寒さも和らいでくると、次に心配になるのが花粉症。

花粉症もちの人は、憂鬱でしょうがない時期でもありますよね。
そんな花粉症の人は、花粉症だけではなく
実は果物アレルギーである場合が多いようです。

花粉症によってアレルギーを起こす果物は違いますが、
ヒノキ花粉にアレルギーがある人が注意するべきなのはトマトなのです。

どうしてヒノキ花粉トマトがアレルギーになってしまうのか、
花粉症の人は必見です。

果物アレルギーとは?

2015-04-17-2b

果物アレルギーという言葉さえも聞いたことがない
という人もいるかと思います。

果物を食べている時または食べた後に、口の中がイガイガしたり、
口の周りが痒くなったりしたことってありませんか?

実はこれが果物によって起きている口腔アレルギーなのです。
ひどい場合には、唇が腫れてタラコ唇になってしまうこともあるぐらいなのです。

口腔アレルギーというのは必ずしも、口の中だけに出来るものではなく、
ひどくなると全身に症状が出てしまうこともあるものです。

蕁麻疹目のかゆみ腹痛下痢など
症状は様々ですが一番怖いのがアナフィラキシーショックです。

呼吸困難を起こしてしまうことにもなりかねませんので、
馬鹿に出来るものではないのです。

花粉症と果物アレルギーの関係性って?

花粉症の人が果物アレルギーであるというのは何か関係があるのでしょうか?

実は果物アレルギーの原因が、花粉症と同じだからなのです。
そもそも花粉症を起こすアレルゲンはタンパク質です。

そのタンパク質と果物のタンパク質の構造が共通しているのです。
だからこそ、花粉症の人が果物アレルギーであることが多いのですね。

花粉症の症状が重い人ほど、果物アレルギーの症状も重い場合があるので、
花粉症がつらいなと思っている人は注意しておく必要があります。

自分がどんな花粉のアレルギーなのかということが分かっているエバ、
それと似たアレルゲンを持つ果物を避ければいいですが、
わからない場合には果物を食べる際には注意が必要です。

ヒノキ花粉の人はトマトに注意!

それぞれの花粉症によってアレルギーが出る果物も変わってきます。
日本人で多いスギ花粉ヒノキ花粉の花粉症の人はトマトに注意です。

スギとヒノキのアレルゲンとトマトが非常に似ているので、
果物アレルギーを起こしてしまう可能性が高いのです。

スギ花粉またはヒノキ花粉で悩んでいる人、
生のトマトを食べた時に口の中がおかしい・・・
なんて感じたことはありませんか?

それはまさに果物アレルギーである口腔アレルギーの症状なんです。
ただ、この果物アレルギーは生で果物や野菜を食べた時に出るもの。

なので、煮る・焼く・炒める・漬けるなどすれば、
タンパク質が変化してアレルギーが起らなくなります。

トマトは体にいい栄養素をたっぷり含んでいるからこそ、
アレルギーだからといってあきらめるのではなく食べ方を工夫して食べてみてください。


参照:楽天市場

また、完熟トマトやフルーツトマトであれば生で食べても
アレルギー症状が出ないこともあるそうなので、
一口食べて、確かめてみましょう。

フルーツトマトのお求めはこちら

花粉症とアレルギーを起こしやすい果物

シラカバの花粉症
バラ科の果物である、リンゴ・もも・サクランボ・なし・イチゴ・梅などがアレルギーにあたります。
またキウイやニンジン、セロリやクルミにも気を付けましょう。

ブタクサの花粉症
この場合は、ウリ類のスイカ・メロン・きゅうり・バナナに気を付けるようにしましょう。

カモガヤの花粉症
カモガヤの場合は、メロン・オレンジ・トマト・バナナ・セロリ・ジャガイモに注意が必要です。

ヨモギの花粉症
リンゴ・キウイ・ニンジン・セロリがアレルギーを引き起こしてしまうので注意しましょう。

まとめ

2015-04-17-2c

花粉症と果物アレルギーの関係が分かれば、
もちろん果物アレルギーの予防をすることが出来ます。

先述した通り、アナフィラキシーショックを起こせば
大変なことになってしまうからこそ、こういった知識をもっておくことは大切なことです。

自分がどんな花粉症かわかっていない場合には、
花粉症を特定するようにすることが予防につながります。

また、例えばシラカバの花粉症を持っている人が、
バラ科の果物のどれかで口に違和感があった場合には
アレルギーである可能性が高いので、
他のバラ科の果物を食べるのは避けるようにするか
または加熱してから食べるなどして工夫することが大切ですよ。

アレルギーは最悪の場合、死を引き起こしてしまうこともあるものだからこそ
こういった知識を知っておくことが重要です。

家族などに花粉症がいる場合には注意してあげるようにしてくださいね。