不眠の人は必見!意外と知られていない紅茶のカフェイン含有量について。
紅茶には豊富なカフェインが含まれているので、
不眠症の人は寝る前に飲むのを控える必要アリ!

紅茶に含まれるカフェイン量と不眠症対策についての知識。
睡眠前に紅茶を飲むことで引き起こされるさまざまな弊害について
正しく知り不眠への対策を万全にしよう!

睡眠の重要性とカフェインの影響

2015-03-02-02c

人間にとって睡眠とは生きていく上で必要不可欠な行為であり、
日々の疲れを癒すための「手段」です。

最新の研究によると、人がもっとも疲れを癒すことが出来る手段が
睡眠であり快適な睡眠を取っている人とそうでない人では
疲労度倍近く違うというデータもあるほどです。

紅茶、コーヒー、チョコレート、沢山のカフェインを含むものがありますが、
現代ではあまりにも摂取しすぎている可能性があるので気をつける必要があります。

カフェインの覚醒作用について

人間が生活を送るためには必要不可欠な睡眠ですが、
日常の中では睡眠を妨げるものが数多く存在しています。

たとえば日々、蓄積されるストレスも快適な睡眠を妨げる要因となりますし、
コーヒーや紅茶などの飲料に含まれる「カフェイン」によっても快適な睡眠が妨げられてしまいます。

特にコーヒーには大量カフェインが含まれており、
眠いときにコーヒーを飲むと目が覚めますが、
睡眠前に飲むと「不眠症」になってしまうおそれがあるので注意が必要です。

知られていないカフェイン量が多い紅茶

また、意外と知られていないのが「紅茶のカフェイン含有量」です。
コーヒーほどではありませんが、紅茶にはコーヒーの半分ほど
カフェインが含まれているので、寝る前に飲むと眠れなくなってしまうことがあります。

そのため、快適な睡眠を目指したいのであれば寝る前のコーヒーだけでなく紅茶の摂取も控える必要があります。
一般の方はコーヒーの方がカフェインが多いと思っている方もいますが、
飲み物によっては紅茶の場合の方がカフェインが多いときもあります。

そんな紅茶ですが、ノンカフェインもあるので
紅茶大好きなあなたでも食後のティータイムをやめる必要はありません♪

紅茶と不眠の関係性

2015-03-02-02b

紅茶には大量のカフェインが含有されているので、
就寝前に飲むとカフェインの作用によって脳が覚醒してしまいます。

その結果、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなってしまう事につながるのです。
寝つきが悪くなってしまうのも問題ですが、
それよりもさらに問題なのは「睡眠が浅くなってしまう事」です。

何故なら、質の悪い睡眠は逆に疲労感を増徴してしまい、
日常生活にも悪影響を及ぼしてしまう恐れがあるからです。
そのため、質の良い睡眠を目指して疲労を残さないためにも
就寝前の紅茶は極力、控えることが大切です。

紅茶が持つ覚醒作用の持続時間

紅茶を飲むことによって寝つきが悪くなったり、
眠りが浅くなってしまう事は多くの人が認知していますが、
紅茶に含まれるカフェインによる覚醒作用の「持続時間」について詳しく知る人はそれほど多くないのが現状です。
紅茶に含まれるカフェインの覚醒作用には個人差がありますが、
20代の若い人であれば紅茶一杯を飲むと平均で約4時間ほどは効果が持続します。

また、高齢になればなるほどカフェインの効果は長続きしてしまうので、
紅茶を飲む場合は遅くても寝る「5〜6時間前まで」にしておくことが大切です。

飲むサイクルを考えることで眠りをコントロールできる

寝る前にカフェインを摂取することで「眠り」を妨げてしまいますが、
飲むサイクルを考えれば、上手に眠りを呼び起こすことができます。

平均4時間弱持続するというデータがあるので、
夜の食事後に軽く飲む以外は控えるようにすればそれほど気にすることがありません。
紅茶の場合は、ミルクティーにするとリラックス作用がより高まりますが、
こちらに関しても睡眠前にはあまりオススメできません。

食後の休憩としてお召し上がりになることは問題ありませんが、
睡眠の数時間前に飲むという習慣をなくすようにしておきましょう。
紅茶にも色々な種類がありますが、上手に利用しながら楽しむことで不眠にならずにすみます。