高い健康効果と豊富な栄養素が注目を集めつつあるバナナに
ついての知識を深めよう!

バナナを食べることによって、どのような健康効果を得ることが
出来るのかを正しく知ることが大切。

バナナに含まれる果糖にはどのような力が秘められているのか?
バナナを食べる最適なタイミングや時間帯についても正しく把握しよう!

バナナの素晴らしい魅力とは?

2015-03-14-01b

私たちは普段の生活で野菜やフルーツを頻繁に食べますが、
中でも「バナナ」を日常的に食べる人は数多く居ます。

日本で食べられているバナナは東南アジアで採れたものを
輸入している場合がほとんどですが、最近では国内で
栽培する農家が出てくるほど日本人にとって
馴染みの深いフルーツとなっています。

また昔に比べて価格も安くなり、手軽に購入しやすい
という部分も特徴です。

バナナの効果と栄養について

バナナには果糖と呼ばれる糖分がたっぷりと含まれており、
この果糖によって食べたときにバナナ特有のねっとりとした
甘さを感じることが出来るのです。

果糖はその名のとおり「果実に含まれる糖質」ですので、
過剰に摂取すると肥満の原因となったり糖尿病を誘発する
恐れがあるので注意が必要です。

しかし、果糖は適度に摂取することで「身体の新陳代謝」を高めたり、
脂肪燃焼効果を促進するなどのダイエット効果が期待できます。

そのため、最近では「朝バナナダイエット」と呼ばれる
ダイエット法が出てくるほど、バナナに含まれる果糖のパワーに
注目が集まっているのです。

また消化も良く、エネルギーとして効率よく使われるので
スポーツ選手などにも好まれています。

バナナを食べる事で得られる効能とは?

2015-03-14-01c

私たちは普段、バナナをそのまま食べるだけでなく
ヨーグルトに入れたりジュースにする等、さまざまな形で
バナナを食しています。

バナナの中にはさまざまな糖質が含まれており、果糖のほかに
ブドウ糖ショ糖デンプンなどが含まれています。

これらの糖質には体内に吸収される速度がそれぞれ
異なるという特徴があり、少しずつエネルギーに
変化していくことで「スタミナ」が長時間に渡って
持続するという効能を得ることが出来ます。

そのため、マラソン選手には走る前や走っている途中に
スタミナ維持のため、バナナを食べる人が多いのです。

また、バナナにはビタミンが豊富に含まれているので、
バナナを食べる事によって食欲を増進させる効果が得られます。

また、そのほかにも目や皮膚、口内の粘膜の発育を助ける効果や
細胞の再生を助ける効果が期待できます。

他にも注目したいのが「カリウム」です。ミネラルの一種ですが、
この成分は老廃物を体外へ排出してくれたり、
むくみの予防になったり、体のだるさを解消してくれます。

手軽にカリウムが摂取できるので非常に優れた食品です。

バナナには癌予防の効果アリ

恐ろしい生活習慣病として知られている「」ですが、
実は最新の研究によってバナナには癌予防に
効果的な栄養素が含まれていることが分かっています。

バナナは非常に高い抗酸化作用があり、
免疫力を高めるのに有効な栄養素が豊富に含まれています。

そのため、バナナを日常的に摂取する事で細胞が
癌化するのを防ぎ、癌予防に繋げることが出来るというわけです。

また、バナナは一本当たり100キロカロリー未満なので、
癌以外の生活習慣病を患っている人にとっても
日常的に摂取しやすいフルーツとして注目を集めています。

バナナに含まれる栄養と食物繊維でお腹すっきり

女性にとって嬉しいのは、低カロリーでありながら
栄養価もしっかりとしているのでダイエットにも効果的なことです。

また食物繊維も含まれているので腸内環境を整えてくれるので、
綺麗を維持したい人にとっては一石二鳥の食品です。

ヨーグルトに混ぜたり、バナナを入れたスムージーを作ったり、
バナナを活用したレシピは非常に豊富なことも魅力です。

消化が良いので食欲がないときもオススメ

バナナは消化されやすいものなので、食欲がないときは、
体調が悪いときなどにも非常に便利です。

今では当たり前の食品となっていますが、
バナナを摂取することで沢山のメリットがあります。