世の中では腸内環境の改善がしきりに勧められていますが、
ヨーグルトやぬか漬けなどのほかには、どんな食べ物を食べれば良いのでしょうか。

例えば、ヨーグルトと同じ乳発酵食品であるチーズはどうでしょうか。

今回は、腸内環境とチーズ、
そして巷で噂の「ミヤリサン」について調べてみました。

腸内環境を良くするチーズってあるの?

チーズはヨーグルトと同じく、
動物の乳を乳酸菌によって発酵させ作られます。
そのため、製法によっては
ヨーグルトのように乳酸菌の摂取ができるのです。

乳酸菌が摂取できるチーズは、
ナチュラルチーズ」に分類されるもののみ。

「プロセスチーズ」というものもありますが、
これはナチュラルチーズを加熱して溶かして
保存性を高めたり、味付けや風味付けをしたものですから、
乳酸菌は死滅しているためあまり効果は期待できません。

発酵熟成させ、加熱せずに食べるものであれば
ゴーダやチェダー、パルミジャーノなどどんなチーズにも乳酸菌は含まれています。

ですが、カッテージチーズやマスカルポーネは、
乳に含まれるたんぱく質脂肪を分離させただけのもので、
発酵させていないため乳酸菌は含まれません。

ただ、クリームチーズは
生クリームを乳酸発酵させたもののため、
こちらからは新鮮な乳酸菌が摂れます。

しかし、カロリーがかなり高いため、
クリームチーズから乳酸菌を摂るなら、
ヨーグルトから摂った方が美容や健康のためには良いでしょう。

腸内環境を良くする目的で食べるなら、
セミハードやハードタイプ、
カビを付けたものやウォッシュタイプのチーズの中から、
脂肪分が少ないものを選んで食べることをおすすめします。

酪酸菌って?乳酸菌との違いは?

最近、乳酸菌と似た言葉で酪酸菌というものを目にしますよね。
酪酸菌とは一体どんな菌なのでしょうか。

酪酸菌は、自然界に存在する細菌の一つで、
発酵食品の品質を劣化させたり、
種類によっては食中毒の原因になる菌として、昔は悪い菌扱いでした。

しかも、酪酸菌は芽胞を形成するため熱などに強く、
殺菌できない厄介な存在として扱われることもあるほどでした。

でも、酪酸菌の一つ「宮入菌」と呼ばれるものに限っては、
腸内環境を良くするということでサプリメントなどに活用されています。

宮入菌は善玉菌の一つで、
腸内を酸性に傾け悪玉菌を抑制するほか、
善玉菌であるビフィズス菌などの餌になることがわかっています。

宮入菌は人体には害の無い酪酸菌で、
しかも環境の変化に強いため、生きたまま腸に運ばれます。

そのまま食べても胃酸によって
大半が死滅してしまう乳酸菌と違い、
まさに「生きて届く菌」なのです。

このことから、細菌では乳酸菌だけではなく、
酪酸菌も腸内環境の改善に取り入れる人が増えているそうです。

腸内環境改善にはこちらの記事もご参考に♪

宮入菌サプリ、ミヤリサンとは

宮入菌配合の整腸剤の一つに、ミヤリサンというものがあります。

これは、宮入菌の粉末を錠剤にしただけのとてもシンプルな配合です。

飲み方としては15歳以上は1回3錠、毎食後に飲むだけ。
それだけでお通じに大きな効果をもたらしたという人が続出しています。http://twitter.com/0205yuu0405/status/686075991882465280?lang=ja


上記のように、便秘だけではなく
下痢にも効果をもたらしたという声がたくさんあります。
腸内環境を正常にする効果が高いことがわかりますね。

でも、下のように体質的に合わないということもたまにいるようです。
こんな人は、ミヤリサン以外の整腸剤サプリメントを試した方が良いですね。

まとめ

腸内環境とチーズ、そして腸内環境と酪酸菌の一つ、
宮入菌の関係についてご説明しました。

美容に、健康にと腸内環境を整えるのがブームの現在。
その影響で、ヨーグルトだけではなくチーズも話題に上りやすくなっています。

でも、本文中でお伝えした通り、
チーズには腸内に効果をもたらすものと
そうでないものがありますので、選び方には気を付けて下さいね。

チーズをそのまま食べるのも良いですが、
こんなふうにサラダにするとより美味しくいただけますね。

そして、ミヤリサンですが、
これは実は、腸活などが話題になるよりもずっと前から存在する整腸剤です。

何十年も変わらず販売され続けていることから、
支持者の多さがわかりますね。

腸内環境を良くすると、
便秘解消や美肌、ダイエットだけではなく、
感染症予防アトピーの改善にもつながります。

身近に手に入る食品や整腸剤などで、健康な腸を目指しましょう。