最近流行りのローフード。
加熱しないで食べる事をモットーにしておられるなら、
酵素水で作ったヨーグルトをおやつに作ってみてはいかがでしょうか?

発芽玄米から作る酵素水で作ると、簡単に出来ちゃいますよ。
酵素水で作るヨーグルトについてご紹介しますので、
ローフード生活に興味があるなら是非試してみてください。

酵素水ってどうやって作るの?

酵素っていうのは食べた物を分解したり吸収したり、
身体の中で起こる作用すべてに関わっているたんぱく質です。

酵素って2万種類以上もあるんですよ。
酵素がないと呼吸だって出来なくなるんです。

酵素なしでは生きていけないと言って良いかもしれませんよね。
この酵素は熱に弱く、50度くらいで死んでしまいます。
だから、酵素を身体に入れようとすると、熱を加えないようにする必要があるんです。

熱を加えないようにして作るのが酵素水で、リジュベラックと言われます。

ただ酵素水を飲んでも、酵素は胃酸でほとんどが死んでしまいます。
だからと言って酵素水を飲むのは無駄なのではありません。

酵素水に含まれる乳酸菌などが、体内にある酵素を活性化するんですよ。
酵素水を簡単に作れるのが、発芽玄米を使った物です。

発芽した玄米に水を入れて、24時間放置すれば出来上がります。
とっても簡単♪でも酵素水を作る時には細心の注意を払い、
雑菌などが入り込まないようにしなければいけません。

酵素水で出来るヨーグルトって?

2015-03-28-01b

酵素水でヨーグルトを作るのは、またこれも簡単なんです!

清潔な容器を用意して、酵素水を50mlほど入れます。

酵素水はこのようなペットボトルがドラッグストアなどでもたまに置いてあります^^

そこに成分無調整の豆乳を200ml入れて混ぜます。

後は蓋をして冬場以外なら常温で8時間から12時間、
冬場はもう少し長く1日くらい置いておき、
ちょっと揺すってみて、プルルン♪って感じに固まっていたら出来上がりです!

固まりだしたら冷蔵庫に入れてくださいね。
ただ、固まるまでは注意が必要です。

常温の所に長く放置するので、腐敗する事があるんです。
ヨーグルトなので乳酸菌があるから大丈夫!・・・ではないですよ。

乳酸菌だって、細菌が繁殖するのを抑える事は出来ますが、腐敗しない訳ではないんです。
もしフルーティな香りではなく、刺すような異臭がしたり、
舐めてみて舌がピリピリする、またヨーグルトがピンクががったりしていたら
腐敗しているかもしれませんので、破棄しましょう。

酵素水ヨーグルトがローフードのおやつに最適な訳

最近流行っているローフードですが、これは出来るだけ食べ物を生で食べる事で
野菜や果物の酵素や栄養素を摂り入れようとするものです。

酵素を摂り入れる事で美容や健康に効果があり、またダイエットも出来るので、
アメリカのセレブの間で始まり、有名女優などが始めた事で爆発的に広まったようです。

ローフードって食べる量に制限がある訳ではないので、
基本おやつもOKなんですが、焼いたものは酵素が死んでしまうので食べられません。

でも先ほど紹介した酵素水のヨーグルトは熱を加える事はないので、クリアしていますよね。
それに乳製品から作るヨーグルトはローフードではNGのようですが、
この酵素水ヨーグルトなら、
成分無調整の豆乳と酵素水だけで作る植物性のヨーグルトとなるので大丈夫(^^)

たんぱく質も補給出来ますので、ローフードにはもってこいのおやつではないでしょうか。

酵素水ヨーグルトをおやつにしましょう

2015-03-28-01c

いかがでしたか?酵素水で作るヨーグルトってローフード生活をしているなら、
とっても良いおやつになるってわかってもらえましたでしょうか?

ローフード生活中は使える食材も、また熱を加えないなど料理法も限られてしまいますので、
食べられるメニューが増えるのは、良い事ではないでしょうか?

この酵素水ヨーグルトなら加熱もしないし、
乳製品も使っていませんので、安心していっぱい食べれますよ。

酵素水ヨーグルトが固まりにくい時は発酵不足かもしれませんが、常温に長く置き過ぎない事!
それから酵素水を作る時やヨーグルトを作る時には、
雑菌が入らないように細心の注意はしてくださいね。

腐敗と発酵って似ているんです。おかしいと思ったら捨てる勇気を!