ゴールデンベリーは『スーパーフード』
サジーは『スーパーフルーツ』
そう呼ばれるほど栄養価の高い食品で、どちらも大注目!なのですが、
まだまだわからないこと、知られていないことがたくさんあります。

食すことだけではなく、
栽培することから始めるのも人気だそうですよ!

あなたの美と健康の道標になりますように(^^)

ゴールデンベリー、その正体は『食用ほおずき』

南米はペルー生まれのゴールデンベリー
またの名をインカベリーと言います。

ベリーなんていうから、イチゴの仲間かと思いきや、
その正体はナスの仲間の食用ほおずきでした。
ちょっとがっかり。

見た目はすごく好きなんですけどね、ほおずき。
観賞用のを子供の頃、
口に入れて飛ばしたりして遊びませんでしたか?

何か間違うと美味しくないお味が
口いっぱいに広がった記憶があるので、
『ほおずき』となると、お味が気になりますよね。

糖度が高いのに、初めは酸味が前面に押してくるみたいです。
いちじくみたいに、中につぶつぶの種があって食感も楽しそうですよ。

もぐもぐしていると甘みがやってきて、
南国のフルーツ食べてる!気持ちになれるんですって。

フレッシュではなく、
主に流通しているのはドライフルーツで、
店頭では、あまり出会えないかもしれないです。
ドライフルーツで、食べた時に酸味から来るのは割と珍しいタイプですよね。

もし、実際に手にとって買えるのならば、
果実の色は、薄めの方が美味しくいただけるとのことですよ。

フレッシュがいいんだよぅ!という方のために、
後ほどいい方法を紹介しますので、待っていてくださいね(^^)

ゴールデンベリーの栄養価と1日の摂取量

何でこんなにも
ゴールデンベリーが注目されているかと言いますと、
テレビでその栄養価の高さを紹介されたから、なんですね。

女性なら、気にならない人はいないであろう
『シミ』『しわ』『たるみ』この、顔に出ないで欲しいものトリオ(- -)
をやっつけるお手伝いをしてくれるんです。

ビタミンAビタミンEの含有量が多く、
その他にもビタミンB、C、必須アミノ酸などが豊富で、
抗酸化作用が非常に得られやすい上、効果があらわれやすいんです。

実験で、血液がドロドロになってしまった成人男性が、
二日間食べるとサラサラに変わってしまうほどの威力があります。

その他にも、貧血予防やがんの予防、
動脈硬化の予防、眼病予防、
コレステロールを低下させる効果がある・・・
などなど、様々な方向から健康な体へと導いてくれる食品です。

それでインカベリーと呼ばれるほど、
南米では古くから食べられてきたんですね。

1日にどのくらい食べればその効果を得られるかというと、
結構な量が必要なんです。

その数、およそ40粒
大きさは、指先くらいの大きさのものが平均的なので、
レーズンとさほど変わらないですね。

1日40粒食べることを目標にするのなら、
牛乳と一緒にミキサーにかけてドリンクにするか、
おやつとして食すと目標数を達成できそうですね!

実験例では、ドリンクにして摂取していました。
ヨーグルトと一緒に、シリアルに混ぜて食べるのも美味しいですよ。

スーパーフードについてはこちらの記事もご参考に♪

ゴールデンベリーは栽培できる

健康効果を得るための、
1日に必要な摂取量が多めなゴールデンベリー。
コスパをよくするために、自宅で栽培してみるのはいかがでしょう?

フレッシュなゴールデンベリーを食べるために、
良い方法があると言ったのは、このことだったんです。

種苗店やインターネットで『食用ほおずき』で探すと、
種や苗が入手できて、栽培も難しくないんですって。

でも、種の方が入手はしやすく、
発芽率も80%以上と高めなんですね。

苗からの栽培の方が、より難易度は下がるのですが、
時期によっては入手しにくいかもしれません。

お値段も種で500円前後、苗で300円前後ですから、
新しい観葉植物を育ててみる気分で始めるのも良さそうですよね!

種まきの時期は2月から4月です。
植え替える必要が後々必要になってきますので、
プランターや大きな鉢を置くスペースを確保してくださいね。

うまくいくと8月から10月頃に収穫できますよ。
基本的に水やりをしっかりしておけば大丈夫、とのことです。

植物を育てると癒されますよ~(^^)
育てている方の動画を載せておきますね!参考にしてみてください。

スーパーフルーツの『サジー』これ、日本名です!

サジーはユーラシア大陸の
中部から北部に分布している、グミ科の植物です。

高山や砂漠などの、なぜそんなところで!!という、
寒暖の差が激しい地域で、たくましく生きてきました。

その木は50cmから6mほどに成長し、が多いのが特徴です。
9月から10月にかけて、5mm~1cmほどの大きさの栄養満載で
柔らかなオレンジ色の実をつけるのですが、
冬になってもほとんど落ちず、鳥に食べられるのを待ちます。

そして、実の中の種を遠くまで運んでもらう・・・これが『サジー』です。

この性質を利用して、砂漠の緑化にも利用されているそうですよ。

サジーという名前は日本名なんです。
漢字にすると『沙棘』と表します。

中国ではこう書いて『サージ』と読むんですって。
世界各国でそれぞれ名前があって、
英語では『シーバックソーン』と言います。

海のクロウメモドキ、という意味らしいのですが、
木の棘が由来になっているとのこと。
『シーベリー』なんて呼び方もあるようですが、どれも同じ植物です。

何種類かのサジーが存在するのですが、
その中でも栄養価が高いのは『シネンサスサジー』ですよ。

サジーの健康効果

サジーはジュースの状態で流通しているものが多いです。

抗酸化作用がとっても高いのが魅力のサジー。
アンチエイジング効果の実感を得ている方もたくさんいますよ。


その他にも女性特有の悩みである生理痛の緩和
冷え性の改善、貧血の改善、免疫力UPなど、
ビタミン群ミネラル、アミノ酸などが
200種類以上も含まれていて、
様々な栄養素が内側から体に働きかけてくれます。

ただし、注意点がひとつあるとしたら、そのお味かもしれません。

なかなか特徴的な、個性的な味の予感がします。
口コミを見ていると、
酸っぱい!」という声がほとんどですが、
酸っぱいだけではなく甘みもあって、
飲んだ後は口の中に渋みが残るそうなんですよ。

そして、漢方薬のように感じる香りが苦手という声も。
原液は厳しい!というときは、
柑橘系のジュースで割ると飲みやすいようですよ。

酸味の強いものは、空腹時に胃を痛めることがありますから、
食後にクイッといくのがいいかもしれませんね!

まとめ

近頃よく耳にする、ゴールデンベリーサジーですが、
それぞれに素晴らしい効能が詰まっていて、調べて納得の栄養価の高さでした。

話題になるはずです!

優れた栄養価があることを知ったら、
あとは本当に自分の体質に合っているかが重要ですよね。

どんなに体に良くても、味が苦手、香りが苦手、となっては
新たなストレスを生み出してしまいますから、
これから試すのなら、無理なく続けてくださいね。