胸大きくしたいというのは女性にとっての悩みのひとつかもしれません。
ダイエット以上に胸を大きくするのは難しいことで、
普段の生活で運動やサプリメントなどを上手に利用して胸を大きくする人もいます。

でも最近注目されているのが、胸を大きくするのに酵素が役立つということ。
バストアップと酵素の関係についてご紹介していきます。

胸が大きくする仕組み

2015-07-14b

胸が大きくなるということはどういうことなのでしょうか?
単純に胸にお肉がつくという単純なことではないのです。

バストの基礎となる部分が乳腺と呼ばれる部分です。
乳腺は、赤ちゃんを産んだ時に母乳を出す際に
もっとも発達し母乳を出す役割があります。

出産後のママ達の胸が大きくなるように
乳腺が発達すると胸が大きくなります。

というのも乳腺は子供を育てるためには大切なものです。
それが外からダメージを受けないように
脂肪が乳腺を守る役割として存在しています。

乳腺が発達すれば、自然とそれを守るための脂肪も
増えなければいけなくなるために胸が大きくなるのです。

胸の大きい大きくないは脂肪があるかないかだからこそ、
乳腺が発達して脂肪が増えると胸が大きくなるのです。

バストアップのためには、乳腺と脂肪がキーワードになってくるのです。

乳腺発達だけではダメ!?


参照:http://item.rakuten.co.jp/

だったら乳腺を発達させれば胸が大きくなるんだ、と思って
乳腺を発達させるためにプエラリアなどのサプリメントを飲んで
バストアップをしたいと考えている人が多いですよね。

もちろん乳腺を発達させることはバストアップにおいては重要なことなので、
プエラリアなど乳腺を発達させる役割があるサプリメントは重要です。

ですが、プエラリアを飲んで
100%バストアップが叶わないのはなぜでしょうか。

その疑問を解決してくれるのが酵素です。
実は、乳腺を発達させそこに脂肪をつけるためには、
脂肪を作らなければいけません。
脂肪を作る役割をするのが酵素なのです。

元々人の体には酵素があるので、自然と脂肪をつけてくれますが、
日々酵素は減っていることが多く酵素が減ると
栄養をしっかり摂っていたとしても脂肪が作られず
バストアップできないことがあるのです。

そのため、胸を大きくさせるためには酵素が重要になってくるのです。

プエラリア サプリのお求めはこちら

酵素にはバストアップに欠かせない効果がいっぱい

酵素が脂肪を作ってくれるという作用があるということは
すでにご紹介しましたが、それ以外にも酵素がバストアップに効果がある作用があります。

まず一つ目に冷え性を改善してくれるという作用。

冷え性は胸を大きくしたい人にとっては大敵で、
血の巡りが悪いとバストにまで必要な栄養が届かない上に
女性ホルモンの分泌も悪くなるため乳腺が発達しにくくなります。

ですが、酵素によって新陳代謝がよくなり血流が改善させるので、
冷え性が改善されるのです。

また酵素が体内に入ることで、
口から摂取したものの栄養を吸収しやすくなっています。

そのため、バストアップのためのサプリメントの栄養をはじめ
バストには欠かせないタンパク質などの栄養も効率よく摂取することが出来るのです。

酵素が入っている食べ物
酵素は酵素ドリンクなどでも摂取できますが、
普段の食生活でも意識したいものですよね。

では酵素はどんな食べ物に入っているのでしょうか?

パイナップル
パイナップルにはタンパク質分解酵素というものが含まれています。
タンパク質つまりお肉などと食べると吸収が良くなります。

酢豚などに一緒に入っているのはそういった理由からです。

バナナ
バナナにはでんぷん分解酵素が多く含まれていて、
特に黒く熟したものの方が酵素が多いです。

アボカド
アボカドには脂肪を分解してくれる酵素が含まれています。
油っぽい料理と一緒に食べるのがおすすめです。

大根
大根にはでんぷんを分解してくれる酵素が含まれています。
大根の酵素を壊さないために、大根おろしで摂取するようにしましょう。

りんご
りんごは特に酵素が多い食べ物で有名ですよね。
生のままが一番酵素を効率よく摂取できるので生のままで食べるようにしましょう。

発酵食品
発酵食品はその名の通り、酵素がたっぷり。
納豆、漬物、塩麹や味噌、キムチなどです。

毎食意識して取り入れるようにしてみましょう。

まとめ

2015-07-14c

バストサプリメントを飲んでもなかなか成果が出ないな、
と思っている人はもしかしたら酵素が足りないのかも?

胸大きくしたいという人は、酵素も意識して摂るようにしてみてくださいね。