明治乳業が発売しているヨーグルト「LG21」は、
胃潰瘍の原因とされる「ピロリ菌」に効果があるヨーグルトとして発売されましたが、
近年は「花粉症」に効果がある事でも注目されています。

何故、ヨーグルト「LG21]が花粉症に効果があるのかを、説明していきます。

花粉の 80%は腸から体内に吸収される?

f6ZM2KpEbfvKKpOYLxCBh85pk5atJFge

花粉は鼻から吸い込んだ後に、胃から腸へと移動して、最終的に腸で体内に吸収されます。

何故、腸からなのかと云うと、飲食物を始め、
殆どの物質が腸内の細菌により分解されて、腸から吸収されているからです。

花粉も、例外ではなく腸から吸収されて体内に取り込まれます。
ですが、本来アレルゲン(アレルギー物質)は、人にとって有害な物質です。

腸内環境が整っていれば、本来異物として腸内の善玉菌に攻撃されて、排除されます。

つまり、花粉症が発症するほどに花粉が体内に吸収されていると云う事は、
防御反応が行えない程腸内環境が悪化していると考えられます。

腸内環境を整える方法

悪い腸内環境を改善するのに一番良い方法は、腸内で活躍する善玉菌を多く腸に送る事です。

代表的な善玉菌として、ヨーグルトに多く含まれている乳酸菌があります。


安価で手に入り易い食材で、ヨーグルトは腸内環境の改善には
うってつけの食材なのですが、困ったことに乳酸菌の多くは酸に弱く経口で摂取しても、
腸に辿り着く前に胃の胃酸にやられてしまい、腸に生きて届く事が出来ません。
しかし、胃潰瘍の原因のピロリ菌に対抗するための乳酸菌「LG21乳酸菌」は、
本来胃の内部で活動する事が前提なので、
胃酸に強く胃の中で死ぬことなく腸に辿り着く事が出来ます。

このように、腸まで無事に辿り着く事が出来る乳酸菌を多く摂取して、
腸内の環境を良くする働きのある善玉菌を外部から取り込むことが、
腸内環境の改善につながります。

腸内環境を改善するとアレルギーも改善される花粉だけでなく、
様々なアレルギーにもそれぞれにアレルゲン(アレルギー物質)があります。

これらの、アレルゲンもやはり腸内から体内に取り込まれます。

腸内環境を改善することで、アレルゲンを善玉菌が異物として攻撃することで、
体内に吸収されるアレルゲンが減少します。

また、体質と腸内環境は密接な関係にある為、腸内環境が改善される事で、
体質も改善されます。

現在では、アレルギー患者の多くが単体ではなく複数のアレルギーを抱えていることから、
体質を改善して、アレルギー自体を失くしていく事は、大きな課題となっています。

ヨーグルトの効果的な食べ方と間違った食べ方とは?

2015-03-03-01c

効果的な食べ方としては、症状が出始める前から食べる必要があります。

なぜなら、腸内環境を整える為には、早くても4週間~6 週間は掛かるとされているからです。つまり、症状が出始めてからでは遅いと云う訳です。

では、今年は間に合わないのかと云えば、
現在立ている症状が改善される事はあまり期待できません。
が、腸内環境が整った後は改善されます。

また、きちんとした効果は半年くらい継続して摂取する必要があります。
花粉は夏が過ぎて、秋口から飛沫し始めますし、
花粉以外のアレルギーにも効果が期待できます。

花粉以外にも、実はアレルゲンがあるかも知れませんし、
今から体質完全の為に継続して摂取することをお勧めします。

なお、乳酸菌は白砂糖に弱く、白砂糖を入れるとどんな乳酸菌も弱ってしまいますので、
腸まで届かない可能性が高くなります。

よって、甘味の為に白砂糖の使用はしないで下さい。

ヨーグルトにジャムを良く掛けますが、ジャムは果実に白砂糖を加えて煮たものですので、
乳酸菌には良くありませんから、使わないようにしてください。
甘味を加えたい場合は、はちみつ生の果実等を使うといいです。