今話題のヘルシー飲料コールドプレスジュース作り方について徹底解説!
健康や美容に良いと話題のコールドプレスジュースには
さまざまな種類があるって本当!?

さまざまな野菜やフルーツを使って作る
コールドプレスジュースを幾つか紹介します!

コールドプレスジュースを飲むことによって得られる
美容効果や健康効果についても解説!

コールドプレスジュースとは

2015-08-06b

今、女性を中心に世界中で「コールドプレスジュース」と呼ばれる
ヘルシー飲料が話題となっています。

コールドプレスジュースとは「低温低圧圧縮方式」と呼ばれる方法で
搾り出した野菜やフルーツ、ナッツ類の抽出液のことで、
基本的には100%混じりっ気の無いジュースの事を言います。

このコールドプレスジュースを飲むことによって
胃腸の消化・吸収作業で掛かる内臓への負担を減らし、
体内の毒素や老廃物などの排泄を促すことが出来ると言われています。

また、体内の老廃物や有害物質の排出が進むことによって
身体機能の向上を図ることが可能となります。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

ちなみにコールドプレスジュースを作るためには
専用の「コールドプレスジューサー」が必要となりますが、
その特徴としては「遠心分離型ジューサーの2倍もの搾汁が可能」という点や
「酸化や劣化に強い」、「搾りカスがほとんど出ない」、
「遠心分離型に比べると音が静か」という点などが挙げられます。

野菜やフルーツの栄養素をほとんど破壊することなく取り出すことが出来る為、
体内に食材の栄養素をそのまま取り込むことが出来ます。

また、熱を加えずに作ることが出来るので
ビタミンCのような熱に弱い栄養素もそのまま摂取が可能です。

コールドプレスジュースは栄養価が高いだけでなく、
血行促進やデトックス効果、免疫力の向上や
肌質向上といった健康効果や美容効果も期待できます。

また、食材を使い分ける事によってアレンジが効くので、
自分の好みに合わせてオリジナルのジュースを作る事が出来るという点も大きな利点と言えます。

コールドプレスジューサーのお求めはこちら

さっそく作ってみよう!

2015-08-06c

コールドプレスジュースは選ぶ食材によって
さまざまなタイプのジュースを作ることが出来ます。

コールドプレスジュースを作るためにはまず最初に
「コールドプレスジューサー」を手に入れる必要がありますが、
ジューサーを購入したらあとはお好みの食材を取り揃えて
コールドプレスジューサーにかけるだけで簡単にオリジナルジュースを作ることが出来ます。

オレンジとリンゴ、ニンジンを使ったコールドプレスジュース

まずリンゴを一個、縦に八等分くし切りにします。
次にミカンの皮を剥いて房に分け、レモンの外皮を取り除きます。

最後にニンジン3本を縦に細長く切り、
下ごしらえした野菜とフルーツをコールドプレスジューサーにかければ完成となります。

また、変り種としては「ごぼうとキャベツのコールドプレスジュース」もあります。
材料はオレンジとレモン、ごぼうとキュウリ、キャベツを用意して
オレンジとレモンは外皮を取り除き、ごぼうとキュウリとキャベツは細かく刻んで
コールドプレスジューサーにかけます。

完成したジュースの見た目は青汁に近いですが、
味は非常に美味で食物繊維もたっぷり摂れるので
便秘がちの人にもオススメのジュースとなっています。

先述したコールドプレスジュースは
非常にスタンダードなタイプのジュースですが、
暑い夏にピッタリのコールドプレスジュースを作るならこちら!

大葉とグレープフルーツの夏専用コールドプレスジュース

材料は大葉とグレープフルーツ、そしてオレンジを用意して
それぞれの食材を下ごしらえします。

大葉は約10枚ほどを細かく刻み、
グレープフルーツとオレンジは2個ずつ用意して外皮を取り除き、
下ごしらえの済んだ食材を全てジューサーにかけます。

完成品の見た目は青汁に近い印象を受けますが、
味は非常にさっぱりとしていて大葉のアクセントが
涼しさを感じさせてくれる一品となっています。

オレンジとグレープフルーツにはビタミンCがたっぷりと含まれており、
大葉には免疫力の向上効果や抗酸化作用を持つ「β-カロテン」が豊富なので、
夏バテ防止にも効果を発揮してくれます。