誰でも一度は飲んだことがあり、
子供から大人まで幅広い世代に愛されているココアですが、
香りがよく美味しいというだけでなく腹痛や喉に良い効果があるというのです。

そんなココアの知られざる効能についてやココアがなぜ
腹痛や喉に効果ががあるのかについて説明していきたいと思います。

ココアの効能

ココアには健康や美容に効果があると言われているのをご存知でしょうか。

これは、ココアの原料であるカカオの成分のおかげなのだそうです。

具体的には、ワインに多く含まれていることで知られている
ポリフェノールがカカオにも豊富に含まれていて、
脂肪の吸収を抑えて血液をサラサラにする効果があります。

他にも、活性酸素を抑える効果によって、
癌や動脈硬化を防いだり胃潰瘍や胃癌を予防したり、
高血圧予防、便秘改善、疲労回復、抗菌作用、虫歯予防、
傷の治癒力を高める、冷え性、貧血予防など
様々な素晴らしい効能を持っています。

さらに、カカオだけが持っていると言われるテオブロミンという物質が
リラックス効果を生み出し、
自律神経やホルモンバランスの乱れを整えてくれるので、
ストレスに悩む人にオススメの飲み物です。

ココアの健康効果をより詳しく知りたい方は、
こちらの動画をご覧ください。

ココアが腹痛を和らげる?

ココアは下痢や便秘が原因で起こる腹痛を和らげる効果もあります。

それは、ココアに含まれているリグニンと呼ばれる成分によるもので
リグニンには、腸内の善玉菌を増やして食物繊維のように
便の量を増やしたり腸の蠕動運動を活発にする働きがあるので、
腸内環境を正常に保つ作用があります。

また、ココアが持つリラックス効果によって、
ストレスが原因で起こる腹痛も改善することができます。

だからと言ってココアを大量に飲まないようにしてくださいね。

効率よく効果を得たいなら、
1日2杯を朝食前と夕食後に飲むというのを最低でも10日は続けましょう。

さらに効果をアップさせたい場合には、
砂糖の代わりにオリゴ糖で甘味をつけてみてください。

オリゴ糖が善玉菌の餌となって、
より便秘解消に効果を発揮することができますよ。

喉にいいのはなぜ?

寒くなって空気が乾燥してくると、寝起きに喉が痛くなったりしますよね。

そんな時にはココアが良いんですよ。
ココアにはナトリウムやカルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、
鉄、亜鉛銅といったミネラル成分が豊富に含まれていて、喉の粘膜を保護してくれるのです。

また、緑茶に含まれていることで有名な
殺菌作用のあるカテキンも含まれているので
風邪の予防と共に喉の痛み鎮めることができるとも言われています。

しかし、よく市販されている調整ココアでは糖類がたくさん含まれていて
喉の痛みを改善する前に余分なカロリーを摂取してしまいます。

なので、ココアを選ぶときには必ず無調整のピュアココアにし、
喉に良いと言われるはちみつで甘味をつけるようにしましょう。

半信半疑に思うかもしれませんが、
ホントに喉に良いのでぜひ一度試してみてくださいね。

まとめ

Cheerful couple enjoying in the sidewalk cafe. [url=http://www.istockphoto.com/search/lightbox/9786786][img]http://dl.dropbox.com/u/40117171/couples.jpg[/img][/url]

今回はココアが体にいいということで
その理由やココアの効能の凄さについて詳しく説明してきました。
私も小さいころから大好きで、今でも1日1杯は欠かさず飲んでいます。

ですが、そんなココアにこんなにも多くの体に良い効能があることを全く知りませんでした。

実際に私自身、腹痛や喉の痛みをあまり感じたことがないので
今まで無意識に飲んでいたココアのおかげなのだと思いました。

今年もインフルエンザや感染性胃腸炎などが大流行すると言われているので
腹痛や喉の痛みの予防・改善にココアを飲んでみてください。

もし、今まで甘いのが苦手で飲めないという場合は、
甘さが調節できるピュアココアを飲んでみてはいかがでしょうか。

ココアでより美しく、健康な毎日を送りましょう。