グルテンフリーダイエットが、静かにブームの気配を見せています。
このグルテンフリー食品が、ダイエットだけではなく
アトピー性皮膚炎の患者にも良いという説があります。

今回は、このグルテンフリー食品とアトピー性皮膚炎の関係、
そしてグルテンフリーのアルコール飲料はどうなのかについてご説明します。

グルテンフリーダイエットとは

2015-10-18b

まず、グルテンフリーダイエットのご説明から。
大体、日本で若い女性に流行する健康法や美容法は、
海外セレブが始めたことがきっかけで、爆発的に広がる傾向があります。
もちろん、このグルテンフリーダイエットもそう。

方法としては、小麦やライ麦など、
グルテンを含まない食品を断つことで、
痩せやすい体質になるというもの。

でも、これは実際のところは科学的根拠に甘い部分があり、
信頼できる理論ではないという反論意見もあります。

確かに、小麦粉を使用した料理には、
油分や糖分などの、こってりとした味付けが合います。

それをやめて、野菜や玄米などを中心とした食生活に変えれば、
ダイエット効果はあるでしょう。

でも、ただグルテンだけを食べないようにして、
それ以外の食生活は通常通りということになると、
痩せられるとは言い切れないのが現実です。

グルテンフリー食品とアトピー性皮膚炎

ですが、グルテンフリー食品が役立つ体質の人もいるのです。
それは、グルテンにアレルギーがあり、アトピー性皮膚炎を起こしている人。

一般的に言われる小麦アレルギーは、
このグルテンに反応してしまう体質の人を指します。

このような体質の人は、
残念ながらパンやパスタなどは控える必要があるのです。

ですが、グルテンフリーダイエットの流行により
出回っているグルテンフリー食品なら、
アレルギーがあっても食べても大丈夫!ということになるため、
見方を変えれば、大変便利な食品とも言えます。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

このように米粉のパン用ミックス粉などもあります。
小麦粉にすごく敏感な方はグルテンフリーであっても
一度、少量で試してからお使いになってくださいね。
米粉パンミックスの詳細はこちら

また、グルテンフリーの食材を使ったレシピなども紹介されており、
ここにグルテンフリーのパンケーキの作り方を紹介した動画があります。

これなら、小麦だけでなく卵や牛乳も使用していないので、
色々なアレルギーがある人にも対応できますね。

グルテンフリーでも、アルコールは×

グルテンフリーの食品の中に「お酒」というものがあります。
例えば、日本酒やワイン、
ブランデーや麦芽以外を発酵させる第三のビールは、グルテンを含みません。

ですが、グルテンを含まないからと言って、
アトピー性皮膚炎の人がこれらのお酒を飲むことはおすすめできません。

なぜなら、アルコール自体がアレルゲンではなくても、
アルコールを摂取すると血行が良くなり、
皮膚下に流れ込む血液の量が増え、かゆみが増してしまうからです。

そして、火照った体は乾燥しやすくなり、
ますますかゆみを呼ぶことになってしまって、
不快な症状が続くことになります。

また、アルコールが内臓にダメージを与え、
アトピー症状が出やすくなったり利尿作用によって脱水し、
やはり皮膚が乾燥してしまうなどの良くない影響がたくさん出てしまうのです。

このような理由から、グルテンの有無以前に、
アトピー性皮膚炎の人がアルコールを飲むことは、
良くないこととされているのです。

まとめ

2015-10-18c

いかがでしたでしょうか。
グルテンフリーダイエットの大まかな概要と、
アトピー性皮膚炎の人にとってのグルテンフリー食品、
そしてグルテンフリーのアルコール飲料についてご説明しました。

このように、グルテンフリーダイエットは
科学的根拠の浅いことだという意見があり、
妄信してグルテンだけを除去した食生活を送ることは、
あまり賢いとは言えません。

ですが、病気のためにグルテンを避けるべき人にとっては、
グルテンフリーで作られた様々な食品やレシピは、
大変重宝できるものと言えるでしょう。

これらの食品を使い、レシピを工夫すれば、
アレルギーがあっても食べられるものの幅が大きく広がります。

今、流行しているグルテンフリーダイエットをうまく利用して、
アレルギーがある人も充実した食生活を送ってみてはいかがでしょうか。