断食には体の老廃物や毒素を体外へ出す作用がありますが、
その際に注意すべきこともあります。

その一つとしてアルコールがあります。
断食中に摂取する体に多くの負担を与えてしまうので気をつけましょう。

またその理由について理解することで断食の効果を更に高めることが出来ます。
賢く断食をして健康維持に役立てる方法を学びましょう。

断食中のアルコール摂取はNG

2015-05-20b

断食の目的は、体内の老廃物を体の外へ出すことです。
断食は胃が空っぽな状態なので、このときにアルコールを摂取すると
胃の粘膜に傷つけてしまうので結果的に体に負担を与えてしまいます。

断食している際はアルコール摂取は危険だということを理解しましょう。

断食の効果って一体なに?
断食の効果とは内臓を休めることが一般的です。
内臓を休めることで体がクリーンな状態に促されます。

また毒素や老廃物を体外へ一度出すことが出来るので
リフレッシュした状態に戻すことが出来ます。

人間は食べることで生命活動をしていますが、
断食などをすることで体の余分な脂肪を排除することができたり、
老廃物を出すことが出来るので健康作りには効果的です。

ただし、勘違いをしている人もいるかもしれませんが
断食をする際は正しい知識を身につけなければなりません。

ただ何も食べないということは体に悪影響なので
断食を理解した上で行うことを心がけてください。

断食のスパンと期間について

断食を行う場合は、症状や目的によって日数が変化します。
その理由は内臓が休まる期間と関係しているからです。

また体内の浄化活動(老廃物や毒素を出すこと)に
おおよそ10日前後必要といわれています。

これ以上の日数は返って体に負担を与えるので注意しましょう。
何度も言いますが断食を行う際は正しい知識を身につけて行いましょう。

断食は水の摂取が大切!
断食は食事をしないということではありません。

人間が生きる為には水分は必ず必要なので水を積極的に摂取しましょう。

それにより老廃物を効率よく排出してくれます。
水分だからなんでもいいということではなくです。
その辺りも覚えておきましょう。

断食の正しい知識は専門機関で行う
断食は誰でも出来ると思っているかもしれませんが、
本当に正しい断食は専門機関で行います。

その理由は命に関わる事だからです。
安易な気持で行うのではなく、
断食には正しいやり方があるということを覚えておきましょう。

簡単な断食方法

食事の量をコントロールしましょう。
休みにあわせて行うと効果的に内蔵を休めることが出来ます。

また油分の多い食事を減らし、野菜を中心の食事に切り替えましょう。
お酒・清涼飲料水・炭酸飲料は絶対に摂取してはいけません。

また野菜の中でも食物繊維が多いものを大量に取るのも間違っているので注意しましょう。

断食で体がクリーンになれば綺麗になる
断食を正しく行うことで体がクリーンな状態になります。
これにより体内環境のバランスが整い、綺麗を高めてくれます。

また女性の場合は間違ったダイエットと断食を混同される方もいますが、
全く意味合いが異なるので注意しましょう。

断食後の食事とアルコール摂取の注意

2015-05-20c

断食の効果と方法について紹介してきましたが、
断食後の知識も身に着けておかなければいけません。

特に断食直後は内臓が休まった状態なので、いきなり脂分の多い食事や
がっつりと食事を増やすことは体に負担を与えてしまうので注意しましょう。

消化器官を少しずつ整えるためにも、
断食後は流動食(おかゆ、ゼリー)などで少しずつ様子をみながら食事量を戻していきましょう。

これを行わないと断食の意味がなくなるので注意が必要です。
基本的には消化しやすい食事で献立を考えるとほぼ間違いはありません。
また食べすぎは注意が必要です。

アルコールについても断食後は
最低でも5日〜7日以上経過後に摂取しましょう。
断食直後にアルコール摂取は内臓を痛める原因にもなるので気をつけましょう。

断食を上手に行えば体を浄化させることが可能ですが、
行う場合には十分注意をしながら行いましょう。