今、日本人に増えてきている機能性胃腸症に関する正しい知識を学ぼう!
機能性胃腸症とはどのような病気で
どんな症状が現れるのかを徹底的に解説します。

機能性胃腸症を見分ける為の方法や治療法についても詳しく紹介!
機能性胃腸症に陥る原因には心理的な要因と
身体的ストレスの2つが考えられます。

食欲不振をも、もたらしてしまう機能性胃腸症を効果的に予防する為には?

機能性胃腸症とは

2015-07-26b

日本はストレス社会としても有名ですが、
最近では心理的な要因や身体的なストレスによって
さまざまな病気を発症する人が増加傾向にあります。

中でも最近では機能性胃腸症と呼ばれる症状に
悩まされる日本人が増えてきており、現在では日本人の4人に1人
この機能性胃腸症の症状を訴えていると言われています。

機能性胃腸症は内視鏡検査などを行っても
ガンや潰瘍のような器質的疾患が特に見られないにも関わらず、
常に満腹感やもたれ感、胃の痛みや不快感、食後の膨満感などを感じてしまう疾患の事です。

この機能性胃腸症に陥ってしまうとたとえ医療機関を受診しても、
特に胃の異変を見つける事が出来ないために
経験の少ない医師では病名を見落としてしまう可能性があります。

また、機能性胃腸症は胃自体には
症状の原因となるものは見つからないため、
心理的なストレスもしくは身体的なストレスによって
胃の働きに支障が出て不調が引き起こされると考えられています。

ちなみに判断の基準としては、胃の痛みや不快感、食後の膨満感や吐き気、
胸やけや食欲不振などが三ヶ月以上続く場合は
機能性胃腸症だと判断して医療機関を受診する必要があります。

現在、この機能性胃腸症を効果的に治療する薬は開発されておらず、
機能性胃腸症の原因となっているストレスへの対策が主な治療法として認められています。

機能性胃腸症の症状を改善する薬

現在、多くの日本人が悩んでいる機能性胃腸症ですが、
最近では医療機関を受診すれば
機能性胃腸症の症状を緩和する為の治療薬が幾つか処方される場合があります。

機能性胃腸症を根本から治療する薬は未だに開発されていませんが、
症状を緩和したり改善する為の治療薬には運動機能改善薬
胃酸分泌抑制薬抗不安薬などが挙げられます。

運動機能改善薬とは、機能性胃腸症によって
低下した胃腸の運動を活発にする作用を持つ治療薬で、
主に胃もたれや食欲不振、食後の膨満感などの症状を緩和したり改善する為に処方されます。

場合によっては後述する胃酸分泌抑制薬と併用する事もあります。
次に胃酸分泌抑制薬についてですが、
この治療薬は胃を刺激する胃酸の分泌を抑制する為の治療薬として
利用されており、基本的には機能性胃腸症による胸やけや吐き気、
胃酸による胃の痛みなどの症状を緩和したり
改善する際に処方されるのが一般的となっています。

最後に抗不安薬について説明しますが、
この治療薬は機能性胃腸症による軽度の不安感や緊張、
消化器機能が感じるストレスなどを和らげたり改善するために処方されます。

この治療薬は先述した運動機能改善薬との併用によって
さらに高い効果を得ることが出来ます。

機能性胃腸症を改善する為に必要なこと

2015-07-26c

機能性胃腸症を根本から改善する為には、
治療薬ではなく食生活の改善や生活習慣の改善を心掛けることが非常に重要となります。

食事を抜いたり不規則な食べ方をすると胃腸の運動に変化が起こるので
毎朝しっかりと朝食を食べるだけでなく、時間を決めて規則的に食べることが大切です。

また、よく咀嚼してゆっくりと時間を掛けて食べる事も
機能性胃腸症を改善する為には必要となります。

早食いをすると胃での滞留時間が長くなるので負担が掛かり、
胃酸の過剰分泌や肥満を引き起こす原因となるので注意が必要です。

あまり胃の調子が良くないと感じた時は
おかゆなど、胃への負担が少ないものを食べるようにしましょう。

また、食生活の改善だけでなく生活習慣を改善して
ストレス発散を心掛ける事も機能性胃腸症を改善する為には必要となります。

ストレスを上手に発散する為にも適度な運動や休養、
十分な睡眠を心掛ける事が大切です。

生活習慣の改善を心掛けることによって少しずつストレスが解消されていき、
それに伴う形で機能性胃腸症も改善へと導く事が出来ます。