いろいろなメディアが、私たちに与えてくれるダイエット情報。
その中に目立ってきたのがクエン酸減量にいいという話があります。

でも、本当なのでしょうか。
調べてみるとなかなか奥深い事実が見つかりました。
ダイエット情報をうまく取捨選択しながら
より健やかなボディメイクをするにはどうしたらよいかを探りました。

クエン酸が減量にいいって本当?

2015-08-28b

クエン酸は、乳酸を抑えることができるため疲労回復にもよい成分。
そんな成分が、ダイエットにもいいと流行っています。

でも、本当なのでしょうか?まずは、疑ってみました。
そもそも、クエン酸の特質ですが飲んで
すぐに乳酸を抑えるなどの効果が見込めて、
しかも数時間その効果を維持するという優れものであるということがわかりました。
だからこそ、疲労を防ぎ運動をもっと積極的にできるから
減量にもいいのでは?と考えてしまいますよね。

その結果、ダイエットによい成分であると間違いないと思いましたが・・・
そうでは、ないようです。

実は、クエン酸は脂肪酸のもととなるようです。
また、乳酸を抑える効果が見込めるというのも、
ブドウ糖+クエン酸を飲んだ結果がそうなったという事実はありますが
クエン酸だけではどうなのかまだまだ、研究しなければならないようです。

ここで、よく考えていただきたいのが一緒に摂らなければならないブドウ糖。
ちまたでよく聞く、糖質制限ダイエットの敵ともいえる成分です。

ダイエットで、あまり摂取したくない成分であるということを
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

そう、ここまで来て「あれ?クエン酸を摂取したほうがいいのかな・・・?
でもブドウ糖も一緒に摂取しなきゃいけなくなるから・・・
糖質制限ダイエットの敵だよね・・・?」と何が正しくて何が正しくないのか、
はたまた効果的なものがなんなのかわからなくなってきてしまいました。

クエン酸はそんなに良い成分じゃないの?

では、クエン酸は私たちの期待に答えてくれないのでしょうか。
ダイエットにいいと思っていたのに・・・とがっかりされる方はちょっと待ってください。

こんな持病をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
それは、「痛風」です。

クエン酸は、痛風の原因となる尿酸を分解してくれます!
結果、あのつらーい痛風から解放してくれる手助けをしてくれる成分なのです。

ダイエットに効かないかもしれないからと、
クエン酸にがっかりするのは、まだ早いかもしれません。

痛風を持っていてダイエットをしたい方には、まさに必要な成分であるといえるでしょう。

「ダイエット=クエン酸」の神話を作っているのは私たち

2015-08-28c

ダイエットは、誰しもが「したい!」と思い、実行するセルフケアの第一歩。
だからこそ、「○○がいい!」というメディアの紹介に踊らされてしまいがちです。

今回、クエン酸とダイエットの関係を調べてみて分かったことは、
私たちが噂や評判だけで判断して、
思い込んでしまわないことが大切なのではないかということでした。

また、自分で試しながら体質に合っているのかを調べるのはもちろんのこと、
事前にいろいろな情報を取捨選択することが何よりも重要なのだと思います。

結局「○○がいい」という評判は、
ダイエットにとってはお守りのようなものでしかないのかもしれません。

そのお守りにすがってがんばるのもよしですが、
自分の体をいたわる食事を追及することが真の意味でのダイエットなのかもしれませんね。

情報だけに踊らされずに、思いつめずに健康になる手段として、
ダイエットを見つめる機会になった「ダイエット=クエン酸」情報でした。