あなたは逆流性食道炎という病名のことを聞いたことはないでしょうか。
最近、聞く機会が多くなってきた病名だと思いますが、
どんな病気なのかは詳しくは知らないかもしれません。

この逆流性食道炎の症状については後述しますが、
逆流性食道炎の治療には、マヌカハニーという食品がとても効果的であるというのです。

そこで今回はその治療の効果について、
逆流性食道炎とマヌカハニーに関する説明も含みながら、
お話ししていきたいと思います。

逆流性食道炎とは

2015-07-12b

まず逆流性食道炎についてご説明します。
胃の中では、胃液や消化されている食べ物などが
食道に逆流しないように弁で防がれているのですが、
この弁が機能しなくなってしまった場合、
胃の中のものが食道に逆流してしまうのです。

この逆流したものが原因で、食道に炎症が起こるのです。
これが逆流性食道炎という病気です。

その逆流性食道炎によって、体にどのような影響があるのでしょうか。
逆流性食道炎の中でも自覚症状が出やすいのは胸焼けでしょう。

喉に酸っぱいものを感じたり、喉が焼けるように感じたり、
と様々な症状が見受けられます。

この逆流性食道炎の症状を放置したままにすると、
確立は低いそうですが、食道がんを併発する可能性もあるみたいなので、
喉に違和感を感じたら医師に相談すると良いでしょう。

次にマヌカハニーについてご説明します。

マヌカハニーとは

マヌカハニーとは、簡単に言うとはちみつのことです。
とは言っても、普通のはちみつよりも高い殺菌力を持っています。

このマヌカハニーはヨーロッパでは医薬品として扱われており、
医薬品として副作用もないため、とても重宝されているのです。

このマヌカハニーの効果として胃に関して言うと、
ピロリ菌を軽減させたり、胃炎や荒れた状態の胃の粘膜を修復してくれたり、
炎症を緩和させるなど、様々な効果があります。

逆流性食道炎にはマヌカハニーを

逆流性食道炎の治療の一環として、マヌカハニーを摂取する方法があります。
前述したように、マヌカハニーには、炎症を緩和する効能や
荒れた胃の粘膜を修復する効能があるので、
これらの効能が逆流性食道炎にも効果があるのです。

日本では医薬品として扱われていないマヌカハニーですが、
逆流性食道炎の治療にも効果がある優れた食品なのであります。
それゆえに、積極的に摂取していきたいですね。

また、逆流性食道炎の治療にマヌカハニーを用いる場合は、
このようにUMF表示のあるものを使うと良いでしょう。

このUMFとは、ユニーク・マヌカ・ファクターのことであり、
マヌカハニーの中でもより強い殺菌力を持つものであることを証明している規格のことです。

このUMF表示のあるマヌカハニーは高価になりますが、
効果の方は期待できるでしょう。

おわりに

2015-07-12c

いかかでしたでしょうか。現代病とも言える逆流性食道炎
医薬品でもないマヌカハニーが治療に効果があるのです。

正直なところ、はちみつであるマヌカハニーに
そのような効果があったとは、とても驚きでした。

はちみつには栄養が豊富であるとは聞いたことがありましたが、
そのはちみつよりも殺菌力もあり、
栄養価も高いマヌカハニーが医薬品の代わりになるなんて、考えないですよね。

何度も繰り返しますが、逆流性食道炎の疑いがある場合は、
すぐに医師に相談するようにして下さい。

他の病気を併発するおそれがあるので、
「マヌカハニーを摂取すればいいや」ではなく、
一度医師の診断を受けて頂いた方が安心だと思います。

逆流性食道炎の予防目的として、
普段からマヌカハニーを摂取するとより良いかもしれません。

毎日の習慣にして、逆流性食道炎にならないように備えていきましょう。
ただ、このマヌカハニーの味は癖があるそうなので、
摂取する際には工夫が必要かもしれないですね。

また、マヌカハニーは非常に栄養価が高いので、医療目的ではなく、
健康的な生活を維持するために摂取してみるのも良いかもしれません。