今話題の逆流性食道炎について詳しく知ろう!
逆流性食道炎に関する知識や治療法について徹底的に解説します!

逆流性食道炎の原因や症状についても詳しく紹介。
逆流性食道炎との以外な関係とは!?

逆流性食道炎にならないためには
どのような事に気をつけていれば良いのかを学ぼう!
逆流性食道炎の診断基準や検査についてご紹介!

なぜ逆流性食道炎になるのかを知ろう

2015-06-14b

人間であれば誰でも一度は
胸やけと呼ばれる症状を感じた事があるかと思いますが、
胸やけとは食べ過ぎストレスによって引き起こされる症状のことです。

胃液は強い酸性で塩酸と同程度の消化力がありますが、
時にはこの胃液と混ざり合って消化された食べ物が食道に逆流することがあります。

この胃液の逆流によって食道の粘膜が刺激されることによって
胸やけが引き起こされるのですが、ほかにも喉の違和感や
みぞおちの痛みなどの症状が現れることがあります。

最近、これらの症状が長期間に渡って続いてしまう
逆流性食道炎と呼ばれる病気が注目を集めています。

ひとたび胃の中に取り込まれた食べ物が食道に逆流するという症状は、
ある特定の原因だけで引き起こされることはまずありえないので、
一般的には幾つかの原因が重なる事によって
逆流性食道炎を発症すると考えられています。

たとえば胃液の逆流を防ぐために備わっている機能の低下や
食道・胃の蠕動運動の低下などが挙げられます。

本来、食道と胃のつなぎ目の部分には括約筋と呼ばれる筋肉が存在しており
胃の中の内容物が食道へと逆流しないよう常に弁としての働きを担っています。

この働きが何らかの原因によって低下する事で
逆流性食道炎を引き起こしてしまう場合があります。

また、食道や胃の蠕動運動が低下する事で
食道へ逆流してきた胃液を再び胃へと送り返すことが出来ず、
食道内に胃液の留まる時間が長くなる事で逆流性食道炎を引き起こす場合もあります。

逆流性食道炎の主な症状や診断・検査

逆流性食道炎を発症した場合にもっとも多い症状は胸やけです。
しかし、それ以外にも喉やみぞおちが焼けるような痛みを感じたり、
喉に違和感を覚えるといった症状が現れる場合もあります。

逆流性食道炎で感じる胸やけを詳しく表現すると
胸がチリチリと焼けるような感覚というのが妥当だと思います。

そのほかには胃液や胃の内容物が食道や喉、
あるいは口へと逆流してくる感覚に陥ったり口の中が酸っぱく感じたりなどの症状も現れます。

さらに喉の痛みやつっかえるような感じなどを訴える人もおり、
逆流性食道炎で感じる症状には個人差があります。

もし逆流性食道炎を自覚したのなら、まずは医療機関を受診して
内視鏡検査を受ける必要があります。

内視鏡検査を受ける事によって
逆流性食道炎の症状を肉眼で確認する事が出来ますし、
効率の良い治療方針を打ち立てる事が可能となります。

内視鏡による診断は基本的に食道の発赤やただれなどを確認できれば
逆流性食道炎と判断されます。

また、ひとたび逆流性食道炎と診断された場合は
薬物治療による対症療法が主体となります。

薬で症状を緩和したり改善する事で、
人間が本来持つ治癒力を高めて傷んだ食道の状態を改善していきます。

逆流性食道炎と飴の関係とは

2015-06-14c

ひとたび患ってしまうと治り難いことで知られる逆流性食道炎ですが、
実は薬の力を借りなくとも自力で治してしまう方法があります。

それはやガムなどを日常的に食べて
唾液の分泌量を増やすだけといったシンプルな治療法です。

逆流性食道炎は胃酸が食道へと逆流してきて、
食道内を傷付けてしまう事によって引き起こされます。

しかし、日常的にガムや飴玉を食べ続けていると唾液の分泌が促されて、
胃酸の濃度も薄くなっていきます。

そのため、逆流性食道炎を自覚したらまずは飲酒や喫煙の習慣などを改めてから
飴やガムの習慣を身に付ける事が逆流性食道炎の効果的な予防へと繋がります。

また、逆流性食道炎では胃の内容物が逆流して食道内に留まるため、
その食べ物に付着している菌類で食道が炎症を起こしてしまう場合があります。

そのため、もし飴玉を舐めて
逆流性食道炎の予防や改善に取り組みたいのであれば
抗菌作用や殺菌作用を持つ薬用のど飴などを日常的に食べることが大切です。

飴は砂糖のかたまりのようなものですから、
シュガーレスを選ぶように気をつけましょうね。