目の病気は様々ありますが、その中でも白内障に悩む人は多いと思います。
目は生活にとって欠かせない部分であるからこそ、
白内障にならないようにしておきたいものですよね。

白内障について詳しく知っておくようにしましょう。
そして、白内障に効果的と噂のアスタキサンチンについてもご紹介します。

白内障とは?

2015-07-16b

目とひとくちにいっても様々な部分があります。
その目の中、特にレンズの部分にあたる水晶体という部分が
白く濁ってしまうことから白内障という名前がつきました。

白内障になる人の多くは加齢によって引き起こされる場合が多く、
実際白内障患者の約7割が加齢によるものです。

もちろん加齢だけはなく、外傷であったり
アトピーであったりなどで引き起こされる場合もあります。

加齢による白内障の原因は、
水晶体にもともと含まれるたんぱく質が加齢によって白く濁ってしまうことが原因です。

発症する年齢は様々で40代で発症する人もいれば、
70代になってから発症するケースもあり個人差が大きいのも白内障の特徴とも言えます。

また、白内障になってから速いスピードで症状が進行することもあれば
遅いペースで進行する場合もあるため白内障かなと思ったら、すぐに眼科へ行くことが重要です。

白内障の症状とは?

では白内障の症状は一体どういうものなのでしょうか?
水晶体が濁ってくるため
急に目の前が白くなってしまうと思いがちですが、実はそうではないのです。

実は白内障の初期症状は、症状がないのが特徴とも言えます。
そのため白内障だと気づく人は少ないため、
進行しないとわからない厄介な病気でもあります。

白内障の症状が進行すると出てくる症状が、
目のかすみやぼやけて見える、光がまぶしいなどです。

最初は疲れ目かなと感じても次第に見えにくくなったり、
普段の生活でも太陽の光や車のライトがまぶしくなったりするので
生活にも支障が出てくるようになりますよ。

白内障にはアスタキサンチンが効果的?

白内障を予防するためには活性酸素を除去することが大切。

活性酸素は体内に害を及ぼすウイルスなどに対抗してくれる
大切なものでもありますが、活性酸素が多すぎると
体内を老化させてしまう原因ともなるだけではなく、
活性酸素によって水晶体のタンパク質がかたまってしまい
白内障を引き起こしてしまうのです。

その活性酸素を除去するのに効果が期待できるのがアスタキサンチンです。

アスタキサンチンとは、カロテノイドと呼ばれる色素のひとつで、
主に魚介類に多く含まれています。

アスタキサンチンには活性酸素を除去してくれる抗酸化作用があります。
その抗酸化作用は高く、抗酸化作用が高いといわれている
βカロテンやビタミンEやCをしのぐほどなのです。

そのためアスタキサンチンを摂取することが、
白内障に効果的だと考えられるのです。

アスタキサンチンが含まれる食品

魚介類に多く含まれているアスタキサンチンですが、
どんな食品に含まれているのでしょうか?

紅鮭
紅鮭の赤色がまさにアスタキサンチンの色です。
紅鮭はどんな料理でも食べやすいため
アスタキサンチンを摂取しやすい食べ物のひとつです。

いくら
いくらの赤色もアスタキサンチンです。
高級食品のため日常的に摂取するのは難しいかもしれませんが、
参考までに知識としてもっておくのがおすすめです。

おきあみ
おきあみにもアスタキサンチンが豊富に含まれています。
ふりかけや卵焼きなどにいれるとたくさん摂取することが出来るのでおすすめです。

金目鯛
金目鯛もきれいな赤色をしていますが、これもアスタキサンチンの色です。
金目鯛も高級食品のためなかなか口にすることが出来ませんが、
安く手に入る時などにはぜひ食べるようにして見てください。

海老・カニ
海老やカニの赤色もアスタキサンチン。
海老のしっぽなどにはカルシウムも含まれているので、
揚げた時には食べるようにするとより良いかもしれません。

食事から摂取するには、少しお高い食材ばかりなので
経済的に苦しい・・という場合はサプリメントでの摂取もオススメですよ。

まとめ

2015-07-16c

白内障は加齢によって引き起こされてしまう可能性があります。
目は生活にとって重要なものだからこそ、予防が大切。

白内障の原因ともなってしまう活性酸素を除去するために
抗酸化作用が強いアスタキサンチンを意識的に摂るようにしてください。