春や夏、暖かい時期になってくると手足に小さな水ぶくれができ、
強いかゆみを感じたことはありませんか?

かゆみを伴う水ぶれというと水虫が疑われがちですが、実は汗疱かもしれません。
見た目もかゆみも不快な汗疱ですが、食事である程度は予防できてしまうのです。

ここでは汗疱(かんぽう)と水虫の違い、
そして汗疱によく効くという食事での予防法について説明していきます。

汗疱と水虫の違い

2016-09-12b

水虫は、菌が皮膚に寄生して発症する感染症です。
それに対して汗疱は、水虫と違い、汗が原因と言われています。

そのため、水虫の原因となる菌に感染していなくても、
手のひらや足の裏に汗のかきやすい人がなりやすく
また、そうでない人も夏などの気温の高い時期になるとなってしまう場合があります。

原因は違えど、水虫と汗疱は非常に症状や見た目が似ているため、
その区別は専門家でないと難しいものとなっています。
水虫や汗疱と思われる水疱が発生してしまったら、
まずは自分で判断せず皮膚科へ行き、専門家に指示を仰ぎましょう。

汗疱の悪化に注意!汗疱状湿疹とは?

先ほど、汗疱の原因は汗であると説明しましたが、
水泡ができてしまう理由は実は明らかになっていません。
現時点では、汗の出口が狭く、
皮膚の内部に汗が溜まってしまうことが原因だという説が有力なようです。

この汗疱の水疱が破裂してしまうと、
強いかゆみや痛みを伴う汗疱状湿疹となり、
赤くただれてしまったりと重症化してしまいます。

汗疱汗疱状湿疹へとなってしまう原因もまだ判明していませんが、
汗の中に含まれていたアレルギーの原因となる物質が周囲の皮膚に影響を及ぼしているためと考えられています。

汗疱の予防方法

汗疱になってしまう前に、
また、以前になってしまった人でも日常生活で予防することが可能です。
むしろ汗疱の予防には汗疱のできにくい体づくりが大切ともいわれています。

まず、汗疱の原因はですから、
汗をかいたら小まめにふき取ることが効果的です。
汗をかきやすい季節には、できる限り手洗いを行いましょう。

足は蒸れないように注意し、
足に汗をかいてしまったらすぐに乾かすことや靴下を履きかえるようにしましょう。

また、汗疱状湿疹の原因はアレルギーである説が有力と書きましたが、
このアレルギーを原因とする皮膚疾患にはαリノレン酸が非常に効果的です。

このαリノレン酸は体内で作ることができない脂肪酸ですが、
えごま油から摂取することができ、汗疱への効果も期待されています。
食事から汗疱が予防できるのであればぜひとも取り入れていきたいですね。

えごま油の簡単な摂取方法

それでは、えごま油を簡単に摂取する方法をご説明します。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

テレビなどで話題になったことから、手に入りやすくなりましたね。

摂取方法は1日大さじ2杯、そのまま飲むこと!

αリノレン酸は熱に非常に弱く、
加熱すると酸化して効果がなくなってしまいます。
ですから生のままで摂取することが大切です。

もちろん、加熱しなければそのままサラダなどにかけて食べても良いです。
ただし、やはり酸化しやすいものですので、
できるだけ長時間空気にはさらさず、食べる直前にサラダにかけるようにしましょう。

飲み物に混ぜて飲んでいるという人も多いようですよ。

αリノレン酸を多く含む食品

αリノレン酸を多く含む食品としてえごま油をご紹介しましたが、
普段から自宅にえごま油が置いてある!という人は少ないかと思います。

同じ健康オイルとして、オリーブオイルココナッツオイルが有名で
えごま油に比べて馴染み深いかと思いますが、代用は可能でしょうか。

実はαリノレン酸はオリーブオイルにも含まれていますが、
えごま油に比べるととても少ないです。
また、ココナッツオイルにはαリノレン酸は一切含まれておりません

ですから、汗疱に効くαリノレン酸を摂取するにはえごま油が1番効果的です。

汗疱だけじゃない!えごま油は痛風や認知症にも効果あり

2016-09-12c

汗疱に効果抜群のえごま油ですが、
αリノレン酸は体内のプリン体を排出する働きがあるため、
プリン体が原因で発症する痛風にも効果があります。

また、脳細胞の劣化を防ぐため認知症の予防にも役立ちます。
他にもアンチエイジングやダイエット効果、血中コレステロールの減少が期待されています。

汗疱の予防にえごま油を積極的に摂取し、健康な生活も手に入れましょう。