猛暑が続くと、よくニュースで脱水症状による死者が出たなどと耳にします。
そんな恐ろしい脱水症状ですが、あなたは何か対策をしていますか?

飲み物をこまめに摂って水分が不足しないようにするのはもちろんのこと、
食べ物にも気を遣いたいものです。

ここで、脱水症状に効果的な食べ物あれこれについてご説明します。

脱水症状の時に食べておきたいもの

2016-09-22b

脱水症状の時に水分以外に摂るべきものと言えば、ズバリ「塩分」です。
塩分と言えば摂り過ぎは厳禁と言われ、
身体に悪いもののような印象がありますが、
実際はそうではなく、適量ならば身体にとって必要なもの。

外で汗をたくさんかいたり、
嘔吐や下痢が続いて脱水症状を起こしてしまったら、
水分と一緒にたくさんの塩分が体外に排出され、
身体がナトリウム不足になり、電解質のバランスが崩れて命の危険すら迫ることになります。

そんな状態を防ぐためにも、
経口補水液などのように塩分が含まれた飲み物を飲むか、
それが用意できない場合は、水と一緒に塩分も摂れる食べ物を食べるようにしましょう。

おススメは、「梅干し」です。
梅干しなら、塩分が摂れるだけではなく、クエン酸も一緒に摂れるので、
疲れた体をリフレッシュさせてくれるからです。

干し梅なども個包装されているので持ち運びに便利ですね。

こちらの記事でも、脱水症状と梅の関係性について説明しています。

塩飴が良いのは本当?

よく、熱中症や脱水症状対策として
「塩」が良いという宣伝文句を見かけますが、
その真偽はどうなのでしょうか。

塩飴には塩分、(製品によってはその他のミネラルも)、
そして糖分が含まれており、
何より、持ち運びやすいので手軽に塩分補給するには最適です。

また、同時にエネルギー源となる糖分も摂れるため、
嘔吐などで脱水を起こしている人にはとても便利な食べ物と言えるでしょう。

ただ、塩飴だけでは脱水症状を軽減させることはできません。
同時にお水などを飲んで、
水分も補給しなければ、体内の電解質バランスが正常にならないからです。

でも、もしもの時のために塩飴を持ち歩けば、
その場で水さえ飲めれば塩分切れにもエネルギー切れにも対処できるので便利ですね。


このように、塩飴に助けられたという人はたくさんいるようです。

熱中症については、こちらの記事も参考にしてみてください。

チョコレートは脱水症状には効かないけれど……

チョコレートが脱水症状に効く?!
という噂がありますが、これは信ぴょう性に薄い説です。

でも、チョコレートの効果は、脱水症状とはまた別なところにあります。
例えば、低血糖
糖分が多いチョコレートを少し食べれば、
血糖値が上がって低血糖を起こした時の不調を改善できます。

また、70%以上の高カカオチョコレート
ポリフェノールが豊富に含まれているため、
美容に良いことや、ダイエットに効果的だというデータが報告されています。

チョコレートのポリフェノールは代謝を良くして太りにくくする効果や、
食欲を抑制して食べ過ぎを防いでくれるため、
カロリーオーバーにならない程度なら、ダイエット向きの食材なのです。

それでもチョコはカロリーが高いから……という人向けの、
ココナッツオイルとカカオを使った生チョコの作り方をご紹介します。

これなら、カカオポリフェノールだけではなく、
美容に良いココナッツオイルも摂れるので一石二鳥ですね。

まとめ

2016-09-22c

いかがでしたでしょうか。
脱水症状対策として有効な食べ物や、
塩飴やチョコレートの真偽についてお伝えしました。

ここでは食べ物に焦点を絞ってお話ししていますが、
脱水症状かな?と思ったら
食べ物よりも先に飲み物を飲んで水分を補給することを第一に考えて下さい。

体内から水分がなくなってしまうと、汗をかけずに体温が上昇したり、
血流が少なくなって血圧が急降下してしまうため危険です。

水分を補給しても調子が良くならなかったら、
梅干しなり塩飴なりを食べて塩分を補給し、
体内の電解質バランスを整えるようにした方が良いでしょう。

もちろん、水分と塩分を一緒に摂れる経口補水液や
スポーツドリンクを用意できるなら、そちらを飲んだ方が手軽です。
所さんもCMで脱水症状には経口補水液!と言っていますよね。

何度も言いますが、脱水症状は放っておくと命に関わります。
「喉が渇いた」と思う前に水分補給する習慣を付けて下さいね。