花粉症は原因によって
季節を問わずに症状が出てきて困りますね。

長く付き合うので改善する何か方法がないのでしょうか?
ヴィーガンが良いとか
体質改善が良いとか
聞きますが効果はあるのでしょうか?

アレルギーというのもあるようです。
対処法や予防法を考えてみましょう!

花粉症の種類

2016-11-18b

花粉症は一つの原因でなるのではなく、
一人の人が数種類の花粉のアレルギーであることが多くあります。

よく耳にするスギ花粉だけではなく
50種類以上の種類があると言われています。

樹木草花の2種類に大きく分けられ、
花粉の飛散距離は樹木のほうが草花より遠くまで飛散し、
樹木は春・イネ科は夏・キク科は秋と時期が異なって発症します。

他にもマツ属、ケヤキやいちょう、ブナ科、ネズなど。
スギ花粉は2月頃〜5月と思われていますが、
11月〜12月にも若干ですが飛散しています。

秋だからキク科のブタクサかと思っていたら
スギだったということもあるので
自分のアレルゲンを病院で調べておけば対策に役立ちますね。


https://twitter.com/sacsesv12kz/status/788330351571546112
季節を問わず突然発症する花粉症は本当に困ります…。

風邪と花粉症の違いと見分け方

花粉症は去年まで大丈夫だったのに
突然症状することがあります!

そして、一つの花粉ではなく他の花粉にも反応して
風邪かな?と思って対処が遅れることもあるので
違いを知っていると見分けがつくかもしれません。

花粉症はいつまでもサラサラの透明か透明に近い鼻水が出て
両方詰まってしまうことも多いですが、
風邪は始めはサラサラ透明でも、
だんだんとネバネバした色のついた鼻水になってきます。

ですが、鼻の合併症を起こさなければ
両方の鼻が詰まってしまうことはありません。

花粉症の特徴の一つであるくしゃみ
風邪では出ても連続して酷くはなりません。

目のかゆみは花粉症の症状です。
発熱は風邪の特徴で花粉症の場合は出ても微熱程度です。

症状が1週間程度で治まる風邪に対して
花粉症は花粉が飛んでいる時期は数ヶ月症状が出ます。

軽い風邪かな?と思うような鼻水が出た時には
熱など他の症状がなければ花粉症かもしれないので
耳鼻科で相談すれば、ハッキリとした原因がわかるかもしれません。

ヴィーガンとは?

ヴィーガンとは絶対菜食主義者のことを言います。
ベジタリアンと同じと思うかもしれませんが
ベジタリアンは健康志向の菜食主義で肉や魚を食べないだけですが、
ヴィーガンは動物愛護の精神から卵・蜂蜜・乳製品・ゼラチンなども食べません

着るものや生活全てを動物性の物を使わない生活をします。

花粉症はアレルギー症状なので
免疫力を高めることで症状が出なくなることもあります。

ヴィーガンの食事で玄米雑穀を食べることで
免疫力を高める効果があります。

花粉性は花粉が体に入り、
体内で抗体の免疫グロブリンタンパク質(IgE)を作り
体の中で反応して症状を起こしています。

動物性食材を食べずに
野菜や穀物だけの生活にすればIgE抗体を減らすことができます。

しかし、行き過ぎた食事制限によって
体を作るバランスが崩れることで他の病気には弱くなる場合もあります。

健康的に暮らせる程度で
ヴィーガンを食生活に取り入れて改善することで症状を減らせることもあるようです。

花粉症については、こちらの記事でも詳しく説明しています。

体質改善で花粉症を改善?

花粉症に一度なるとなかなか治ることがなく、
花粉が体に入ることで増々抗体が付いている肥満細胞が増殖し続けます。

花粉症になるには遺伝や体質、環境が問題にされますが、
今の状態を変えることはなかなかできません。

そこで体質改善をすることで
症状がなくなることもあるそうです。
東洋医学の漢方を使う方法や
ヨーグルトなどの乳酸菌で免疫力を高めるなどいろいろな方法があります。

睡眠を十分に取って
バランスの良い野菜を中心とした食事をして
ストレスをなくすことができればいいのですが、簡単にはできませんよね。

自分が今している悪い習慣
食べ過ぎを防ぎ続けられる方法で免疫力を上げれば
体質が改善され症状も改善されるようです。

体質改善はこちらの記事もご参考に♪

栗アレルギーとは?

花粉症の原因でブナ科に反応する場合、
栗の花粉にも反応しますが、
を食べてもフードアレルギーの反応を起こすことがあります。

原因物質とは違っても
その関連でアレルギーを起こすことがあります。
栗はナッツ類なので他のナッツを食べるときにも注意が必要です。

花粉症の対処法・予防法

花粉症は原因になる物を
吸い込まない触らないのが一番の予防ですが、
生活の中でそこまではできないので
マスクをしたり花粉がついているものを家の中に持ち込まないなどの対処をします。

このような花粉やアレルギー物質のブロック率が高いマスクを選ぶと良いですよ。
毎日清潔なマスクをつけられるように
たくさん入った物を使用しましょう。

アレルギーの原因がわかっている場合には
その時期よりも早くから病院で薬を飲み始めるようにすると
楽になると言われていますが、
日頃から免疫力を高める生活を心掛けることでも予防になります。

花粉症の予防はこちらの動画も参考にしてみてくださいね。

まとめ

花粉症になったら早めに何が原因か
病院で調べることが一番の予防になります。

マスクなどで対処をしてもつらい場合は
お医者さんに診てもらってくださいね。

自分に合った方法で少しでも改善されるようにしていきましょう(*^^*)