腸内環境整えることのメリットは
免疫力が高まり、ガンの予防の期待、
美肌やお通じの改善と良い事尽くしです。

テレビやネットでも腸内環境を大切にするメリットの特集は多いですね。

この記事では腸内環境を整える方法として
飲むヨーグルトをご紹介します。

飲むヨーグルトは種類も沢山あり、
スーパーやコンビニで手軽に購入できます。

やっぱりトクホの商品が良いのか?色々調べました。
あなたが飲むヨーグルトを選ぶ際にお役に立てれば幸いです。

腸内環境にヨーグルトが有効な理由

Sour cream in a bowl on wooden table

腸内環境を整えるのにヨーグルトが有効なのは
そもそもなぜなのでしょうか。

その理由は乳酸菌ビフィズス菌ですね。

腸内には悪玉菌がたくさんいます。
乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌ですので悪玉菌を退治します。

悪玉菌を退治する事で腸内環境が良くなり、
栄養を吸収しやすく、いらないものを排泄しやすい腸になるのです。

飲むヨーグルトでも効果はあるの?

飲むヨーグルトの効果ですが、プレーンのヨーグルトと同じです。
固形でも液体でもヨーグルトの効果は同じです。

参照:http://item.rakuten.co.jp/
スーパーやコンビニで必ず見かける飲むヨーグルト♪

こういった飲むヨーグルトの注意点としては、
美味しいので飲み過ぎると太るという事実です。


飲むヨーグルトでお腹を壊す、太るという口コミがありますね。

飲むヨーグトでお腹をこわす原因は
太る原因と同じく「飲み過ぎ」が多いです。

他にもそもそも乳糖不耐症という、
乳製品が体質的にダメという事もあります。

菌の種類によって体質に合わないというケースもありますので、
ヨーグルトは飲むヨーグルトでも少しずつ試すことが大切です。

ブルガリア飲むヨーグルトのお求めはこちら

腸に効果的な飲むヨーグルトは?

腸に効果的な飲むヨーグルトに
プロバイオティクスヨーグルトがあります。

プロバイオティクスとは善玉菌の一種で、
腸内フローラのバランスを改善します。

身体にとって良い菌をどんどん増やそうという
プロバイオティクスは注目されています。

飲むヨーグルトに含まれる菌の種類・効果の違いは?

カゼイ・シロタ株
プロバイオティクス製品の始まりと言われるヤクルトに含まれています。

お腹の調子を整える他、
ガン予防花粉症の症状軽減など免疫力向上に役立ちます。

ガセリ菌は胃の粘膜の保護ができるという新しい乳酸菌です。
ピロリ菌を減らしたり、コレステロールを下げるなど生活習慣病に特化しています。

もちろん整腸作用もありますよ。

高生存ビフィズス菌
今までの普通のビフィズス菌より効果が高い菌です。

通常ビフィズス菌は出荷した時がピークでどんどん減ります。
高生存ビフィズス菌はほとんど減少しませんので効果が高いのです。
腹部膨満感や整腸作用、過敏性腸症候群に効果が期待できます。

ラブレ菌は漬物に含まれる乳酸菌で、
アレルギー症状改善や免疫力を高める効果、整腸作用が期待できます。

トクホのヨーグルト
普通のヨーグルトより効果が高いのでしょうか?
トクホとは消費者庁
「科学的に根拠のある健康に良い食品」と認めた証明です。
トクホの飲むヨーグルトは健康に良い可能性は高いです。

しかし、注意が必要なのは
あなたが乳糖不耐症の場合と菌との相性です。

トクホだからって絶対に誰にでも体に良いという保証はなく、
どんな菌にも相性があります。

初めて飲むヨーグルトを購入するなら、
1本だけ購入しましょう。
飲むヨーグルトはお試しと飲み過ぎない事が重要です。

腸内環境改善にはこちらの記事も参考にしてみてください(*^^*)

腸内環境に効果的なヨーグルトの食べ方やタイミング

飲むヨーグルトを効果的に摂取したいですよね。
腸内環境に効果的なヨーグルトの食べ方
摂取のタイミングを調べました。

まず、朝お通じがあるようにするためには
夕食後にヨーグルトを摂取しましょう。

これはNHKの10代のための番組で見たのですが、
便秘改善のためには夜ヨーグルトを食べて寝ると、
朝お通じがしやすくなるのです。

腸内環境のためのヨーグルト摂取に効果的なタイミングは
実はいつでも良いんです。

ヨーグルトを食べる決まりである、
食後に食べること、食べ過ぎないこと、
菌との相性に気を付けることなどを守っていれば
いつヨーグルトを食べても腸内環境に効果があります。

ただ、お通じや美肌には夕食後がベストです。

まとめ

2016-11-15c

飲むヨーグルト、飲む乳酸菌インフルエンザ予防にもなり、
ガン予防にもなると最近とても人気です。

ヨーグルトは体に良いものですが、
あなたが牛乳に弱いならおすすめできません。

あなたが牛乳に弱いなら、
錠剤のビフィズス菌や漬物の乳酸菌にしましょう。

飲むヨーグルトには糖分が多く含まれている商品が多いです。
そして、飲むヨーグルトには
「一日に○○mlくらい摂取して下さい」と表記があります。

推奨されている量より多く摂取すると
肥満や腹痛などデメリットが出てしまいます。

説明書きは大切なものですので読む習慣をつけたいですね。
飲むヨーグルトで腸内環境を整えて、毎日を元気に過ごしましょう!