女性にとって嬉しい効果ばかりが目立つ大豆イソフラボンの
効能作用について徹底的 に解説します!

大豆に含まれる大豆イソフラボンにはお肌の状態を整えたり
女性ホルモンのバ ランスを正常にする働きがあります。

特に女性は大豆イソフラボンの恩恵を受け易いので、
定期的に摂取することで美肌効果や
ホルモンバランスの正常化を狙う事が可能になります!

今話題の大豆イソフラボンとは

2015-03-11-03b

今、女性の間では美肌効果や女性ホルモンのバランスを
正常化させる等の効果を得られる「大豆イソフラボン」と
呼ばれる成分が密かなブームとなっています。

大豆イソフラボンとは 、主に大豆由来の食品に含まれている
栄養素で、最新の研究では女性ホルモンの一種として知られる
エストロゲン」に似た科学構造をしていることが分かっています。

また、大豆イ ソフラボンがエストロゲンと似ているのは
科学構造だけでなく、その働きについても似ているため
「女性の若々しさを保つための美薬」として今、世界中から
注目を集めているのです 。

大豆イソフラボンは元々、大豆の胚軸部分に多く含まれており、
抗酸化物質の一種」と して昔から認知されていましたが、
最近の研究で老化の原因となる「活性酸素」の働きを抑制する効果が
発見されたことで美容業界からも注目が集まっています。

大豆イソフラボンは その美容効果だけでなく、「ガンの予防」や
肌質の向上」、「骨粗鬆症の予防」、糖尿病 や肥満、高血圧などに
代表される「生活習慣病の予防」などの健康効果が高いことでも
知ら れています。

大豆イソフラボンは毎日の食事で定期的に摂取することによって、
その美容効果や健康効果を最大限に引き出すことが出来ます。

一日の摂取量としては、40mg~50mg を目安に考えておくと無難です。

また、毎日のように同じ大豆食品を食べていても飽きてし まいますので、
日々の食事の中で献立を工夫しながら「飽きの来ない大豆生活」を心掛ける ことが大切です。

大豆イソフラボンで得られる効能

2015-03-11-03c

さまざまな美容効果や健康効果が期待される大豆イソフラボンですが、
今もっとも注目を集 めているのは女性ホルモンの一種である
エストロゲン」と似た働きによる美肌効果です。

大豆イソフラボンの効能にはさまざまなものがありますが、
この美肌効果は大豆イソフラボ ンが持つもっとも有名な効能の
ひとつであり、各業界からも非常に注目されています。

肌の 調子を整える「美肌ホルモン」として有名なエストロゲンは、
加齢と共にその分泌量が低下 していきます。

しかし、そこで大豆イソフラボンを摂取してエストロゲンの働きを
補うことで「アンチエイジング」や「美肌効果」を狙うことが出来るのです。

また、美肌効果以外にも大豆イソフラボンには
「ガンのリスクを下げる効果」が認められており、
定期的に摂取することで効果的なガン予防に繋げることが出来ます。

さらに、大豆イソフラボンによってエストロゲンの働きを補うことで
体内のカルシウムが流出するのを抑制して「骨粗鬆症の予防」に繋げることも出来ます。

大豆イソフラボンには血中コレステロールの中でも
悪玉コレス テロールとして有名な「LDL」を排除する働きがあるので、
定期的に摂取することで「血液サラサラ効果」を狙うことが可能となります。

さらに大豆イソフラボンには脳の血液循環をよくして
脳細胞の働きを活発化」させる効果が期待できるため、
日々の生活における「やる気」をサポートする事につながります。

ちなみにエストロゲンを投与することで「アルツハイマー病」の進行を
抑制したという報告もあるため、大豆イソフラボンにも同様の効果が
あるのではないかと医学会でも注目を集めつつあります。

大豆イソフラボンを多く含む食品について

さまざまな美容効果や健康効果を持つ大豆イソフラボンですが、
日常的に大豆イソフラボンを多く含んだ食品を食べることで
それらの効果を大きく得ることが出来ます。

大豆イソフラ ボンを多く含む食品としては、大豆食品である
納豆」や「豆腐」、「豆乳」や「油揚げ」 、「味噌」や「きな粉」、「大豆煮」などが挙げられます。

中でも納豆には1パックにつき
「65mg」の大豆イソフラボンが含まれているので、
毎日1パックほどの納豆を食べ続けていれば
一日の摂取量の目安を簡単に満たすことが出来ます。