皆さんは、寒暖差からアレルギー反応を起こしてしまうということをご存知でしたか?

特に花粉の季節でも何でもないのに、なぜかくしゃみが止まらない…
それ、寒暖差アレルギーかもしれませんよ!

このアレルギー、実は漢方薬で症状を和らげることができるかもしれないんです。
化学薬品が含まれていない漢方薬で治すことが出来るなら、
身体への負担も少ないですしぜひ試してみたいと思いませんか?

アレルゲンが存在しない「寒暖差アレルギー」。

聞いたことありますか?

寒暖差アレルギーは、その名の通り「寒さ」と「暖かさ」の温度差によって
アレルギー反応を起こしてしまうというもの。

花粉の時期でもないのに花粉症のような症状が出たりします。

花粉症などのアレルギーとの根本的な違いは、
アレルギーのもととなる物質、「アレルゲン」が存在しないことなんです。
これ、実は自律神経の反応によるものなんです。

本来、人間の体の血管というものは寒い時「収縮」し、
暖かい時「広がる」という性質を持っています。
寒暖の差が大きくなってくると、血管の伸縮が間に合わなくなり
その結果自律神経が乱れてしまいます。

症状は鼻水などのアレルギー症状だけでなく、
自律神経の乱れからくる疲れ・イライラなどの症状が出ることもあります。

どうやって対処しよう…

もし、気温差によって上のような反応が出てしまったら
自分自身でどんな対処をすればよいのでしょうか。

仕組みは簡単です。
寒暖差によるアレルギーですから、その寒暖差をできるだけなくすことです。

寒暖差アレルギーの人の身体が対応できる温度差は「7度」と言われています。
なのでその範囲で治まるよう、部屋の環境を整えたり
外出時は服の着脱が出来るような服装で出かけるようにしましょう。


また、適度な運動も大切になってきます。
運動をし、筋肉を付けることによって体の発熱機能が高まります。
そうすることで症状が改善されるというケースもあるんですよ。


逆に運動不足だと寒暖差アレルギーになりやすいという話もあります。

アレルゲンが存在しないので、
花粉症のように市販の薬がないのが難点ではありますが、
寒暖差をなくせば症状も和らぐという単純な構造というのがわかりやすいですよね。

漢方薬に頼ってみましょう!

市販の薬がないのなら1度「漢方薬」を試してみるのも手です。
ここでは、寒暖差アレルギーにおすすめの漢方薬を紹介します!

イスクラの「衛益顆粒(えいえきかりゅう)」

衛益顆粒は、肺の気や脾の気を補い、
衛気(バリア力)を強化してくれる漢方薬です。

バリア力を高める黄耆、脾を丈夫にする白朮という成分、
外邪を発散させる防風という成分が、
3:1:1という非常に良いバランスで含まれているのがポイントです!


イスクラの「双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)」

この漢方薬は、動物性の生薬、
植物性の生薬の両方が含まれていて身体の免疫力を高めてくれるもの。
免疫力を高め、アレルギーから身を守るのに最適です。

どちらも寒暖差アレルギー以外にも様々な疾患に効果があるので
健康のために飲む人も多いんですよ。

これらの漢方薬はネットなどではなかなか購入できないようなので、
漢方屋さんや、漢方の取り扱いがある病院などで相談してみてくださいね。

「寒暖差アレルギー」に効果のある食事って・・・?

では、最後に寒暖差アレルギーの予防になったり
症状を緩和させる食べ物を紹介しますね。
日常的に意識して摂るようにできると良いですよね。

肺の乾燥による水分不足には枇杷の葉や大根、みかんが良いでしょう。
肺の機能の向上には紫蘇、いちじく、ハマグリ。
腎の機能を向上させるために山芋、
黒豆、黒米、黒ごま、きくらげなどが効果的です。

これは症状を完璧に治すものではありませんが、
肺の機能を高めたりすることによって症状の緩和には大いにつながるものです。

こうしてみると、私たちの身近にある食材ばかりですよね。
調理法などに工夫して、様々な方法で摂取してみましょう!

食事は喉を傷つけない為にも、
できるだけ温かいものを、ゆっくり摂るようにしてくださいね。

まとめ

2016-03-29c

いかがでしたか?
原因がはっきりしていて、仕組みが簡単な分治す方法も単純ですが
市販薬がないのが難点な「寒暖差アレルギー」。

市販薬がない変わりに漢方薬で症状を和らげることが出来たり
免疫力を高める食事を摂ることでラクになることもあります。

特に季節の変わり目など、1日の気温差が激しい時期は
気温差をうまく調節して予防してみてくださいね。

また、先ほど言ったような方法以外にも
・きつい衣服や靴を身につけない
・マスクをして外気との寒暖差を最小限に!
・40℃前後のお湯でじっくりと身体を温める
など、工夫できることがたくさんありますよ。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

マスクは薄手のサージカルマスクより
こういった厚手の布マスクの方が暖かさを保ってくれそうですね。
モイスチャーマスクのお求めはこちら

特に運動が大切とのことなので、
ヨガなど、筋肉がついてじんわりと身体を温めることのできる運動に挑戦してみてくださいね。