最近は「乳酸菌ビジネス」という言葉もあるくらい、
乳酸菌の健康効果が話題になっています。

乳酸菌食品の代表格であるヨーグルトも、
特定の健康効果が期待できる乳酸菌が配合されているものが増えてきました。

今回は、そんな乳酸菌の中から、
lb81乳酸菌がインフルエンザの予防になるという噂について考えてみましょう。

lb81乳酸菌とは?

「lb81」と、番号のようなものを付けられているのですから、
この乳酸菌はレアで特殊なものだと勘違いされやすいですが、
実際のところは無糖ヨーグルトの定番、
青いパッケージでおなじみのブルガリアヨーグルトに含まれている乳酸菌です。

「lb」というのは、「Lactic Acid Bacteria(乳酸菌)」の頭文字を取ったもの。

そして、「81」は、ブルガリアヨーグルトに含まれる乳酸菌、
ブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株の下1桁を
組み合わせたものですから、名前の意味も、単純明快でわかりやすいですね。

このlb81乳酸菌は、整腸作用が優れていることから
特定保健用食品の認可も受けています。

ですが、整腸作用だけでは、
インフルエンザ対策になるとはちょっと信じられません。
この次の項で、lb81乳酸菌の新たな効果についてご説明します。

lb81乳酸菌は腸のバリア機能を高める

健康な人間の腸は、病原体への抵抗力を持つ、
「腸管バリア」というものを持っています。
ですが、ストレスや無理な食生活などによって腸が老化すると、
この腸管バリア自体もどんどん衰え、
病原体から身を守ることができなくなってしまいます。

lb81乳酸菌は、この腸管バリアを構成する重要な成分、
「抗菌ペプチド」を増やす効果があるということが研究の結果判明したそうです。

そのため、lb81乳酸菌を摂取し続けると、
低下した腸管バリア機能が回復し、病原体に強い身体になっていくというのです。

インフルエンザウイルスも病原体の一つですから、
もちろん例外ではありません。

腸管バリアを鍛えれば、インフルエンザ予防につながるというのも、納得が行きますね。

また、lb81乳酸菌は、腸内の免疫細胞を活性化する働きも知られており、
様々な病気に対抗する力も付けてくれるのです。

腸内環境が悪いと、様々な悪影響が出る

lb81乳酸菌には、インフルエンザ予防以前に、優れた整腸作用があります。
整腸作用と言えば、便秘解消が真っ先に思い浮かびますよね。

この便秘解消が、女性にとって重要なことだということを、
知っておかなくてはいけません。

まず、人は便秘になると、
肌荒れや肥満の原因になることはご存知ですよね。
これだけでも美容を気遣う女性にとっては嫌なことなのに
更に、便秘をすると体臭、口臭がきつくなることも知られています。

なぜ体臭がきつくなるかと言うと、血中を流れる悪玉菌の毒素は、
いわゆる「便臭」を出す成分があり、それらが汗と一緒に体外に出るためです。

また、口臭は、腸から口はつながっているわけですから、
腸内に溜まった腐敗した便のにおいが、息と一緒に出てしまうからです。

お肌や体型だけでなく、においにまで影響が出るとなると、
便秘をしている場合ではありませんよね。
便秘がちの人は、今すぐ便秘解消に努めることをおすすめします。

まとめ

2015-12-23c

いかがでしたか?
lb81乳酸菌のインフルエンザに対する効果などについてご説明しました。

スーパーで安価で売られているヨーグルトに
こんな優れた乳酸菌が含まれているなんて本当に驚きですよね。

通販でしか買えないようなとてもお値段が張るような健康食品と違い、
毎日の食生活に組み込んでも、お財布に響かないのはとてもありがたいことです。

しかも、ヨーグルトはフルーツを入れたり、
シリアルにかけたりなど、食べ方も色々工夫できるので、飽きることもありません。

巷には色々な健康法がありますが、
やはり続けられなければ意味がありません。
その点、ヨーグルトを毎日の食事に取り入れるくらいなら、
ストレス無く続けることができるのではないでしょうか。