気が付いたら首が痛いなんてことありますよね。
肩こり腰痛と比べ、寝違えたかな?と放置されがちな首の痛み

また、肩や足などと比べて自分で揉んだりケアするのも難しいですよね。
でもその首の痛み、病気かもしれません。

今回はそんな首の痛みで考えられる病気や、自分でできる首のケアについてご説明していきますね。

首の痛みの原因は?病気の可能性もある?

首の痛みと一言でいっても原因は様々です。
一過性の痛みだと放置していたら病気だったなんてこともありえるのです。

まずはあなたの首の痛みの原因を探すことから始めてくださいね。
首の痛みで考えらる原因は主に4つあります。

首のコリ

肩や首がこることにより、首の後ろに痛みが出るのが特徴です。
これによって頭痛を伴うこともあるので油断はできません。

特に側面の筋が痛い方はコリが原因かもしれません。
頭の付け根から側頭部に広がり、いわゆる片頭痛を起こす要因になります。

これらの症状は女性に出やすいと言われています。
原因は筋肉量減少です。

また、最近ではスマホの普及により、眼精疲労腕の疲れから首のコリを起こしている人も多いといいます。

スマホを長時間使うのを避け、疲れがでたら姿勢を変えたりストレッチをしたりするようにしましょう。

椎間板ヘルニア

ヘルニアというと腰痛のイメージが強いですが首にもあることをご存知ですか?

椎間板とは骨と骨の間にありクッションの役目をする軟骨をいいます。
この椎間板がつぶれて内容物が外側に飛び出てしまい神経を圧迫することで痛みが発生します。

首の痛みに加え、手足のしびれを感じた場合には椎間板ヘルニアの可能性があります。
急性症状が起きると動けないほどの激痛が走ることがあります。
違和感を感じたらすぐに整形外科を受診するようにしてくださいね。

リンパ

首にしこりができて痛い場合はリンパが原因かもしれません。
風邪で熱が出ると首が痛いことがありますよね。
首の後ろにはリンパの集合体であるリンパ節があります。

なぜ熱がでるとリンパが痛くなるのでしょう?
これは体内に侵入した風邪などの細菌ウイルスと免疫系であるリンパ球が戦っている時に痛みを伴うからです。

つまり、風邪を治すために必要な痛みということですね。
恐いのはリンパのガンである悪性リンパ腫の可能性があることです。
このガンは自覚症状が出にくく移転もしやすいため、注意が必要です。

風邪などが原因でリンパがはれる時と異なり、
しこりがだんだんと大きくなっていったり弾力性のないしこりができるのが特徴です。

しかし、自分ではなかなか区別が出来ませんよね。
自己判断はせずに病院で診察を受けるようにしてください。

脳卒中など高血圧の病気

脳梗塞くも膜下出血などの際にも首の痛み頭痛の前兆が表れるため注意が必要です。

吐き気を伴うような激しい痛みに襲われた場合にはすぐに救急車を呼びましょう。
脳卒中でなくても高血圧の場合、首の痛みが出やすいとされています。

生活が不規則であったりストレスフルな生活を送っている人は
高血圧が原因で首の痛みが出ているかもしれません。

放っておくと命にかかわる病気につながる可能性もあります。
まずは病院を受診し、医師の指示のもとライフスタイルを改善することから始めましょう。

その他

他にもうつ寝違え、虫歯などが原因で首が痛くなることがあります。
また、ヘルニア以外にも脊柱管狭窄症変形性頚椎症など首の骨に異常があり痛みが出る病気もあります。

首の痛みといっても原因は様々ですね。
放置すると怖い首の痛みは自己判断せず病院などで一度相談してみるといいかもしれません。

ビタミンの効果

病気が原因ではない場合、自分でケアすることで痛みを緩和することができるかもしれませんよ。

実は食生活を見直すことで首の痛みが軽減されるんです。
一見関係ないように思えますが必要な栄養素が足りていないと細胞の代謝血流にも影響を及ぼします。

血流が悪くなり血行不良になると酸素が細胞に行き届かなくなり結果、
首や肩の痛みを悪化させる原因になります。
毎日ジャンクフードやコンビ弁当など偏った食事をしている人は食生活を見直す必要がありそうですね。

では、具体的にどんな栄養素が首の痛みに効くのでしょうか。

ポイントは血行促進疲労改善です。
この2つに効果のあるビタミンをいくつかご紹介しますね。

ビタミンC

疲労改善に役立ちます。

ストレスで消費されやすい特徴があるため、
ストレスが原因で首にコリが発生している人は積極的にとりたい栄養素です。

ブロッコリーレモン、イチゴなどに多く含まれています。

ビタミンB群

ビタミンB1で、疲労を回復し、代謝を助ける働きがあります
また、血液をつくるのに重要なビタミンB12も不足するとコリの原因になります。

ビタミンB12の不足は末梢神経の修復作用の低下につながり、
眼精疲労首の痛みを起こす要因になります。
ビタミンB1は、豚肉豆類などに含まれビタミンB12は魚類、レバー、卵などに多く含まれています。

ビタミンE

ビタミンEは血行促進を助ける働きがあります。
逆に不足すると首の痛みだけでなく冷え生理痛などの原因にもなります。

ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類に多く含まれています。
ビタミンEは油に溶けるので脂質と合わせて摂取すると効率的に栄養が吸収されるようになりますよ。

これらのビタミンを一つではなく合わせて継続的に摂取することで首の痛みが緩和されます。
肉や魚、野菜などバランスよく食べることが大切ですね。

ご紹介したサプリで補うのも手軽で摂取しやすいのではないでしょうか?

ビタミンの効果についてはこちらの記事もご参考に!

ホメオパシー療法で首の痛みは治る?

首の痛みに効果的な療法としてホメオパシー療法があります。
聞いたことがない人もいるかと思いますが海外では
医学として健康保険が適用される国もあるほどメジャーで最近日本でも注目されるようになりました。

ホメオパシーは「症状を引き起こすものが、その症状を癒す」という考えの自然療法です。
同種療法」とも呼ばれています。

つまり、 症状が出ているときにその症状を引き起こすものをあえて摂取して、
症状を回復させるという考え方です。
例えば、のどが痛いときにあえて刺激物のある生姜湯を飲むとのどの痛みが緩和されることがありますよね。

このようにあえて症状を引き起こすものを摂取し症状を出し切ることで身体を浄化することで症状を回復させます。

このホメオパシーで薬の代わりにとるのがレメディーと呼ばれるものです。
レメディーは天然成分のエネルギー情報と砂糖玉からできています。

レメディーにもいくつか種類があるのですが首の痛みにはスーヤと呼ばれるレメディーが効きます。

スーヤは毒素を排出し、血の流れ改善してくれるため首のコリの改善に期待ができます。
色々試したけれどなかなか改善しないというあなたはホメオパシーで身体に害のない自然療法を試してみては?

まとめ

首の痛みの原因や緩和する方法について説明してきました。
食事療法ホメオパシー以外にも日々の生活を見なおすことで軽減できるかもしれません。

例えば、首の痛みには温めることが有効です。
ホットタオルを作ってじんわりと温めてみてください。
血流がよくなってコリがやわらいでいきますよ。

また、痛くならないように姿勢などに気を付けることで痛みを予防できます。
スマホやパソコンを長時間使う場合は定期的に休憩を入れたり、
首が無理な姿勢で固定されていないか姿勢を確認するようにしましょう。

気になる首の痛みは放置しないでできることから改善し快適な生活を送れるといいですね。