プチ断食ダイエットの方法でメープルシロップ入りのレモネードを使った方法があります。

プチ断食はダイエットだけではなく、美容や健康、体質改善
など様々な効果があることから男女問わず、幅広い世代に人気のダイエット法です。

プチ断食ダイエットは、1週間のうち1日、または2日間のみの短期間ダイエットとなります。

1日、または2日間、飲み物(お水、お茶、野菜ジュース、酵素ドリンクなど)のみを摂取していきます。
中でも1日3食全てを酵素ドリンクに置き換えて、ダイエットを行う酵素ドリンクダイエットは人気となっていますね。

しかし、最近世界の歌姫、ビヨンセやハリウッド女優、
グウィネス・パルトローなどセレブの間で話題のプチ断食ダイエット法が日本でも今、注目を集めています。

それがレモネードで行うプチ断食ダイエットです。

メープルシロップの効果

2015-02-09a

メープルシロップには、ビタミンミネラルが豊富に含まれています。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

メープルシロップには、ストレスを緩和させる効果や精神を安定させる効果、
また54種類ものポルフェノールが含まれています。
ポルフェノールは、高い抗酸化作用があることで、知られていますね。
メープルシロップを摂取すれば、老化防止にも効果が期待出来ますよ!

メープルシロップのお求めはこちら

栄養素の宝庫!

カルシウムは、ハチミツのおよそ37倍含まれているメープルシロップは、
まさに栄養素の宝庫と言えます。

ダイエット中に失われがちな体に必要な栄養素をしっかりと供給し、体力をも向上してくれます。
また糖分ですので、ダイエット中の辛い空腹感も和らげてくれますよ!

脂肪を防ぐ!

砂糖より、100kcalもカロリーが低く、
血糖値の上昇も緩やかなのもメイプルシロップがダイエットに有効な理由の一つです。
糖が脂肪として蓄積されにくい為、太りにくくなります!

またカリウムも豊富に含まれているメイプルシロップは、むくみまでを解消させる効果があります!

唐辛子の効果

脂肪を燃やす!

唐辛子に含まれるカプサイシンには、脂肪燃焼を促し、
脂肪を蓄積しにくくさせる効果があります。

アンチエイジングに断食は本当に良いの!?メリット・デメリットを調べたよ!
断食に甘酒が最適な理由は?

レモネードダイエットって?

まずはレモネードの作り方からご紹介します。

  1. レモン半分分の果汁(大さじ2杯)を用意する
    レモンジュースはNGです。
  2. メイプルシロップを大さじ2杯用意する
    砂糖シロップはNGです。
  3. 唐辛子(市販の唐辛子の粉)を小さじ1/10を用意する
  4. 蒸留水300ccを用意する
  5. 1~4の材料を混ぜる
    全部で300cc程度になればOKです。

飲むタイミングと飲む量、期間

飲むタイミングは、2時間に1度のタイミングがベストですが、空腹を感じればいつでも飲んでもOKです。
飲む量は、1回300ccです。

レモネードダイエットを行う期間は、2日間です。

レモネードダイエット終了後の食事

ダイエット終了後の1日目と2日目の昼までは、野菜ジュースやフルーツジュースのみ摂取します。
2日目の夜からは、野菜スープを摂取します。

通常の食事に戻れるのは3日目からとなります。

またレモネードダイエットを実践する1週間前からも野菜中心の食事を心がけ、
食事量を出来るだけ抑えておきます。暴飲暴食はNGです。

プチ断食の一日目にヨーグルトを取り入れる方法とは?
断食も糖質制限もダイエットの秘訣は続けられる事!

レモンの効果で若く!美しく!

2015-20-09c

レモンには、クエン酸やビタミンCが豊富に含まれています。
また抗酸化物質も含まれていますので、美容効果に期待が出来ます。
またレモンは血液を綺麗にする効果もありますので、デトックス効果にも高い期待が見込まれます。

また胃をクレンジングする効果もあるとされています。

痩せやすい体質へ!

レモンの香りと酸味には、交感神経を刺激する作用がある為、体が活動的になります。
これにより、代謝機能がアップしますので、痩せやすい身体になっていきます。

まとめ

レモネードダイエットの効果をまとめると以下となります。

  1. デトックス効果
  2. ストレスの緩和
  3. アンチエイジング効果
  4. 脂肪燃焼効果

レモネードダイエットは、プチ断食ダイエットとして短期間行うことがベストです。
長期間のレモネードダイエットは、特に初心者の方には不向きです。
またプチ断食ダイエットでは、極端なカロリー制限で短期間で体重を落とします。
これにより、身体が「飢餓モード」に入りやすく、
その為ダイエット終了後はリバウンドを引き起こしやすくなるというデメリットもありますので、注意しましょう。