を促進する「デブ菌」というものもあるんです。

肥満は体質と言われる事もありましが、この「デブ菌」の為だったかも!
だから腸の中の癌を引き起こす細菌や
「デブ菌」を無くす事で、病気を予防したり改善出来るとされているのです。

腸内フローラの細菌の種類って?

腸内フローラにある細菌って先ほど書いたように100兆もありますが、
善玉菌悪玉菌日和見菌に分けられます。

日和見菌っていうのは、
善玉菌、悪玉菌の様子を見ていて、優勢だと思う方につくという菌です。

菌にも優柔不断なものがいるんですね~。
でも数的には日和見菌が一番多いんですよ。

善玉とか悪玉とか言っていますが、
一概に善玉菌が良くて、悪玉菌は悪いとはなりません。

善玉菌の代表は乳酸菌ですが、
ビオチンなどの身体に必要な栄養素を食べてしまう事があるし、
悪玉菌でも食べ物を腐敗分解する事で、身体に良い働きになる場合もあります。

ただウェルシュ菌大腸菌のような悪玉菌は、
食中毒の元になったりするので、増えるのはよくありませんよね。

腸内フローラの細菌は、
善玉菌が2割と悪玉菌1割というバランスが保たれている事が大事なんです。

腸内フローラを食べ物で改善する方法

先ほども書きましたが、
善玉菌と悪玉菌の割合は2:1で、善玉菌が多くないといけないんです。

でも食生活が乱れてくると、悪玉菌が増えてきます。
悪玉菌が増えてくると、優柔不断な日和見菌が悪玉の加勢をするので、
腸内フローラのバランスが悪くなり、身体に影響が出てきちゃうんですね。

善玉菌が少なくなると食べ物が消化しきれず、
脂質代謝に影響がでて動脈硬化や、
発癌性を持つ有害物質発生に繋がったりします。

動物性の脂肪やたんぱく質が多い食べ物をたくさん摂っていると、
悪玉菌を増やしちゃう事になっているんですよ。

善玉菌を減らさないようにする食べ物は、
善玉菌の餌になる食物繊維乳酸菌をたくさん含んでいる食品です。

食物繊維は、野菜や果物、豆類に多く含まれています。
また乳酸菌はヨーグルトやチーズ、納豆、味噌などに含まれていますが、
腸に届くまでに死んでしまい、善玉菌の餌にはなっても、
乳酸菌としての働きが出来ない物が多いんです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

生きて腸に届くのは、プロバイオティクスです。
プロバイオティクスである乳酸菌や納豆菌などを含む食べ物を摂る事が、
腸内フローラを改善する事になります。

生きたまま腸に届くおなかへGG!のお求めはこちら

食べ物で腸内フローラを改善しましょう

2015-03-31c

いかがでしたか?
腸内フローラを良い状態に保っておくには、
食べ物が大事だってわかって頂けたでしょうか?

腸内フローラの善玉菌を増やして、
悪玉菌よりも常に多い状態にしておかないといけないんですが、
善玉菌対悪玉菌2:1なんですから、善玉菌だけでもダメなんです。

良いものと聞けばたくさん摂りたい気はしますが、
何事もほどほどにしておきましょうね。

また食べ物の種類だけじゃなく、食べ方も腸内フローラを左右するんです。
空腹を感じてからご飯を食べているでしょうか?

3食食べて、間におやつを食べて、夜食を食べて・・・。
なんて事になってませんか?

空腹にならずに食べてばかりいると「デブ菌」が増えるそうですよ。
ある意味これが一番怖い菌なんじゃないでしょうか(^^:)