健康食品の代表格として知られる高麗人参に秘められた驚くべき効能や
効果について徹底解説!

高麗人参の歴史や特徴に関する知識を身に付けよう!
高麗人参を食べると女性ホルモンの一種として知られる
エストロゲンの分泌量が増えたり働きが活性化するって本当!?

高麗人参を摂取する事でエストロゲンが活性化されるメカニズムとは?

高麗人参の歴史や特徴について

2015-08-17b

世界には各地域ごとに古来より親しまれてきた
さまざまな健康食品が存在していますが
私たちが住む日本を初めとしたアジア地域では
植物の根っこを薬用や食用にする文化が古くから根付いています。

代表的な植物の根としては「高麗人参」が挙げられますが、
その歴史は非常に古く2000年以上も前に記された中国の医学書には
既に高麗人参の存在が掲載されていたと伝えられています。

高麗人参はその昔、万能薬として秦の始皇帝も愛用したと言われるほど
高い薬効を持った植物で、日本では「徳川家康」が初めて愛用した事でも知られています。

高麗人参の原産地は中国から朝鮮半島にかけての地域と言われていますが、
厳密に言うと中国東北部からロシアの沿海州にかけても自生しています。

高麗人参はニンジンという名で呼ばれてはいますが、
野菜のニンジンはセリ科の植物なのに対して
高麗人参はウコギ科の多年草なので、まったくの「別種」という扱いになります。

高麗人参はその独特の枝分かれした見た目が人の姿を連想される事が
「人参」と呼ばれる由来だとされています。

現在、薬効の高い健康食品として知られる高麗人参は
世界各国で栽培されるようになりましたが、
全体の7割以上は中国と韓国で栽培されているのが現状です。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

高麗人参ってスーパーでもあまり見かけないし、
その上、普通の人参より独特な味がして苦手な場合は
高麗人参のサプリなどで摂取しましょう。
高麗人参 紅参精丸のお求めはこちら

高麗人参の効能や効果とは

高麗人参には古くより薬効がある事は知られてきましたが、
具体的にどのような効果があるのかを知る人は意外にも少ないのが現状です。

高麗人参の主な効果としては、
まず第一に「低血圧症の改善効果」が挙げられます。

高麗人参に含まれる成分の中には副交感神経の緊張を必要に応じて緩和し
自律神経のバランスを整える効果を持つ有効成分もあるので、
高麗人参を摂取する事によって低血圧を改善する効果が期待できるのです。

また、高麗人参は「貧血の改善」にも効果を発揮すると言われており、
日常的に摂取する事によって赤血球や白血球、血小板を増加させて
貧血症の改善に繋げることが出来ます。

さらに高麗人参には血液の循環を良くする作用があるため、
頭痛や肩こりだけでなく冷え性などの各症状の改善にも役立ちます。

また、高麗人参には血栓を溶かす成分が豊富なので
成人病の予防やガン予防、脳梗塞を初めとした脳卒中の予防にも繋げることが出来ます。

高麗人参に含まれるサポニンという物質には
血糖値をコントロールする「インスリン」に似た働きがあるため、
高麗人参の摂取によって効果的に糖尿病を予防することも可能です。

また、最新の研究では高麗人参に含まれる「ジンセノサイド」と呼ばれる物質が
女性ホルモンの一種として知られるエストロゲンと似た構造を持っている事が判明しています。

そのため、高麗人参を摂取する事によって女性ホルモンの分泌を増加させ、
エストロゲンの働きを補助して「更年期障害の各症状」を緩和する効果も期待することが出来ます。

高麗人参で更年期障害を解消できる!?

2015-08-17c

先に述べたように高麗人参には
ジンセノサイドと呼ばれる物質が豊富に含まれており、
このジンセノサイドが女性ホルモンの一種でもある
「エストロゲン」と似た構造を持っている事が最新の研究で分かっています。

女性の体内では20代でエストロゲンの分泌量がピークに達しますが、
30代を超えた頃から少しずつその分泌量は減少していきます。

女性ホルモンの一種として知られるエストロゲンには
女性の健康を支えるためのさまざまな役割がありますが、
エストロゲンの分泌量が加齢と共に減少すると頭痛や眩暈を初めとした
「更年期障害」の各症状が現れてきます。

また、エストロゲンの分泌量が不足すると薄毛を発症したり
血圧が激しく上下する等、身体にさまざまな影響が現れるようになります。

高麗人参にはこのエストロゲンの分泌量を増加させる作用があるため、
現在では更年期障害の治療にも役立てられています。