ダイエットに効果があることで、注目されていた「ココナッツオイル」ですが、
なんと「癌」や「認知症」にも効果がある事がわかりました。

誰しもが、掛かりたくない病気で上げる「癌」と「認知症」に効果がある
「ココナッツオイル」について、御紹介します。

ココナッツオイルって何?

coconut

最初に「ココナッツオイル」って、どういう物なのかを説明します。

「ココナッツオイル」は、「ココ椰子」の実を絞って作られたオイルの事です。
よくパーム椰子の実で作られる「パーム油」と間違われますが、
よくの別物ですので間違えて買わないように注意して下さい。

「ココナッツオイル」は、現地では数千年の昔から、
食用としてだけでなくとしても使われていた歴史があります。

「ココナッツオイル」は「中鎖脂肪酸」を多く含む「飽和脂肪酸」が
90%以上の脂肪酸で出来ています。この「中鎖脂肪酸」は、
体内の糖をエネルギーに変える「エネルギー効率」が高い為に、
体内に脂肪が付きにくくなるのが特徴です。

そのため、「ココナッツ」を食べる習慣の有る現地の人間は、
身体が若々しく引き締まった健康的な身体をしている人が多く、
生活習慣行患者の数が少ないとされています。

「ココナッツオイル」が、どうして「癌の予防」に効果があるのか

癌が発症する大きな原因にあげられるのが、主に「過酸化脂質」と呼ばれるもので、
この「過酸化脂質」の発生原因が「トランス脂肪酸」です。

この「過酸化脂質」は、体内の免疫が低下して、体内に「活性酸素」が多く発生することで、
中性脂肪やコレステロールと言った脂質を「活性酸素」が酸化させて出来た物の事を言います。

「活性酸素」は主に「トランス脂肪酸」と呼ばれる、
身体に「悪い油」を摂りすぎてしまう事で発生させてしまいます。

中性脂肪やコレステロルを酸化させやすい「トランス脂肪酸」に対して、
「ココナッツオイル」は中性脂肪やコレステロールが
酸化しにくい「中鎖脂肪酸」が多く含まれます。

また、「ココナッツオイル」には、ビタミンEなどの「抗酸化物質」が多く含まれています。
「抗酸化物質」は、癌要因の一つとされる「過酸化物質」発生の原因である
「活性酸素」の働きを抑えてくれます。

このため「ココナッツオイル」が、「癌予防」に効果があるとされています。

「アルツハイマー型認知症」に何故「ココナッツオイル」は効果があるのか

old-couple-water-plant-paris-HR-445x300

「認知症」は、脳に必要な栄養である「ブドウ糖」が、上手く吸収出来なくなることから
「栄養不足」の為に脳細胞の動きが鈍ったり、死んでいく事から起こるものです。

ですので、「ブドウ糖」以外で脳に吸収され、栄養となる物質があれば
「認知症」の症状の改善や予防が見込まれます。

「ココナッツオイル」には「ケトン体」と呼ばれる物質の生成を促す効果があります。
この「ケトン体」は、人間が飢餓(体内の血糖値が低く、生命維持が難しい)状態という、
非常時に肝臓から作られる物質で、脳の栄養源である「ブドウ糖」の代わりをする物質です。

吸収出来なくなった「ブドウ糖」の代わりを「ケトン体」がしてくれる事で、
脳への栄養補給が行え、脳の「栄養不足」が改善されます。

脳の「栄養不足」が改善されれば、死滅する脳細胞が減りますし、
「栄養不足」で動けなくなっていた脳細胞も活発に動けるようになる為に、
「認知症」の予防だけでなく、改善も望める訳です。

まとめ

癌の予防には「中鎖脂肪酸」がポイントのようです。

「ココナッツオイル」は、この「中鎖脂肪酸」が多く含まれている食材の為、
癌予防に効果があるとされているようです。

「油」の種類によって、身体が受ける影響が違いますので、
きちんと身体に良い「油」を選びたいものです。

また、「認知症」に効果がある「ケトン体」ですが、
脂肪酸を肝臓が分解することで作られますので、
余分な脂肪を燃やしてくれる効果も期待できます。

「癌予防」「認知症への効果」「脂肪燃焼」と、良いことづくめの「ココナッツオイル」ですが、
継続して摂らないと、効果は望めません。

一日に必要な摂取量は、大さじ2~3杯とされています。お勧めの摂り方として、
コーヒーに大さじ1杯の「ココナッツオイル」を入れて飲む方法があります。

コーヒー好きの方は一度試されて見て下さい。
上手に、食生活習慣に「ココナッツオイル」を取り入れて行きたいものです。