テレビで効能が紹介され人気となったココナッツオイル
放送後にはココナッツオイルの売り切れが続出だったそうです。

その注目のココナッツオイルには、花粉症にも効果があるって認められているんですよ。
ココナッツオイルの効能をご紹介していきますので、
辛い花粉症で悩んでいるならちょっと読んでみてください。

ココナッツオイルって?

2015-03-30-2b

とても人気のココナッツオイルですが、
どんなオイルなのか知らないまま使われていませんか?

ココナッツオイルは、ココヤシの果実の種から取れるオイルで、甘~い香りがします。
植物系のオイルなのに、飽和脂肪酸が多くて酸化しにくい特徴があるんです。

「え?飽和脂肪酸が多いってダメなんじゃないの?」って思いませんでしたか?
飽和脂肪酸っていうのは、中性脂肪やコレステロールを増加させるって言われていますよね。

だから摂り過ぎは肥満の元(><)
でも安心してください。ココナッツオイルは、中鎖脂肪酸なんです♪

どういう事かって言うと、オリーブオイルなどの長鎖脂肪酸は吸収も分解もゆっくりで
過剰に摂ってしまった時は蓄積されてしまうんですが、
中鎖脂肪酸は吸収も分解も早く、すぐエネルギーに変わるので蓄積されにくいんです!

だからココナッツオイルは飽和脂肪酸でも、
逆に体脂肪を減らし肥満を解消出来ちゃうって訳ですね。

ココナッツオイルの良い所は?

ココナッツオイルの効能はたくさんあります。
まず先ほど書いたように、体脂肪を減らすので、ダイエットに利用出来ます。

また、最近話題になっているのが認知症の予防になるって認められた事です。
脳に栄養が足りなくなって起こるんじゃないかって言われている認知症に対し、
唯一の栄養と言われていたブドウ糖の代わりに、
ココナッツオイルから出来るケトン体を使うって発想です。

また甲状腺の機能低下を防いだり、
抗酸化作用があるのでエイジングケアも出来ちゃいます。

まだまだありますよ。
悪玉コレステロールを減らして、
善玉コレステロールを増やしたり免疫力を高めたり出来ます。

このコレステロールを下げたり、
免疫力を上げたり出来るのは「ラウリン酸」っていう飽和脂肪酸のおかげなんですが、
ラウリン酸は母乳の成分なんです。

ココナッツオイルには60%も含まれているんですよ!
何より良いのは、母乳に含まれるものなので、安心して摂れるって事ですね(^^)

ココナッツオイルが花粉症に効くのは?

花粉症っていうのは、花粉によってくしゃみや鼻水が出たり
目が痒くなったりするアレルギー反応が出る事です。

花粉はそんなに身体にとって害があるものではないはずなのに、
これを敵だと勘違いして、身体から追い出そうとヒスタミン攻撃をしちゃうんです。

これは細菌などから身体を守る免疫の働きによるものですが、
免疫が過剰になっているんです。

過剰になっちゃうのは免疫のバランスが悪く免疫機能が低下している時に起こるんです。

花粉症を改善しようとしたら、免疫機能を高める必要があるってわかりますよね。
先ほど書いたようにココナツオイルは、ラウリン酸の効能で免疫機能が高められるんです。

また、花粉症に良いとされる別の方法があります。
それは、ココナッツオイルでうがいをする方法です。

これはオイルプリングと言われるもので、
スプーン1杯のオイルを口に含んで出来るだけ長くモグモグ。

すると、口の中の細菌などがオイルに吸着され、
吐き出す事でデトックス出来るってものです。

簡単な方法なので試してみてください。

ココナッツオイルで辛い花粉症とさよならしましょう

2015-03-30-2c

いかがだったでしょうか?
ココナッツオイルの事をわかって頂けたでしょうか?

花粉症で年中くしゃみや鼻水が出て、
辛い思いをしているって方もいるんじゃないでしょうか。

ココナッツオイルはいろんな効能がありますが、花粉症の症状改善にも有効なんですよ!
ただ、ココナッツオイルだけを摂っていれば良いという訳じゃないですよ。

免疫機能を正常にする為には、ストレスを溜めず、
良く寝て、バランスの良い食事をし、出来るだけ禁煙をする事が大切です。

また花粉症の人はアトピーである事も多いようです。
ココナッツオイルは食用としてだけじゃなく、外用薬としても使われるんですよ!

皮膚の乾燥を防いでくれるので、アトピーの人にも有効です。
ココナッツオイルがあれば、千人力ですよね♪