人の体内にはたくさんの酵素があり、それぞれ重要な役割を担っています。
自分で意識していなくても食物を食べれば消化酵素が出ますし、
消化された後はまたそれを代謝するための酵素が働いているのです。

呼吸や筋肉の動作、また免疫などさまざまな分野に関わっています。
生命維持に不可欠と言われる酵素が不足すると、
アトピーも悪化するのではないかと最近では考えられるようになってきました。

では、どうして不足するのでしょうか。
またそれを補うことはできるのでしょうか?

酵素の種類と働きをざっくり見てみよう

Fresh mixed salad with tomatoes
酵素は、あらゆる生き物の生命の維持になくてはならない大切な働きをしています。
人の体内にも多くの酵素が存在し、今でも新たな酵素の発見が続いているのです。

体内の酵素には潜在酵素として消化酵素代謝酵素があります。
それと外から摂り入れる食物酵素です。
消化酵素には、まず唾液に含まれるアミラーゼ

これは炭水化物を消化吸収します
胃から出るプロテアーゼはたんぱく質。
脂肪は膵液に含まれるリパーゼが分解しています。

代謝酵素は、消化酵素が分解吸収した栄養素を全身の細胞に届ける役目をしています。
またそれ以外にもさまざまな働きをしています。
血圧の調節免疫、自然治癒力、活性酸素の除去、毒素の排出などの働きもあります。
食物酵素は、ほとんどの食物に存在しますが加熱で変性、死滅してしまいます。
ですから酵素を摂りたいときは加熱調理しないこと。
生の野菜や魚、肉、発酵食品には生きています。

酵素不足はなぜ起きるのか

少し前の日本人は、和食で米、野菜、味噌や醤油、漬物、梅干しなど
あたり前のように食べていました。

けれども近年、肉やパンなどが中心の欧米風の食事が広まり、
それにともなってさまざまな弊害も出てきました。
もともと炭水化物中心の食生活だった日本人には、
肉や牛乳の分解酵素が少ないともいわれています。

そのため酵素不足で消化不良になることもあります。
また加工食品やファーストフードなどの脂肪過多の食事や、
添加物、残留農薬、ストレスなどによって、
代謝酵素が奪われ他へ回る酵素が足りなくなってしまいます。

酵素には限りがあり加齢などによっても減ってくるといわれています。

アトピーは酵素不足が原因なの?

高脂肪の食品や動物性たんぱくなどを過剰に摂ると、
酵素は消化の方に回ってしまい、
免疫力や自然治癒力など大切な機能へ回らなくなってしまうことがあります。

酵素不足ですね。
そうなると、病原菌に負けやすい身体になったり、
皮膚のトラブルも起きやすくなります。
ストレスや、ハウスダストなどの環境もアトピーの悪化に影響します。

けれども十分な酵素が働いていれば、
体内の老廃物や毒素も排出でき免疫力や自然治癒力も高まり、
アトピーなどの皮膚症状にもよい効果があらわれます。

酵素不足を補うためにはどうすればいいの?

2015-02-27c
まず毎日の食生活を見直しましょう。

あなたは毎日どんなものを食べているでしょうか?

肉ばかりで野菜は少ししか食べていないとか、
外食が多く高カロリーの食事だったり、加工食品や、
ファーストフードをよく食べるとか、間食が多かったりしていませんか。

少しでも心あたりがあれば、それをあらためてバランスのよい食事にしましょう。

そして酵素の含まれている食品を献立に取り入れて下さい。
野菜や、果物にはたくさんの酵素が含まれています。
これらを生で取ることによって酵素を補うことができます。


参照:http://item.rakuten.co.jp/
漬物や納豆、味噌、醤油などの発酵食品もいいですね。魚も刺身で食べましょう。
また症状によっては、市販の酵素ドリンクなどを使ってみるとよいかもしれません。
酵素×水素ドリンクのお求めはこちら

酵素を増やして健やかなからだに

毎日の食生活の乱れを直して、酵素の豊富な食品を生で食べ、
からだに酵素を補給しましょう。

果物や野菜など酵素の多いものは、ビタミンやミネラルも豊富。

それらは酵素を助ける働きをするといわれています。
酵素が増えると体調もよくなります。
全身症状がよくなれば、皮膚症状もやわらいできます。

美味しく食べて酵素を増やし、健やかなからだづくりを目指しましょう。