最近有名芸能人が入院したことでも知られる急性胃腸炎
様々な種類があることをご存知ですか?

下痢や嘔吐などが続き、原因はウイルスであったり細菌であったり、流行期間もあります。

なんとなく知っている病名でも、詳しく知らない人もいらっしゃると思います。
そんな急性胃腸炎の原因や症状から話題のlg21の効果的な摂取量など気になるものをまとめてみました。

急性胃腸炎の原因と症状

激しい下痢や嘔吐、発熱、血便、倦怠感がある点は多くのウイルス性感染症と同じです。
ウイルスや細菌が原因で起こる症状ですがストレスとも密接な関係にあります。

ストレスと胃腸は多くの方が認識している通りとても深い繋がりがあります。
免疫力が低下すると様々な病気にかかりやすくなり、当然ウイルスや細菌の影響も受けやすくなります。

注意しなければならない点は、
原因となるウイルスを排出させても根本的なストレスが解消されなければ、
投薬治療も無駄になってしまい、辛い症状も続くという点です。

lg21とは?

医師が奨めるヨーグルトとしてCMでもよく紹介されているLG21ですが
胃の疾患を引き起こすピロリ菌にとても有効な成分です。
ヨーグルト自体、美容効果健康効果も高く普段から食べる習慣を付けることは医師も推奨しています。


飲むタイプもあり、重宝している方も多いようです。

説得力のあるCMはこちらです。

ぜひリスクと戦いましょう。

ヨーグルトの摂取は、胃酸が活発化する朝や
吸収を妨げる恐れがある満腹時を避けて小腹がすいた時のおやつ感覚で食べるのがオススメです。

でも、デザートとして楽しみたい時もあるでしょうから
習慣化するなら食後のデザートでも良いでしょう。
食べないよりは効果があります。

一般的な推奨摂取量は1日100gですが食べるタイプも飲むタイプも
ほとんどがひとつ100g以上入っていますので量に関しては気楽に考えて、好きな量を摂取しましょう。

ただ、胃腸が極端に弱い方は、自分の体調に合わせて調整してくださいね。

こちらの記事もご参考に♪

ビオフェルミンの効果

お年寄りから子供まで飲める薬、ビオフェルミンですがビフィズス菌などの乳酸菌から出来ています。
腸内環境を正常に整える効果があるので胃腸炎への効果もあります。

しかし、ウイルスや細菌を退治するものではないので
ノロウイルスロタウイルスが原因の胃腸炎ならおとなしく抗ウイルス治療薬を摂取しましょう。


処方薬としても出されるようです。

急性胃腸炎になってしまったら?

夏には細菌性の急性胃腸炎が流行し、逆に冬にはウイルス性の急性胃腸炎が流行します。
感染ルートとして多いのは幼稚園や保育園で子供が感染し親へ感染してしまうことが多く、
家庭内で細菌が蔓延してしまうと看病も大変なので注意が必要です。
手洗いうがい、消毒を心がけ、食べ物には火を通しましょう。

体は有害なウイルスや細菌を体外へ排出しようとしますから嘔吐や下痢が続きます。
そうするとどうしても水分が不足しがちになるので水分補給はしっかりと行いましょう。

水分補給は経口補水液がオススメです。
スポーツドリンクを奨める人もいますが
浸透圧Na濃度の関係で嫌う人もいますので、避けた方が良いかもしれません。

また、市販の下痢止めや吐き気止めは飲まないようにしましょう。

飲むならビオフェルミンなどの整腸剤が良いです。
症状が辛い場合は多くの医師が絶食を奨めるそうです。
復食は消化に良いものから少しずつ摂っていきます。


ストレスへの対処も重要な予防法です。

まとめ

急性胃腸炎は病名の通り、急に発症するのが怖いところかもしれません。

しかし、流行する期間もある程度決まっており、
情報伝達も素早い現代、予防策はいくらでもあります。

基本はうがいと手洗いですが、上手に消毒も取り入れ辛い症状を引き起こさないよう普段から注意していきましょう。