花粉症の人の中には、
果物を食べると口の中が痒くなる果物アレルギーの人が多いようです。

花粉症によって注意が必要な果物や野菜が違い、
ヒノキ花粉にアレルギーがある人が注意するのはトマト!

なぜヒノキ花粉で果物アレルギーが起こっちゃうのか
説明していきますので、花粉症の人は是非知っておいてください。

果物アレルギーって何?

2015-03-27-01b

果物を食べている時や食べた後に、口の中がイガイガしたり、
口の周りが痒くなったりした事はありませんか?

酷い時には口が腫れて、タラコ唇になってしまう事も(><)
これは、果物によって口腔アレルギーが起こっているんです。

口腔アレルギーっていうのは、口の中限定!・・・ではありません。
口の中だけで治まる事が多いんですが、やっぱり酷いと全身に症状は出てしまいます。

蕁麻疹が出たり、目が痒くなったり、また腹痛や下痢になってしまう事もあります。
一番危ないのは、アナフィラキシーショックを起こす事で、
呼吸困難を起こして救急車を呼ばなければいけなくなる事だってあるんですよ。

果物アレルギーと言いますが、果物だけなく生野菜ナッツ類でも起こります。
それにゴムの樹の樹液から作られる、
ラテックスゴムにも同じ様なアレルギーがあります。

アレルギーフリーなゴム手袋もあるので、
今までゴム手袋をしたいのに、アレルギー症状が出てつけられなかった!
という場合は是非使ってみてくださいね。

果物アレルギーと花粉症に関係はあるの?

果物アレルギーになっちゃう原因は、意外な所で花粉症と同じなんです。
花粉症を起こすアレルゲンであるたんぱく質と、
果物や生野菜などのたんぱく質の構造が共通している事が原因です。

だから果物アレルギーである人は、花粉症の人が多いんですね。
また花粉症の症状が重い人ほど、果物アレルギーの症状も重くなる傾向があるようです。

自分が何の花粉でアレルギーを起こしているかわかっていれば、
それと似たアレルゲンを持つ果物を食べなければ良いのですが
わかっていないと注意しないといけない果物もわからないって事です。

花粉症はスギ花粉ヒノキ花粉が有名ですが、他にも花粉症の原因になる木はあります。
スギ花粉やヒノキ花粉だけなら、ある一定の期間だけですが、
長くダラダラ続いていて酷ければ1年中花粉症という事もありますよね。

果物アレルギーの方が症状は重くなる事があるので、
自分のアレルゲンの元がわからない人は、アレルギーの検査をしてもらった方が無難です!

果物アレルギーを起こしやすい果物や野菜って?

具体的に果物アレルギーと花粉症の関係を書いていきますね。
一番多いのが北海道や東北にあるシラカバは、
【バラ科の果物(リンゴ・桃・梨・イチゴ・梅・さくらんぼなど)の他、キウイ・セロリ・くるみ】
などにアレルギーが出ます。

その他、4月から7月に多いカモガヤは【メロン・オレンジ・トマト・バナナ・セロリ】
8月から10月に多いブタクサは【スイカ・メロン・きゅうり・バナナ】
同じく8月から10月に多いヨモギは【リンゴ・キウイ・セロリ】
そして花粉症の人が一番多いとされる
スギとヒノキの花粉症の人は、トマトに注意なんです!

そう言えば、トマトを生で食べると、
口の中が痛い・・・って思ったりしませんでしたか?

この果物アレルギーは、生で果物や野菜を食べた時に出るんです。
煮たり焼いたり、また漬けたりすると、
たんぱく質が変化してアレルギーは起こらなくなるんですよ。

果物の場合、ジャムなどにする以外はほとんど生で食べるでしょうが、
野菜の場合は熱を加える事が多いので、サラダなどで食べられるものになるんです。

ですから、ヒノキ花粉症のトマトも生で食べた場合です。
煮込んで食べるようにすればOK!

ヒノキ花粉の人はトマトに注意しましょう

2015-03-27-01c

どうでしたか?
ヒノキ花粉にアレルギーがあれば、
トマトを食べて果物アレルギーが出るかもしれないってわかっていただけたでしょうか?

ヒノキ花粉やスギ花粉にアレルギーのある人は、
果物アレルギーはならないって書いてある事がありますが、
いえいえ、トマトでなっちゃう事があるので注意です!

トマト大好きなのに・・・なんて言っているかもしれませんが、
今まで気が付いていないなら、軽くて大丈夫なのかもしれません。

でも、これを見て「あぁ、だからトマトを食べたら口がおかしかったんだ!」
って思ったのなら注意が必要です。

ただ先ほど書いたように、これは生で食べた時の事。
熱を加えれば大丈夫なんです。

トマトは他の果物と違って料理法がたくさんありますよね♪
トマト大好きなヒノキ花粉症の人は、
ベイクドトマトや煮込み料理にしちゃいましょう。