胃腸炎と言っても幅広いですが、
その幅広さゆえ、幅広い年代が苦しむ病気です。
つまり、老人も赤ちゃんも平等にかかるということ。

赤ちゃんが胃腸炎になった時は、
ミルクを普通にあげても良いのでしょうか?

また、消化が悪いと言われるさくらんぼや、
消化が良さそうなおはどうでしょうか。

では、詳しくご説明します。

胃腸炎の症状や原因は

2016-10-09b

胃腸炎は、様々な原因によって
胃腸の粘膜が炎症を起こしてしまう病気全般のことを言います。

症状は、下痢、嘔吐、腹痛、発熱がメインですが、
重症になると、血便が出たり、
下痢と嘔吐のせいで脱水症状を起こしたりもします。

原因として多いのは、
化学物質によるものやストレス、細菌やウイルスなどです。

また、現代では少なくなりましたが、
寄生虫によっても引き起こされます。

大人の場合はストレス性の胃腸炎に苦しむ人が増えますが、
子供の場合は感染性のものが多くなります。

これは感染性胃腸炎の名で知られ、
ノロウイルスロタウイルスサルモネラ菌病原性大腸菌など、
色々な病原体が原因となります。

細菌性のものは抗生物質などで対処できますが、
ウイルス性の場合は特効薬が無いことがほとんどです。
そのため、完治までには水分や電解質を補給しながら、
自然治癒を待つことになります。

赤ちゃんの胃腸炎は、ミルクはどうすれば良い?

授乳期の赤ちゃんの胃腸炎は、何を与えれば良いのでしょうか。

結論から言うと、赤ちゃんが受け付けてくれるようなら
通常と同じ母乳やミルクを飲ませて大丈夫です。
ただ、飲ませる量と頻度に気を付ける必要があります。

なぜなら、一度に大量に飲ませると、
一気に吐き戻してしまう恐れがあるからです。
一回につき50mlくらいずつ、回数を増やして与えて下さい。

また、飲んでも下痢をするようなら、
ミルクを薄めに作って、同じく少しずつ飲ませましょう。

赤ちゃんが全くミルクを飲みたがらない場合は、
病院に連れて行ってください。
口からではなく、点滴などで水分と栄養を補給する必要があります。

胃腸炎の対処法はこちらもご参考に♪

さくらんぼはお腹が弱っている時はNG!

さくらんぼの真っ盛りの時期、
たくさんもらったからと食べ過ぎて下痢をした経験がある人も、少なくないでしょう。


私は山形のお土産にさくらんぼをもらい、
一人で全部食べましたが、大丈夫でした(゚O゚)
でも、なぜ下痢を引き起こしてしまうのでしょうか?

それは、さくらんぼに含まれる甘味成分ソルビトールのせい。
ソルビトールは、さくらんぼだけでなく
りんごやプラムなどにも含まれるほか、
お菓子やジュース類の甘味料としても使われています。

でも、さくらんぼを食べたとき以外には、
あまり下痢をしないという人も少なくありません。

これは、さくらんぼは甘さと酸味のバランスが良く、
たくさん食べ過ぎてしまうことや、
皮ごと食べる果物のせいで、
他の果物よりも消化が良くないということが原因として挙げられます。

今回の主題である胃腸炎の際には、
さくらんぼは控えた方が良さそうですね。

餅は消化が良い?悪い?

もち米を蒸してついたお餅は、胃腸炎の時に食べても良いのでしょうか。

こちらはさくらんぼとは違って、おすすめできます。
やはり、粒のままのお米と違って、
一度細かくペーストにしているようなものですから、
消化はご飯よりも良いからです。

蒸してついたお餅なんて
胃腸炎のときに用意できるはずはありません。

スーパーなどに売っているお餅でも大丈夫ですよ(*^^*)

ただ、焼いただけのお餅よりも、
お雑煮やお汁粉など、水分多めの食べ方にした方が、
更に消化が良くなります。

ちなみに、お汁粉にするなら、皮が残っているつぶあんよりも、
漉してなめらかにしたこしあんの方がお腹に優しいです。

胃腸炎を食事で対処するには

smiling mother and baby laying on meadow

最後に、胃腸炎の際の食事の注意点をお伝えします。

それは、下痢嘔吐が続いて、
食欲が無いうちは何も食べないようにすること。
そして、食べ始めは栄養価よりも消化の良さを重視すること。

人間は、水分と電解質さえちゃんと摂っていれば、
一日や二日絶食しても問題ありません。
そして、その後も、とりあえず消化が良く、
エネルギーになるものさえ摂れば回復できてしまうものなのです。

消化が良いものと言えば、主食ならお粥、
柔らかく煮たうどんやそうめん、
そして、先ほど出てきたお餅など。

おかずなら、豆腐類や白身魚、ささみ、卵のほか、
筋が少ない野菜を使ったものがおすすめです。

ここに、プロが教えるお腹に優しいあんかけうどんのレシピがあります。
しょうがは胃腸を整えますし、
とろみのついた汁は、口当たりが良くて胃にするする入ります。

具はここにあるものでなくても良く、
あるもの(消化の良いもの)を入れましょう。

今後、胃腸炎で食べるものに困ったら、作ってみて下さいね。