食事をすると血糖値が上がりますが、高血糖のまま下がらなくなるのが糖尿病
血糖が高い状態が長く続くと、脳卒中糖尿病網膜症などの合併症を起こす恐れもある怖い病気です。

糖尿病を発症していなくても隠れ高血糖は5人に1人いると言われています。
血糖をコントロールするには食事療法が有効ですが、間違ったやり方で体調を崩す人も。
高血糖の人が日常生活で気をつけるべきことや食事療法のポイントについてまとめました。

血糖値が高い人が日常生活で気をつけること

血糖値を上げないために日頃から気をつけるべきなのは次のようなことです。

  • ドカ食いを防ぐため1日3食規則正しく食べる
  • 摂取カロリーではなく糖質(炭水化物)を控える
  • 食物繊維が豊富な食材からなど食べる順番を考慮する
  • よく噛むことで満腹感を得て食べ過ぎを防ぐ
  • 良質な睡眠と適度な運動を心がける

糖尿病の治療は運動療法・食事療法・薬物療法の3つを並行して行います。

糖尿病があっても、血糖をコントロールして、糖尿病がない人と同じ健康寿命(注)を保つことが、糖尿病の治療の目的です。


血液中のブドウ糖の量を表す数値を血糖値といい、正常値は空腹時で80〜110mg/dLです。
食事をすると血糖値は一時的に上昇しますが、健康な人は食後2〜3時間もすれば140mg/dL未満に下がります。

糖尿病の人は高血糖の状態が続き、長期間高い状態が続くと合併症を発症する危険性が高まります。

インスリンの分泌量の不足や、その働きが悪くなると、栄養分が細胞の中に取り込まれなくなり、血液中にブドウ糖などの量が増えてきます。
そして、長期間高血糖状態が続くと、腎症や網膜症、神経障害などの合併症が起きる場合があります。

生活習慣の改善が血糖のコントロールにつながり、食事療法は治療の土台とも言われるほど重要です。

血糖値を上げない食事は食材選びから

血糖値が高い人がもっとも控えるべきなのは白米や麺類などの炭水化物です。
ご飯を握って作られるおにぎりは見た目より量があるので食べ過ぎに注意

肥満の敵のように扱われるマヨネーズは避けるべきに思えますが、
主成分が油なので糖質はさほど含まれていません

海藻類に含まれる食物繊維糖の吸収を穏やかにすると言われています。
素干しわかめの糖質が100g当たり8.6gなのに対し乾燥昆布は25.1g。

水に戻すと下がるものの、糖質の低い海藻を選ぶのがポイントです。
海藻には食前に食べると血糖値の上昇を抑える効果があり、酢と併せて摂るとさらに良いですよ。

糖尿病の人におすすめな飲み物は麦茶ノンシュガーの紅茶
麦茶には合併症を防ぐ効果があり、紅茶は血糖値を下げる働きをしてくれます。

スポーツ飲料にはかなりの量の糖質が含まれているので要注意。
ヴァームウォーターの糖質は比較的低いのでおすすめです。

それでも気になる人は、
血糖値を下げる+疲労回復効果もあるクエン酸水を飲みましょう。
クエン酸水にはミネラルやビタミンを吸収しやすい形に変えるキレート作用もあります。

マグネシウムは健康維持に必要不可欠な必須ミネラルです。
糖尿病と深い関係があると言われています。

マグネシウム摂取量が少ない群からの糖尿病発症が有意に多いという報告や、
マグネシウム摂取量が多いと糖尿病発症リスクが10〜20%減るという報告があります。
さらに、マグネシウム摂取量が多いと炎症性マーカ濃度(IL-6、
高感度CRP)が低いことが報告され、動脈硬化との関連でも注目されています。

マグネシウムが豊富に含まれている大豆製品海藻類も積極的に食べたい食材です。

炭水化物は大切なエネルギー源ですので最低限の必要量は食べましょう。
間食は禁止ではありませんが、糖質の少ないものを選んでください。
食物繊維が豊富な小豆や寒天が使われる和菓子がおすすめですが、くれぐれも食べ過ぎには気をつけましょう。

カンタンに糖の上昇を抑える方法

糖尿病の薬物治療では、食事療法で血糖コントロールをしている前提で薬が処方されます。
病院で薬を処方されている人はきちんと服用することが大切です。

糖尿病と診断されていなくても高血糖が気になる人は日頃から食事に気をつけましょう。
忙しく、なかなか食事に気を配っていられないあなたは、栄養の補助をしてくれるものを摂取しましょう。

そんな時に、カンタンに摂取できる青汁についてお話しますね(*^^*)

おいしい青汁

こちらは青汁に含まれる難消化性デキストリンの機能で血糖値の上昇を穏やかにしてくれます。
それだけでなく、1本で1日に必要な野菜摂取を補う事ができるのです。

おいしさや品質にもこだわっており、含まれている野菜や果物は全て国産を使用し、
砂糖食塩香料保存料不使用なので、毎日安心して摂取することができます。

青汁を飲んで、糖の吸収を抑えながら食事を楽しんでください(*^^*)

まとめ

  • 食事療法生活習慣の改善が血糖コントロールにつながる
  • 血糖値が上がりやすい食材、下げてくれる食材を上手に利用する
  • 青汁で糖の吸収を穏やかにする

血糖コントロールをする上で気をつけることと
食事療法についてまとめましたがいかがでしたでしょうか?

糖尿病などで血糖値が高い状態が続くと、重大な合併症を発症する恐れが出てきます。
血糖をコントロールするには、食事療法が有効で、治療の土台と言われるほど大切です。

食材の中には血糖が上がりにくいものや、下げてくれるものがあるので上手に取り入れましょう。
長時間空腹の状態が続かないよう規則正しい食生活を送ることもポイントです。
食事療法と併せて、適度な運動や良質な睡眠をとるなど生活習慣を改善しましょう。