アトピーでもアレルギーでもないのに、何かの拍子に出てしまう蕁麻疹
ブツブツ、ボコボコと赤く浮き出てしまって、痒いし見苦しいし。

そんな蕁麻疹が出たり治ったりを繰り返しているなら、
もしかしたら体内に毒素が溜まっているのかも。

それなら、体内の毒素をデトックスして、蕁麻疹改善をしてみましょう。

今回は、慢性蕁麻疹改善に効果的な、
自分でできる断食デトックスについてご紹介します。

蕁麻疹が出るしくみ

2015-05-19b

蕁麻疹は、薬や食べ物によるアレルギー性蕁麻疹
引っ掻きなどの摩擦や寒さによる物理性蕁麻疹
日に当てすぎると起こる日光蕁麻疹
ストレスや発汗によって起こるコリン性蕁麻疹などがあります。

蕁麻疹が皮膚に出てくるのは、原因は様々あれど、反応としては同じです。
皮膚近くにある「マスト細胞」という細胞が、
先ほど挙げた様々な原因により刺激を受け、ヒスタミンという成分を血中に放出します。

このヒスタミンが、血管を無理に拡張させて血液内の血漿を血管の外にしみ出させ、
その水分が皮膚下に溜まり、ぼこぼこと膨れ上がったように見えるのです。

このヒスタミンが厄介なもので、痒みを引き起こす作用もあるのです。
そのため、蕁麻疹はブツブツが出るだけでなく、耐え難い痒みまで引き起こすんですね。

蕁麻疹が起こりやすい体質

アトピー体質やアレルギー体質は、元々蕁麻疹を出す要因が多い体質ですが、
そうではないのに、軽い刺激でも蕁麻疹が出やすい状態というものもあります。

それが、慢性蕁麻疹です。
なぜ、軽い刺激でも蕁麻疹が出てしまうかと言うと、
体内に毒素が溜まっているためだと考えられます。

体内に蓄積された毒素は、通常は便や尿から排出されていきますが、
毒素の蓄積スピードが速すぎるとか、腸内環境の悪化などにより、
排泄では毒素の排出がしにくい場合、身体は自分の身を守るため、
尿や便以外から毒素の排出をしようとするのです。

身体にとって、便や尿の次に毒素を出しやすいのは、汗や皮脂です。
これらは皮膚から出ますよね。

しかし、汗や皮脂からも排出が間に合わないとなると、
皮膚近くにあるマスト細胞が刺激を受けやすくなり、
蕁麻疹が出やすい状態になってしまうのです。

このため、慢性蕁麻疹の改善には、薬で抑えたり、刺激を受けないようにするよりも
デトックスして体内の毒素を出す方が近道なのです。

有効なデトックスの方法は断食!

自宅でできるデトックスとなると、断食が一番手軽で効果が高いです。

断食と言っても、何も口にしないわけではありません。
固形物を断ち、腸内を休ませ、
毒素を分解して排出しやすくするのが目的ですから、
お茶や野菜ジュースなどは飲んでも良いです。

断食中のおすすめ飲料は、リンゴ、人参に
レモン汁を加えた100%ミックスジュースです。

リンゴと人参のジュースは排泄作用を高め、
レモン汁によって成分の酸化を防ぎます。

他にも、生の野菜や果物を組み合わせて、
自分好みのジュースを見つけてみましょう。

まだ断食に慣れていない人は、週末を利用してできる、
2〜3日コースが良いでしょう。

この期間中に、先ほどのミックスジュースや
ノンカフェインのお茶などしか摂らないようにします。

ジュース断食用のセットもあるので初めて挑戦する場合には
こちらを使用するのが良いと思います。

断食をすると、固形物を食べていないのに便がたくさん出て、
腸が健康になった実感を得られます。

そして、その便と一緒に毒素が排出されるので、
身体が軽くなり、蕁麻疹も出にくくなってくるはずです。

そして、断食後は、お粥などで身体を慣らしたのち、
また毒素を溜めやすい身体に戻らないように、
暴飲暴食をしないように気を付けた生活をすると良いです。

まとめ

2015-05-19c

慢性蕁麻疹に悩むあなたに教えたい、蕁麻疹と毒素の関係と、
断食によるデトックス方法をご説明しました。

蕁麻疹が出たら、まず皮膚科へ行くと思いますが、
表面上だけ薬で抑えても、毒素が溜まった状態ではまた再発してしまいます。

だから、出たり引っ込んだりを繰り返す慢性蕁麻疹を、
根本から改善してやりたいものですよね。

そんな時に有効な断食によるデトックスは、
特別な道具や材料を用意することなく実行できます。

しかも、蕁麻疹改善以外にもダイエット、
消化機能の回復などもできる優れた方法ですから、一度試してみない手は無いですね!

病院に行っても蕁麻疹が良くならないと苦しんでいるなら、
是非、断食によるデトックスを実行してみて下さいね。