デトックススープで、身体から毒素を追い出そうと頑張っているのに便秘になる
という場合があります。

便秘を解消するはずのデトックススープで便秘!って矛盾していますが、
なぜ便秘になるのか説明していきますので、
デトックススープで毒素を追い出したいあなたは是非注意してくださいね。

デトックススープって何?

2015-03-31-1b

デトックスはもうお馴染の言葉かもしれませんが、毒だしという意味になります。
身体に摂り込んでしまった有害物質を追い出して、
身体の中から綺麗にしようとするものですね。

デトックスの方法はいくつかあって、
汗として排泄する為に岩盤浴やゲルマニウム温浴を行うとか、新陳代謝をよくする運動をする。
尿として排泄する為に、ミネラルウォーターをたくさん飲む。
便として排泄する為に解毒作用のある食べ物を食べるなどがあります。

デトックススープは、この中の解毒作用のある食べ物を食べるというところになりますね。
デトックススープの材料は、玉ねぎ・キャベツ
ピーマン・セロリ・トマト缶・コンソメスープの素。これらを煮込んで作ります。

そして7日かけて、このスープを中心に食事をするというものです。
基本このスープだけで、いくら食べてもOK!
日によって野菜やバナナなどと一緒に食べます。

メニューがマンネリ化すると飽きてしまって長続きしないので、
レシピ本を参考にしながらおいしく、デットクスしましょう。

でも7日間の間、アルコール小麦粉砂糖は厳禁。
炭酸飲料や100%じゃないジュースもダメなどと決められています。

いくら食べても良いといっても、
デトックススープはカロリーの低いものなので、カロリーダウンし痩せれそうですよね。

便秘って何で起こっているの?

便秘っていうのは、大まかに分けると器質性便秘機能性便秘かになります。

器質性の便秘っていうのは、腸に問題がある場合。
生まれつき結腸が大きいとか長い、
また癌やポリープ、腸の癒着などが原因で便が出にくくなってしまうものです。

もう1つの機能性便秘には急性と慢性があります。
急性の場合は、何らかの理由で食事量が減ったとか水分が減った時に起きます。

また慢性の場合は、腹筋力がなくて便を送りだす力が足りないとか、
腸が痙攣して上手く出せない、また排便を我慢するなどで起きます。

でもそもそもなんで便秘になる事が悪いのでしょうか?
それは腸の中の悪玉菌が増え、腸内フローラの環境が崩れる事にあります。

腸の中に吸収されない食べ物のカスが溜まると、そこで悪玉菌が繁殖し有毒ガスが発生したり、
デブ菌が増えたり、また肌荒れも起こしちゃうという事になるんです。

有毒ガスって発生すると癌に繋がってしまう怖いものだし、
最近わかってきたのがこのデブ菌!これが増えると肥満になっちゃうんです!

なぜデトックススープで便秘になる事があるの?

先ほど便秘になるのは、食事量が減った時と書きましたが
ダイエットしている時はこの状態ですよね。

デトックススープはいくら飲んでも良いとなっていますが、
ここで頑張って摂る量が少ないと、基本的に便となる元が少なくて、
便秘になってしまう事があるんです。

でも肉類ばかり食べているのと違い、ほとんどが野菜。
食物繊維がいっぱいなんだから、便秘になる訳ない!
って思われるかもしれませんが、この食物繊維が問題になっている事もあるんですよ。

食物繊維には、水に溶けやすい水溶性のものと、水に溶けない不溶性のものがあるんです。
この不溶性の食物繊維は水分を吸収して大きくなり、
この大きくなった事で、便を送りだすというものです。

でも元々腸が動きにくい便秘症の人などは、
便が大きくなり過ぎると上手く送りだす事が出来ず、どんどん溜まってしまうという事になるんです。

デトックススープの材料であるキャベツやセロリなどは、
水溶性の食物繊維より、不溶性の方が多いんですね。

だから、便秘になっちゃう人が出てくるんです。

便秘解消デトックススープで便秘になる事もある!

2015-03-31-1c

いかがでしたか?
便秘を解消するはずのデトックススープで、逆に便秘になる事がある!
ってわかってもらえましたか?

デトックススープは良いと言われているけど、
そればかりになると不具合が起きてしまう事だってあるんです。

痙攣性の便秘症の人は、不溶性の食物繊維が多いと便秘になりやすいんです。
便意があっても中々便が出なかったり、コロコロした小さな便が出る、
また下痢と便秘を繰り返すというような症状が以前にあったなら、痙攣性の便秘症であったかもしれません。

痙攣性の便秘症は、自律神経の乱れから起きます。
ですから夜更かしなどせず良く寝て、生活のリズムを整える事!

またデトックススープと一緒に野菜を食べる時は、
水溶性の食物繊維が多い物を摂るようにしましょう。