断食は美容に良いと言いますね。

普通に考えたら身体に悪いと思いがちな断食ですが、
実は断食は身体機能をリフレッシュされるとして
医学的にも効能が認められているのです。

その断食が終わった、いわゆる断食明けに、
推奨されている食べ物が甘酒です。

甘酒は江戸時代から伝わる栄養食で、ブトウ糖を含んでいて、
飲む点滴とも言われているぐらい栄養効率が良いのですが、
それだけでなく、美容成分も多く含んでいるので、
リセットされた身体を美しく再生する原料となるのです。

断食の効能

2015-06-03b

人の身体の中には、長年の生活の中で、様々な毒素が蓄積されていきます。

それは脂肪の中に溜め込まれ、普段の生活の中では排出されません。
その溜め込まれた毒素が、断食状態になると排出されるのです。

また、断食の一番の効能としては、内臓を休ませる事が出来ます。
胃腸を始めとして、肝臓や腎臓も休眠する事によって
衰えた機能を回復させると考えられています。

そして、断食中に身体は栄養分を摂取する為に
体内の脂肪や筋肉を分解してブドウ糖に変化させます。

つまり脂肪や筋肉が減るのです。
しかし脂肪はともかくとして筋肉が減るのは困るので、
断食中に激しくない適度な運動は必要かもしれません。

そして断食後は栄養吸収能力が上がっていると言います。
少ない分量の食事で十分に栄養が摂れるようになるのです。

甘酒の効能


参照:http://item.rakuten.co.jp/

甘酒は飲む点滴と言われる程の栄養食です。
ブドウ糖は点滴の主成分であり、身体にとってのエネルギー源です。

体調を崩した時に甘酒を飲むと良いと言われるのはこのためです。
また、甘酒は発酵食品ですので、当然酵素が含まれています。

酵素は消化吸収を助ける働きをするので、
胃腸が弱っている時にはなくてはならない成分と言えるでしょう。

甘酒の主成分を書き出すと、こんな感じになります。
ビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6、葉酸、食物繊維、
そしてオリゴ糖、更にアミノ酸のシステイン、アルギニン、グルタミンなどです。

一見しただけでビタミンアミノ酸が豊富な事が分かります。
これらは美肌を作る時に必須となる成分です。

また葉酸は内臓や骨を作る成分で、
妊娠する時に必須の成分と言われています。

食物繊維やオリゴ糖は腸内環境を整えて善玉菌を増やすという、
これも美容には嬉しい成分です。
つまり甘酒は健康だけでなく美容にも良い食べ物なのです。

甘酒のお求めはこちら

週末プチ断食

無理せずに手軽なのが、この週末プチ断食です。
週末に1日だけ水分だけを摂取する断食をするというものです。

最初から無理はせずに
とりあえず固形物を摂取しない事を目的に始めるのが良いでしょう。

この時の飲み物に甘酒は最適かもしれません。
慣れてきたら本当に水だけを飲む断食に移行しても良いですし、
そのまま甘酒や野菜ジュースやスープ(具なし)などを摂取する
プチ断食で続けても良いでしょう。

それだけでも内臓の疲労はずいぶんと取れるはずです。
断食明けにはいきなり固形物を摂るのは内臓の負担になるので
ここはやはり甘酒が良いでしょう。

身体の調子がよくなるようだったら続けて、
もし体調が悪くなるようだったら無理はせずに
1食抜きの一日2食から挑戦するようにしてみてはどうでしょう?

夏バテに甘酒

2015-06-03c

甘酒が機能の衰えた内臓に良い食べ物だという事は分かったと思います。
また甘酒は実は家庭で割りと簡単に作れるものでも有ります。

江戸時代は自宅で普通に作っていたぐらいですから。
体力が衰える夏は、ふと気付くと身体が弱ってしまい
色々な病気や、夏バテになってしまいます。

そんな時の栄養補給に絶大な威力を発揮するのが甘酒です。
夜に仕込んでおくと朝にはできていますので、
暑い中、仕事に出かける前にぐいっと一杯甘酒を飲んでおくと
その日一日元気に働く事が出来るでしょう。

いつも夏バテに苦しめられている人は一度試してみてはどうでしょうか?
なにしろ疲労回復だけでなく、美肌効果まであるのですから、
一石二鳥どころではないお得な食べ物です。

夏は冷たい麦茶よりも温かい甘酒という習慣も、
また一興ではないでしょうか?