春先になると、花粉症の人はつらい時期だな、と感じますよね。
日本では花粉症の人が多く、特に花粉の時期にはマスクをしている人が目立ちます。

ただでさえつらい花粉症なのに、
花粉症の人が果物のアレルギーを引き起こす可能性があるんです。

でも花粉と果物にどんなつながりがあるのでしょうか?
花粉症と果物アレルギーの関係についてご紹介していきます。

果物アレルギーとは?

2015-09-14b

でも果物アレルギーってどういうものなのでしょうか?
果物アレルギーは、口腔アレルギー症候群とも呼ばれています。

食べ物を食べた時に起るアレルギーと同じで、
果物にアレルゲンがある人は果物を食べた時に、
口の中または唇に違和感があったり、しびれたりなどが代表的な症状です。

症状が重たくなると、顔が腫れたり、呼吸困難になったりすることもあります。
果物アレルギーの場合、アレルゲンのある果物を口にした時
大体15分以内のそういった症状が出てきます。

また、花粉症に似たようなくしゃみや鼻づまりなどの症状がでることもあります。
もちろんアレルギーのため、ひどい場合には
アナフィラキシーショックも起きてしまうので、
果物にアレルギーがある場合には注意が必要です。

花粉症の人に果物アレルギーが多い?

よく言われるのが、花粉症の人が
果物アレルギーであることが多いということです。
花粉症と果物アレルギーの関係は一体どういうものなのでしょうか?

これは花粉症が起きる仕組みと
果物アレルギーが起きる仕組みに答えがあります。

花粉症の原因は、タンパク質です。
つまりアレルゲンですね。

このアレルゲンの構造が、
果物アレルギーの原因の構造と非常によく似ているために、
花粉症の人は果物アレルギーを引き起こすことが多いのです。

特に、シラカバの花粉で花粉症の症状が出る人は果物アレルギーになりやすいです。

どんな果物でアレルギーが出ることが多いの?

実はどんな果物でも果物アレルギーが出るわけではなく、
アレルギーが出る果物があるのでそれを知っておくと、
アレルギーを回避できるかもしれません。

アレルギーが起きやすい果物は、メロンやリンゴ・イチゴ・オレンジ・キウイ
サクランボ・スイカ・ナシ・バナナ・モモ・ウメ・パパイヤ・パイナップル・レモン・グレープフルーツです。

また、果物だけではなく、トマトやキュウリ、ジャガイモやニンジンなどの野菜でも
果物アレルギーが起きてしまうことがあるので、
特に花粉症持ちの人は、こういったものを大量に食べずに
アレルギー反応が出ないかどうか確認してから食べるようにしてください。

果物アレルギーはどうやってビタミンをとる?

果物や一部の野菜を食べられない果物アレルギー。
でも、果物にはたくさんのビタミン類が多く含まれています。

そういったビタミン類を果物以外で摂取するには
どういったものを食べればいいのでしょうか?

ビタミンA

肌を正常に保つためにも欠かせないビタミンAは、
鶏のレバーやたまごに含まれています。
レバーが苦手という人は多いですが、たまごなら気軽に食べられますよね。

ビタミンB1

疲労回復のビタミンとしても有名なビタミンB1は、
豚肉やおそばに含まれています。
豚肉は部位によって脂質が多くなりすぎてしまうので、
赤身を意識して食べるようにしましょう。

ビタミンB2

ビタミンB2は、成長に欠かせないビタミンです。
肌だけではなく髪や爪の再生に大切な栄養素なのです。
ビタミンB2は、豚のレバーやさばに含まれています。

ビタミンB6

ビタミンB6は人の代謝に欠かせない成分です。
果物以外だと、まぐろに代表されます。
まぐろも赤身に多く含まれているので、赤身を積極的に食べるようにしましょう。

ビタミンC

特にフルーツに多く含まれているビタミンCは、
じゃがいもにも多く含まれるといわれていますが、
じゃがいもも果物アレルギーを引き起こす可能性のある野菜だからこそ避けたいものです。

アレルギーを引き起こさないものだと、めんたいこやのりなどに含まれています。

ただそこまで含有量が多くないので、ビタミンCはサプリメントなどで摂るようにする方が
効率的かもしれないです。

まとめ

2015-09-14c

花粉症である人は、「もしかしたら果物アレルギーかも」と
いつでも疑っておくようにしましょう。

というのも、やはりアレルギーなので
アナフィラキシーショックを起こしてしまったら命に関わる問題です。

自分は違うだろう、と思ったとしても花粉症である場合には
十分に注意するようにしてみてくださいね。

また、果物アレルギーの場合
果物から体に必要なビタミンがとれないことがあります。

ですがビタミン不足は体に様々な悪影響を引き起こしかねないので、
他の食べ物からビタミンをしっかり摂取するように心がけてくださいね。