身体に良いって言われるヨーグルトの中でも、
カスピ海ヨーグルトの健康効果って凄いんです。

そしてその健康効果は、カスピ海ヨーグルトの粘りにあったんですよ。
知ってましたか?

カスピ海ヨーグルト独特の粘りについて詳しくご紹介していきますので、
その健康効果の秘密を是非知ってくださいね。

カスピ海ヨーグルトについておさらい

2015-04-29-1b

カスピ海ヨーグルトって、ちょっと前までは、
誰かから種となるヨーグルトを分けてもらわないと出来なかったんですが、
最近はスーパーでも見かけますよね。

手軽にカスピ海ヨーグルトを食べる事ができるようになった訳です♪

カスピ海ヨーグルトが日本に持ち込まれたのは、1986年です。
日本人の大学教授が、ヨーロッパ東部にある、
コーカサス地方のグルジアという国で食べられている食品を、
サンプルとして持ち帰ったのが始まりです。

この地方では100歳を超える人がたくさんいて、
長寿の国と呼ばれているようです。

長寿の秘密はワインとこのカスピ海ヨーグルトの元になる
マツォーニと呼ばれるヨーグルトだって言われているんです。

カスピ海ヨーグルトは、低温で発酵するので、
家庭でも作れる所が魅力ですよね。種菌だって売ってます。

できたヨーグルトを種として、またヨーグルトを作る事だってできます。
ただ、作る時の温度や保管の仕方など、
雑菌などが繁殖しないように注意は必要ですよ。

カスピ海ヨーグルトの粘りって?

カスピ海ヨーグルトは、とろ~っとした粘り気が特徴ですよね。
このとろ~っと感が好きな方は、多いのではないでしょうか。

またこの粘りのおかげで、お年寄りなど嚥下(えんげ)機能が落ちている人でも、
食事をする時、誤嚥(ごえん)しないで食べる事ができます。

家で作る時に、乳固形分の多い牛乳を使ってみてください。
強く粘るヨーグルトができちゃいますよ。

カスピ海ヨーグルトの菌はクレモリス菌FC株というもので、
胃液では消化されず、生きたまま腸に届くプロバイオティクスです。

このクレモリス菌FC株は、他のヨーグルトにはない
EPSという粘りの成分を作りだしています。

そして今このEPSが注目されているんです。

EPSというのはエキソポリサッカライドという、
糖が繰り返し結合した高分子の多糖類です。

このEPSもクレモリス菌と同じ様に胃液では消化される事がなく、
腸まで届くとされています。

そしてこのEPSのおかげでいろんな健康効果が期待されているんです。

カスピ海ヨーグルトの健康効果は?

カスピ海ヨーグルトの健康効果は、アレルギーへの効果・整腸効果・美肌効果
免疫の調整効果・生活習慣病への効果などがあり、EPSによる効果が、ほとんどを占めているんです。

美肌効果については、皮膚の血液の量や水分を保つ働きなどの肌の機能が
ストレスで低下してしまってもEPSが改善してくれるんです。

また生活習慣病への効果は、EPSが食物繊維の様な働きをして、
食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれるんです。

これは、粘りのないカスピ海ヨーグルトでは、効果がなかったとされています。

またアレルギーへの効果や整腸作用、免疫の調整効果などは、
2013年に研究結果が発表されました。

それによると、アトピー性の皮膚炎のモデルマウスに
カスピ海ヨーグルトのEPSを投与すると、皮膚の炎症や肥厚化が抑えられたそうです。

それにEPSを与えたマウスの腸内細菌を調べたら善玉菌が多くなっていた事から
腸内環境を良くする事もわかりました。

また小腸にあるバイエル板という免疫組織にEPSを投与したら、
免疫の活性化が確認されたようです。

健康効果はEPSのおかげ!

2015-04-29-1c

いかがでしたか?
カスピ海ヨーグルトの健康効果や、粘りの元のEPSが
その健康効果の秘密だったってわかって頂けたでしょうか?

カスピ海ヨーグルトの粘りは他のヨーグルトには無いものです。
最近ギリシャヨーグルトが、もっちりした粘りがあるとされて人気のようですが、
この粘りは水分を少なくしている為であって、カスピ海ヨーグルトのようなEPSの粘りではありません。

いろんなヨーグルトが出ていていますが、
含まれる菌によって健康効果も違ってきます。

自分に合うヨーグルトを見つけて、食べるのがいいでしょうが、
自分で作れて、健康効果も大きいカスピ海ヨーグルトも試してみてはいかがでしょうか。

ただ、種菌を分けてもらって増えていったカスピ海ヨーグルトですが、
他の人がどんな方法で作っているかわからない時は、雑菌の繁殖などちょっと怖いかもしれません。

お通じが良くなったのが、EPSではなく雑菌・・・
だったら困るのでもらうのは控えた方が無難ですね。

市販で種菌を手に入れることができるので、
そういったものを使えば安心ですね。