あのフルーティで健康に良さそうなイメージのある果糖
以前から血糖値を上げない糖としてブドウ糖の代替えとしても用いられてきました。
しかし摂り方によっては、肥満動脈硬化へとつながる
危険なアイテムになってしまうということをご存じでしたか?
現在、果糖は私たちの身近な清涼飲料水や市販の甘いデザート
焼き肉のたれなどあらゆるものに使われています。
それがなぜ動脈硬化を引き起こし、さらに病状を悪化させる原因となるのでしょうか?

果糖ってどんなもの?

2015-02-04b
一般によく知られている果物はもちろん、
ハチミツ根菜類などにも含まれているフルクトースと呼ばれる単糖のひとつです。
結晶にすると白く糖の中では一番、水に溶けやすい性質を持っています。
甘味が強いのも特徴です。

また、トウモロコシから抽出し加工された果糖が、
天然甘味料としてコーラなどの清涼飲料水やさまざまな食品の味付けに使われています。
おもに果糖ぶどう糖液とか異性化糖と表示されています。
以前は、果糖は摂取すると代謝が速く血糖値が上がらないといわれ、
肥満を予防する糖として健康食品にも使われてきました。

ところが最近、果糖の研究が進み、
果糖の摂りすぎによる危険性が指摘されるようになってきたのです。

果糖の摂りすぎによる危険性とは?

まず果糖(フルクトース)ブドウ糖(グルコース)の違いについて
知っておく必要があります。

果糖とブドウ糖は、炭水化物(糖質)のご飯やパンなどのデンプンに含まれていて、
食べると胃腸で単糖の果糖とブドウ糖に分解され吸収されますが、
そのあとの動き、代謝経路が問題になってきます。

ブドウ糖は吸収されるとすぐ血中に移行しますが、
代謝には時間がかかるため、血糖値が上昇します。
しかしインスリンの働きによって血糖値は調節され、
全身の細胞に運ばれるとすぐエネルギーとして使用できます。

血中にとどまっている間のリスクとしては、
たんぱく質と結びついて毛細血管を傷つけるなどの作用を持つ
AGEs(終末糖化産物)と呼ばれる生成物ができてしまうことです。
果糖の方は、ブドウ糖と違い主に肝臓と筋肉で代謝されるため、
代謝は速いけれどすぐエネルギーとして使えません。
使えるように変換しなければならないのです。
その役割をほぼ担っているのが肝臓です。

代謝の過程でできるグリセロアルデヒドなどの代謝産物は、
そのままでは貯蔵できないため、貯蔵できる乳酸や脂肪酸(VLDL)、
コレステロール
へ変換されます。

グリセロアルデヒドから作り出されるAGEs(終末糖化産物)は、
大量の活性酸素を生み出すといわれています。
それらは細胞や組織を傷つけ、老化促進にもつながるのです。

また、果糖もブドウ糖も余ったものは中性脂肪などに変換され、
さらに余ったものが脂肪として蓄えられます。
ですから摂取しすぎると肥満につながり、メタボリックシンドロームから動脈硬化、
さらには心筋梗塞や脳梗塞にまで至ることにもなりかねません。
とくに加工食品や清涼飲料水に使用されている高果糖のシロップは、
知らず知らずのうちに大量に果糖を摂取してしまう危険があるのです。
では、私たちはどうすれば自分の健康を守ることができるのでしょうか?

果糖と上手につき合って、健康を守ろう!

2015-02-04c
通常、果糖もブドウ糖も摂りすぎなければ問題はありません。
すでにメタボリックシンドロームや糖尿病などに罹患されている方がたは、
食事制限などまた違ってきますが、健康の範囲にいる人であれば、
適量を食べるということを心がけることで健康を守ることができます。

また、果糖がどんなものかということを理解すれば、
安心して摂取する目安にもなるでしょう。
気をつけなければならないのは加工用の果糖液です。

コーラやジュースなどの清涼飲料水や普段口にしている加工食品に
広く使われていますので、注意が必要です。
気がつかないうちに大量に摂取するのを避けるために、必ず容器の表示を確認し、
果糖が入っていないかどうかチェックしてから購入しましょう。

とくに小さなお子様などの飲み物や加工された食べ物は気をつけた方がよいでしょう。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

売られているジュースは果糖がたくさん入っていますので、
自宅で、てんさい糖を使い、手作りジュースを作ってみるのもいいですね。
やっぱり自分で作るものが一番安心できます。
てんさい糖のお求めはこちら

大切な栄養素

人間にとって大切な栄養素のひとつである糖質は、なくてはならないものです。

しかし、過剰に摂取すると肥満につながることは周知のとおりです。
糖質の成分であるブドウ糖と果糖は単糖としてそれぞれ体内に代謝吸収されますが、
それぞれ異なった代謝の過程をたどり、そのときに生み出されるAGEsは、
過剰摂取によってさらに増え、体細胞や組織を傷つけます。

果糖はブドウ糖よりさらに毒性が強いとされています。
そのことを自覚して過剰摂取しないよう気をつけることは、
果糖が動脈硬化との危険な関係に陥るのを、
事前に防ぐことでもあると言えるでしょう。