ジャックフルーツ
どんな果物かご存知ですか?
日本にいるとなかなか出会えない果物ですが、
スーパーフルーツとして注目を集めています!魅力満載の南国の果物ですよ。

ジャックフルーツの栄養、効能、食べ方まで解説します!

ジャックフルーツとは

ジャックフルーツは各国で様々な呼ばれ方をしています。
東南アジア、南アジア、アフリカなどで栽培されている、
暖かい地域ならではの果物です。

日本では沖縄県でも生産されていますが、流通量は多くないんです。
原産はインドやバングラデシュです。

バングラデシュでは『カタール』、インドでは『カタル』、
インドネシアやマレーシアでは『ナンカ』ベトナムでは『ミッ』などなど・・・。

ジャックのジャの字もありませんね!
これは英語での呼び方だそうです。

正式な和名は『波羅蜜(パラミツ)』と言い、
マレー語での呼び方をもじって『南果(ナンカ)』と呼ばれることもあります。

何しろ最初に見て驚くのは、その大きさではないでしょうか?
世界最大の果実とも言われているんです。
長さや形はまちまちですが、楕円形のものが多く、
その長さは50cm、幅は30cm、重さは30kg以上になることも珍しくありません。

現地で販売されるときは、
これが無造作に地面に転がっていて、
初めて目にすると、なんだかわからないくらいですよ。

あまりに大きいのと、カットが面倒なのもあり、
丸ごと販売されているというよりも、切り売りが主だそうです。

果実の表面は、全体がボコボコと細かい突起で覆われています。
ドリアンほどトゲトゲしてはいませんが、
大きさと合わせると、なかなか見た目にパンチがあります。

熟した果肉は、強い甘~い香りがします。
生で食べて美味しく感じるものは完熟したもので、
甘みのつく前のものは野菜のように扱われ、料理で使われています。


カレーの材料として、人気があるようですよ。

驚いたことに、この巨大な果実は木に実るんですよ。
木の幹から直接、巨大な実がなる光景はなかなか味のある光景とのこと。

現地に行く機会があったら、
顔よりも大きな果実とのツーショット・・・シャッターチャンス決定ですね!

ジャックフルーツの味と食べる時の注意点

日本にいると、フレッシュな状態のジャックフルーツには
そう出会えないものですよね。

旅行で行く予定で、そこで食べる!
と、あなたが意気込んでいるのなら、
現地の言葉で「完熟したジャックフルーツをください
という言葉をレクチャーしてもらうことをお勧めします!

未熟なものを生で食べると、
味がない、美味しくなかった、という感想を持ちかねません。

日本の人は特に、完熟中の完熟!という状態の
甘~いジャックフルーツを好む傾向があるようです。

香りはやはり、ドリアンを思わせるような香りもあるようなんですよね。

ただ、ドリアンほど強烈なものでもなく、
エキゾチックと言いますか、トロピカルと言いましょうか・・・

例えるなら、昔からあって最近復活した、フルーツミックスの板ガム!
あのガムのような、甘い香りが強いんですって。

食感はパイナップルのようなみずみずしい感じではなく、
どちらかというとバナナに近いようです。
粘り気もありつつ、もちもちで、グミを思わせる食感。
樹脂も果実に含まれているのだとか。

ジャックフルーツの種も美味と言います。
しっかり加熱すると、栗のような味がするとか。
でも現地の方には、お腹が張る、という理由で
あまり好まれていないそうです。

カットが面倒という話を先ほど少ししましたが、
樹脂というのか、果汁というのか、
手につくとものすごくベタベタして、水で洗っても落としにくいんですって。

どうやって落とすかというと、
サラダオイルとかココナッツオイルで洗って取るんだそうですよ!

南国の果物は不思議がいっぱいですね。

スーパーフードについてはこちらの記事もご参考に♪

ジャックフルーツの栄養価は?

スーパーフルーツとも言われているジャックフルーツですが、
一体どんな栄養が詰まった果物なのでしょうか。

スーパーフルーツと呼ばれる果物は、
あれこれ調べると、どれも抗酸化作用の高さが凄まじいですね。

ビタミン群が豊富で、免疫力を上げてくれるような果物・・・、
これにジャックフルーツも入ります。

ジャックフルーツの主力栄養素はこちらです!

βカロテン
動植物に多く含まれている色素の一つ。
体内にビタミンAに変わり、活性酸素を抑制します。
目の神経伝達物質にもなります!
ビタミンC
コラーゲンを合成する際に不可欠な栄養素。
抗酸化作用のあるビタミンEに再生する。
ペクチン
水溶性の食物繊維で、整腸作用がある。
血中コレステロールのLDLを下げる働きをするので、
心筋梗塞、動脈硬化、糖尿病の予防・改善に効果がある。

うーん、魅力的!
現在は沖縄県でも栽培されているのですが、
やはり生産数が少ないため、現地に行かなければ
完熟のジャックフルーツを食べられるチャンスは少ない・・・

ですが、まだ希望はあります!

料理用の加工品やチップスになったものだと、
インターネットなどで割と手軽に入手できますよ!

ジャックフルーツの食べ方で注意すべきこと

  • 一度に大量に食べないこと
  • 食べる分と同じくらいの水を飲むこと
  • 空腹時は避けること

これ、とっても大事です!

胃の中の水分を奪っていくんだそうです。
その上、胃酸の分泌を促すので、
上にあげた注意点を守らないと、ものすごい胃痛に襲われることになります。

加工したものは、生のものよりも胃痛を引き起こしにくいそうですが、
もしも、あなたの胃腸に不安があるのなら、心に留めておいてくださいね。

現地の人たちも、必ず水を飲みながら食べるそうですよ。

まとめ

数あるスーパーフルーツの中でも、
南国ならでは!という雰囲気たっぷりで、
いつもと違うフルーツで気分を変えたい時、テンションを上げたい時、
起爆剤のように摂れたら楽しくなりそう!と思いました。

いいお土産話にもなりそうですよね。
東南アジアなどに行く機会があれば、
ジャックフルーツが実っているところから
全部を堪能していただきたいと思います。