雀卵斑というと聞き慣れませんが、実はこれは誰でも知っているそばかすのこと。
若い頃はこのそばかすに悩んだという人も少なくありませんよね。

そんな雀卵斑の改善法にはどんなものがあるでしょうか。
食事、薬、生活習慣などなど、雀卵斑改善に良いとされているものたちについて調べてみました。

雀卵斑とは

雀卵斑とは、文字通り雀の卵を思わせるような斑点が浮かび上がることから付けられています。
なぜ雀卵斑が出てしまうのかというと、それは顔の色素細胞メラノサイトが活性化して色素を生み出すからです。

幼児期〜思春期に起こりやすく、
遺伝的要因紫外線からの影響が合わさって出るものと考えられています。
白色人種に多く見られ、黄色人種でも色白の人に好発する傾向があります。

新陳代謝が活発な子供に起きやすい皮膚症状のため、
紫外線が強い夏に出た雀卵斑は秋冬には薄くなるか消え、そしてまた夏にたくさん出るということを繰り返します。

特別な治療をしなくても大人になると消えることもありますが、
遺伝的要素が強い「生まれつき」のもののため、美白しても消えず、却って雀卵斑が目立ってしまうこともあるようです。

肝斑との違いは

同じく顔に出るシミの類に、「肝斑」というものがありますよね。
これは雀卵斑とは全く異なるもので、妊娠や出産、ピルの服用などによって
女性ホルモンが変化することによって起こると考えられています。

また、肝斑は一般的な老人性のシミとも異なり、お手入れ方法も同じというわけには行きません。
顔面への強い刺激は悪化につながるため、
シミ治療でよく用いられるレーザー美顔器を使ったお手入れでは逆効果になると言われています。

同じ色素沈着だからと、同じようなお手入れをしてはいけないということを覚えておきましょう。

食事で改善や予防をすることはできる?

大人になっても雀卵斑が消えない場合、お肌のターンオーバーがうまく行かず、
メラニンがお肌に留まっていることが考えられます。

そんな大人の雀卵斑の予防も改善も、紫外線対策が重要となります。
また、食べ物から摂る栄養で改善、そして予防をするのも効果的です。

摂りたい栄養素は、やはり美肌のビタミンであるビタミンA、C、E
ビタミンAは粘膜や皮膚を丈夫にし、雀卵斑ができにくいお肌を作ってくれます。
CとEは活性酸素を除去し、お肌を若返らせる効果があることはよく知られていますよね。

ビタミンAは緑黄色野菜やうなぎ、レバーなどの多く含まれ、ビタミンCは野菜や果物、
ビタミンEはアボカド、ナッツ類などに豊富に含まれています。

こちらのように、必要なビタミンが含まれた食材をスムージーにして飲むのが手軽でおすすめです。

ビタミンAやEは脂溶性のため一日の摂取量を満たしていれば
どのタイミングで摂っても問題ありませんが、
ビタミンCは水溶性のため、一度にたくさん摂っても吸収しきれなかった分は尿に溶けて流れ出てしまいます。

美肌のためには一日に1000mgの摂取が必要とも言われているので、
毎食ビタミンCを意識して、野菜や果物を中心とした食事を摂ると良いですね。

ビタミンについてはこちらの記事もご参考に!

漢方薬は効くの?薬局で手に入る漢方薬にはどんなものがある?

漢方で雀卵斑対策に効果的なのは、メラニンの排出を促す「ヨクイニン(ハトムギ)」、
シミ対策の塗り薬にも使われる「カンゾウ」などです。

これらの他にも、薬局で手に入るもので雀卵斑の改善をするならこちらの漢方薬がおすすめです。

当帰芍薬散という漢方薬は、血行を良くして体内の水の流れを改善する漢方薬。
血行不良によるターンオーバーの滞りや、色素が皮膚に留まることを防ぎます

また、清上防風湯は女性のホルモンバランスを整える漢方薬として有名ですが、
身体のほてりを取ることでメラニンの生成を抑えるので、雀卵斑の予防としても使われます。

以上の漢方薬は、雀卵斑そのものを消すというよりも、できにくい体質
治りやすい体質を作るためのもののため、元々の体質によってはあまり効果が見られないこともあります。

漢方を取り扱っている薬局で、薬剤師さんに相談すると良いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
雀卵斑、いわゆるそばかすの対処法を中心にお話ししました。
そばかすは子供の頃ならかわいいものですが、大人になっても残ると悩みの種になってしまいますよね。

大人のそばかすは、時間の経過によって
消したり薄くしたりすることはできないと考えた方が良いそうです。
それどころか、ただのそばかすだと思って放置していると、
そのままシミが広がって「老人性シミ」に進行してしまうということもあり得るのだとか。

そんなふうになる前に、栄養や漢方薬を上手に使って、
そばかすが目立たないうちになるべく解消してあげるようにしたいですよね。